給付金や保険金を受け取るときにも税金はかかるのか?

お給料をもらうときや退職金をもらったときには所得税がかかりますが、生命保険の給付金や保険金を受け取ったときにも所得税はかかるのでしょうか?

まず、入院や手術の給付金には、税金はかかりません。非課税ということです。生命保険で受け取ったお金で税金がかかるのは、保険金と、お祝い金です。

それぞれ、契約形態によってかかる税金が変わってくるので整理しておきましょう。

保険金やお祝い金というのは、死亡保険金のほか、養老保険や学資保険の満期金、年金保険の年金や、学資保険の育英年金、その他すべての「お祝い金」と呼ばれるものは、課税対象です。死亡保険金に関しては、少し取り扱いが変わるので、ここでは除外しておきます。

生命保険で受け取ったお金にかかる税金は、契約者・被保険者・受取人がそれぞれ誰か、ということによって、所得税や贈与税など、税金の種類が変わります。

まず、契約者と受取人が同じ場合です。通常はこのパターンが一番多いかと思います。たとえば養老保険の満期保険金を受け取った場合は、「一時所得」になります。一時所得の計算方法は

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最大50万円)となります。

たとえば、500万円の満期保険金を受け取ったとして、その保険に支払ってきた保険料が合計420万円であれば、その420万円を経費として引いて、さらに、特別控除50万円を引くので、残りは30万円になります。さらに一時所得の場合は、実際に課税されるのはさらに2分の1になるので、15万円になりますね。

この15万円を他の所得と合算して、所得税率が決まるのですが、一般的な10%であれば、1万5千円の所得税を支払うことになります。ただ、最近はこれほど儲けの多い満期金を受け取れることは少ないですね。儲けの部分が50万円もなければ所得税はかかりません。

また、一時金ではなく年金形式で受け取るときには、「雑所得」として計算します。雑所得には特別控除などはないので、単純に、その年に受け取った年金額から、支払った保険料のうちその年金額に相当する分の保険料を経費として引きます。

また、契約者と受取人が違う場合には、贈与税がかかります。500万円の養老保険のを契約していた男性が、奥さんを受取人にしていた場合には、満期保険金を奥さんが受け取ると贈与税がかかることになりますね。

贈与税は、年間110万円までは非課税です。ですから、受け取った500万円から110万円を引いて、390万円が課税対象になります。390万円の場合は税率が20%で、そこから25万円を控除できるので、53万円の贈与税がかかることになります。所得税に比べるとずいぶん高いですね。

ですから、一般的には、契約者と受取人が異なるような契約はあまりしないことが多いです。ただ、110万円までであれば非課税ですから、100万円の養老保険に入って、受取人を子どもにしておく、というケースであれば贈与税はかかりませんよ。

ここまでみてきたのは主に満期保険金や、お祝い金などです。満期保険金などの場合は、契約者と受取人が同じ方が得、ということでしたよね。

ただ、死亡保険金になると、そうはいきません。契約者と被保険者はたいてい同じですから、契約者と受取人が同じ、ということはありませんよね。たいていは、配偶者や親、子どもなどの親族を受取人にしています。

その場合には、「相続税」がかかります。相続税というのは、遺産を相続したときにかかる税金です。ですが、生命保険の死亡保険金の場合、実際には法定相続人×500万円が非課税になります。

子どもが2人いる家庭で夫が亡くなった場合、法定相続人は妻と子ども2人の3人になりますので、1500万円までが非課税になります。

実際に相続税の計算をするときには、その他の遺産も合算して計算しますが、その際には5000万円と、さらに法定相続人×1000万円の控除があるので、一般的な所得の家庭が契約している生命保険なら、相続税がかかるようなことはほぼないと言っても良いでしょう。

ちなみに、夫が契約者で妻が被保険者、受取人が夫、という契約にしていると、これは相続税ではなく、所得税がかかります。

たとえば1000万円の保険で、既払い保険料が50万円だとしたら、950万円に対して所得税がかかることになりますから、相続税と比べるとかなり損です。

また、契約者が夫、被保険者が妻、受取人が子ども、というような契約であれば、お父さんから子どもへの贈与になりますので、贈与税がかかります。この場合も、相続税に比べるとかなり税金が高くなります。ですから、通常はこのような形態で契約することはありません。

このように、受け取る保険金の種類や、契約形態によって、かかる税金の種類も金額も大きく変わってきますので、損をしないように気をつけましょうね。

保険一括見積