生命保険の受け取りにかかる税金はほとんどない!?

生命保険の保険金を受け取るときには税金がかかることもあるので注意が必要ですが、実際には、ほとんど税金がかかることはありません。

生命保険の保険金やお祝い金を受け取る場合、その契約形態や金額などによっては税金がかかると言われていますよね。

相続税や、所得税、贈与税がかかること言われていますが、実際に、どれぐらいの税金を払わなければならないのでしょうか?

わたしたちは、普段の生活のなかでたくさんの税金を支払っています。所得税や住民税、消費税、自動車税など、「どうしてこんなに税金がかかるんだろう?」と憤りを感じている人もいるのではないでしょうか。

生命保険では、どれぐらいの税金を支払うものなのか、考えてみましょう。

まず、金額が大きくなりがちな死亡保険金についてはどうでしょうか。

働き盛りの人の生命保険では、家族の生活を保障するために、大きな金額の生命保険に加入している人も多いと思います。

妻と子ども2人がいる男性が亡くなってしまったら、死亡保険金には相続税がかかります。ただし、相続税には非課税になる分があるんですね。

それは、「500万円+法定相続人の人数」です。法定相続人というのは、この男性の場合なら妻と子ども2人の、合計3人です。1500万円までは非課税になるんですね。

さらに、死亡保険金と不動産や預貯金などのすべての遺産に対しても、非課税枠があり、こちらは「1000万円×法定相続人の人数」「5000万円」となっているので、この男性の場合は、3000万円+5000万円で、8000万円の非課税枠があるんですね。ですから、一般的な所得の人であれば、相続税がかかるケースはほとんどないんですよ。

また、満期保険金や、お祝い金などを受け取ったときにはどうでしょう。
養老保険の満期保険金や、終身保険の解約返戻金、そして、学資保険などのお祝い金などがありますが、こうした生命保険は、契約者と受取人を同じ人にしておくことが重要です。

もし、夫が契約者で妻が受取人、という契約だと、贈与税の対象となり、税金が高くなってしまうので、通常は契約者が夫であれば、受取人も夫にしておくものです。そうすると、所得税の対象になり、税金がかなり安くなるんですね。

もし、贈与税の対象であれば、500万円の保険金なら、500万円に対して税金の計算をします。

でも、所得税というのは「儲かった金額」に対してかかる税金なので、500万円受け取ったとしても、その保険に今まで470万円の保険料を支払ってきたのであれば、儲けは30万円。この30万円に対しての税金を計算することになるんですね。

さらに、こうした満期保険金などにかかる税金は「一時所得」で、この一時所得にも、非課税枠があるんです。

一時所得には「50万円」の特別控除があるので、儲けが30万円であれば、税金はかからないんです。昔と違って、貯蓄系の保険でも銀行と同じように、低金利なので、そこまで儲かることも少ないです。特に学資保険のお祝い金などは15万円とか30万円とか、金額が小さいので、所得税はかかることはまずありません。

個人年金保険も、契約者が夫、受取人が夫、というふうにしていれば、かかる税金は少なくて済みます。

満期保険金などは一括で受け取ることが多いですが、年金として受け取る場合には、一時所得ではなく「雑所得」として計算します。

毎年受け取るものなので、支払ってきた保険料も、分割して計算します。たとえば、120万円の年金を受け取るのに必要だった保険料が100万円なら、儲かった部分は20万円です。雑所得には控除などがないので、このまま、他の所得に合算します。他に全く所得が無い人の場合は、20万円以下の雑所得なら申告する必要はありません。

一方、収入保障保険の保険金や、親が亡くなったときに受け取る学資保険の育英年金などは、税金がかかります。

死亡保険金は相続税の非課税枠があり、税金がかかることも少ないですよね。でも、年金形式で受け取る場合には、相続税の課税対象にならなかった分に関しては所得税がかかります。雑所得として課税されるので、これも「儲け」の部分だけが課税対象となり、多額の税金がかかることはありませんが、一括で受け取れば税金はかからなかったのに、年金形式だとかかってしまう、ということにはなりますね。

ただ、年金形式で受け取る場合には、支払った保険料に対して、受け取れる金額が多いのが特長です。

なぜなら、毎年少しずつ受け取るということは、それだけ保険会社がお金を運用できる期間が長くなるからなんです。ですから、どちらが得、ということはケースによって異なります。

年金形式で受け取るメリットは、他にも、少しずつ受け取ることで、家計の計画が立てやすいということもありますから、妻の生命保険なら、収入保障保険などを使って、夫が雑な家計管理で生活が破たんすることがないように、ということをされる方もいますよ。

生命保険に関する税金は、思いのほか、少ない、ということがお分かりいただけたでしょうか?税金というのは高いもの、というイメージがある人も多いかもしれませんが、家計を圧迫するような多額の税金をかかることは、一般的な家庭ではほとんどないので安心してくださいね。

保険一括見積