老後資金を貯める方法は個人年金以外にもある!

老後のためには、退職の時点で3000万円の資金が必要、というのはよく言われることです。これは、年金だけの収入では足りないから、その不足分を毎月4~5万円補うために必要になる金額です。

また、ゆとりある老後のためには月収36万円必要、なんていうことも言われていますが、これは真に受けないようにしましょう。

こうしたデータはたいてい平均的な会社員の方と専業主婦の夫婦をモデルに計算していて、「36万円」という数字は実際に必要な金額ではなく、「これぐらい収入があったらゆとりがあるだろうなぁ」という理想の数字が36万円というだけです。

たとえば「退職金が2000万円ぐらいあるので、1000万円は自力で貯めましょう」というのも、退職金がないフリーランスの人には無縁の話ですし、会社員の人でも、どこで働けば退職金が2000万円ももらえるの?とまったく別世界の話のように思える人も多いと思います。

ですから、このような金額を鵜呑みにしない、ということがまずは大切なんです。必要なお金というのは人それぞれ異なりますよね。

それに、老後を迎えるときに、今と同じ物価水準であるとは限りません。現在の水準では3000万円必要だとしても、物価が上がれば3200万円必要になるかもしれません。

初志貫徹で「なにがなんでも3000万円!」というわけではなく、物価水準や老後の人生設計に応じて柔軟に対応していくようにしましょう。

さて、老後資金を貯めるとなると、どのように貯めていけば良いのでしょうか?

老後資金というのは、基本的には、長期戦で貯めていくのがおすすめです。若いうちから、個人年金に入っておく、積立をしておく、ということです。

一方、50歳ぐらいからでも間に合う、という意見もあります。一般的な家庭モデルで考えると、マイホームを購入する、教育費を備える、といった大仕事があります。マイホーム資金も貯めなければならない、教育費も貯めなければならない、老後資金も貯めなければならない、ということでは家計が厳しくなってしまいますよね。

ですから、先にマイホームや教育費の問題をクリアして、子どもが独立してから一気に貯める、という考え方です。

ただ、子どもが独立したあとに一気に貯められるとも限りませんよね。残念ながら終身雇用制度は崩壊していますし、今後収入が上がるとも限りません。それに、親の介護で仕事を辞めなければならない、という可能性も考えておく必要があります。

ですから、老後資金を貯めるためには、若いうちから少額をコツコツと貯めておいて、家計にゆとりができてから一気に貯蓄額を増やす、という方法がおすすめです。50歳ぐらいになってから一気に貯めるにしても、それまでに200万円でも300万円でも貯蓄があれば楽ですよね。

老後資金をしっかり貯めるためには、「挫折しない」「途中で切り崩さない」ということがとても重要です。自分で貯蓄用の口座に入金するのではなく自動で引き落とされるような方法、そして、安易に引き出せないような方法を選ぶとお金が貯まりやすくなります。

若いうちから貯めるには、やはり、個人年金保険はおすすめです。個人年金保険は、保険料として毎月引き落とされるものです。そして、保険と言うのは、支払いが滞ってしまうと失効してしまいます。

そして、途中でお金が必要になっても解約してしまうと損になりますし、「なにがなんでも続けなければ」という気持ちになりますよね。

ただ、その分、個人年金保険は無理のない保険料にしておくことが必要です。月々5千円程度の保険料から始めることができるので、契約しておくと良いかもしれませんね。

ただ、個人年金以外にも効果的な貯め方はあります。まずは「財形貯蓄」です。会社で、お給料からの天引きで老後資金を貯めることができる「財形年金貯蓄」があります。

これならお給料を受け取る時点でしでに貯蓄分が引かれているので、はじめからその分の収入は無いものとして生活できます。また、財形貯蓄には「一般財形」「財形住宅」「財形年金」の3種類があり、財形住宅と財形年金は合計550万円までは利子が非課税になるという特典があります。勤務先に財形貯蓄の精度がある場合は必ず利用した方が良いでしょう。

また、「社内預金制度」がある会社もあります。社内預金の場合は非課税の特典は無いので、利子は20%の税金が引かれます。

ただ、社内預金は普通の預貯金よりも利率が高く設定されていることが多く、財形貯蓄と同じようにお給料から天引きしてもらえるものなので、おすすめなんですよ。

財形貯蓄や社内預金は、払い出しをするには手続きも面倒ですし、財形年金貯蓄の場合は途中で払い出しをすると特典は受けられなくなるので、貯蓄が続けやすいです。

その他の方法としては、国民年金の人は、国民年金基金に加入するのもおすすめです。フリーランスの人の場合は退職金もありませんし、厚生年金のように保険料を会社が半分負担してくれるようなこともありませんから、自分でしっかり準備をしておかなければなりません。

国民年金基金は月々の年金額を増やせる終身年金に、個人年金と同じような「10年間」や「15年間」などの確定年金も追加することができます。支払える範囲内で、国民年金基金に加入しておくのがおすすめです。

また、自動積立定期預金もおすすめです。財形貯蓄や社内預金制度が勤務先にない、という場合は自分で貯蓄方法を考えなければなりません。自動積立定期預金とは、あらかじめ決めた金額が、毎月自動で積立定期預金に貯まっていく、というものです。

銀行によって最低金額は違いますが、たとえばゆうちょ銀行の場合では、千円から始めることができます。定期預金ですから、普通預金よりは若干利率も高いですし、なにより気軽におろすことができるわけではないので貯蓄がしやすくなります。

このような方法で、若いうちから少しずつ貯蓄をしていくと、子どもが独立した頃にはある程度まとまった貯蓄ができていて、その後の貯蓄が楽になりますよ。

また、これらの方法をいくつか併用し少額ずつ貯蓄をすることで、管理も良い意味で面倒になり、いちいちチェックすることも無いので「いつのまにかこんなに貯まっていた!」ということもあります。ぜひ、いろんな方法を活用して上手に貯蓄してくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積