生命保険の保険料で所得税を軽減すればお得!

生命保険の保険料を支払っていると、所得税が軽減されます。その仕組みを具体的に離愛できている人は少ないのではないでしょうか?ここでは、その仕組みについて、みてみましょう。

所得税というのは、所得に対してかかる税金です。お金を使うときには消費税がかかりますが、お金をもらうときにかかるのが所得税ですね。

所得には種類があって、お給料をもらっている人は「給与所得」になりますが、このほかに事業所得や利子所得、不動産所得、一時所得、雑所得などいろいろあるんですね。ここでは、給与所得について詳しく見てみましょう。

所得税というのは、1月1日から12月31日までの1年間の収入を基準にします。この1年間の収入が500万円あったとします。これは、手取りではなく額面です。所得税や健康保険料などが引かれる前の金額ですね。

さて、所得税というのはこの500万円にたいしてかかるものではありません。必要な経費を差し引いて、残った金額に対してかかるのが所得税です。

さて、経費というのは、所得税では「控除」と言う言葉を使います。まず、給与所得の場合は、給与所得控除というものがあります。これは、収入に応じた経費にあたる部分を収入から引けるものです。

年収500万円の人であれば、174万円控除することができます。500万円から174万円を引いて、326万円残ります。さらに誰でも一律に38万円を引くことができる、「基礎控除」というものがあり、これで、288万円になります。

奥さんがいれば、奥さんの収入が一定未満であれば「配偶者控除」としてさらに38万円を引きます。それから、1年間に支払った健康保険料、年金料を「社会保険料控除」として引けるのですが、ここではこの人が年間45万円の社会保険料を支払ったとしましょう。これらを引くと、205万円が残ります。

所得控除の種類にはほかにも「扶養控除」「勤労学生控除」「寡婦控除」などたくさんあり、自分に該当するものはすべて引くことができます。

この人の場合、205万円が残り、この金額を「課税所得」と言います。205万円の場合は、所得税率は10%なので、所得税は20万5千円になります。

でも、実際にこんな大金ををドカンと支払ったことがある人はいないと思います。なぜなら、会社員であれば、毎月の給料からある程度の所得税が引かれているからです。

所得税は、1年間の収入によって決まるのですが、毎月、「これぐらいの月収ならこれぐらいの所得税は毎月引いておいてあげよう」ということで、あらかじめ引いてくれているのです。

それを年末になって清算するのが「年末調整」ですね。年末調整をすると、たいていはお金が戻ってきますが、これは、所得税の取りっぱぐれがないように、毎月少し多めに引いているからです。

ちなみに、収入が少ない人の場合は、所得控除を引いていくとマイナスになる人もいますが、そういう人は、所得税はかかりません。もし、毎月のお給料から所得税が引かれていれば、全額戻ってくることになります。そういう人はいわゆる「所得税非課税」というものになります。

さて、このように所得税は決まるのですが、生命保険料を払っている人なら、「生命保険料控除」が受けられます。生命保険料控除は、「生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類があり、平成24年からはそれに「介護保険料控除」を加えた3種類になりました。

これは、それぞれ、支払った保険料に応じて、所得から引くことができます。介護保険料控除を足した新しい制度では、それぞれ最大4万円、3種類の合計で12万円引くことができます。

さきほどの人の場合なら、205万円からさらに12万円を引くことができます。すると残りは193万円になります。193万円であれば、所得税率は5%になるので、所得税は9万6千500円になります。

20万5千円が9万6千500円になるのですから、10万8千500円もお得になる、ということです。かなり大きいですよね。

でも実は、これはわざとお得になるように計算したものです。所得税率は、所得に応じて5%、10%、20%…と上がっていくのですが、195万円までが5%、196万~330万円だと10%になるんですね。

ですから、あと3万円収入が多ければ、この人は生命保険料控除をしても所得税率は10%のままですから、単純に生命保険料控除の12万円の10%、つまり1万2千円がお得になる、という仕組みです。

たしかに上記の例ではわざと所得税率が変わるように計算したものですが、これは実際にあり得るものです。生命保険料控除をすることによって、少しの差で所得税率が下がることは当然ありますよね。そうなれば所得税はかなり軽減されます。

所得控除には他にも、「医療費控除」というものがありますよね。医療費控除というのは、年間でかかった医療費が10万円を超えたら、その超えた分を所得から引くことができるものですが、たった数万円でも、引くことによって大幅に所得税が減るかもしれませんよ。

さらに、寄付金控除というものもあります。もし、自分で所得税の計算ができれば、寄付金をすることによって所得税率を下げる、なんていう裏技もあるんですよ。

さて、このように、生命保険料を支払っていることによって所得税が少し安くなったり、場合によっては大幅に安くなります。また、住民税についても、多少の違いはありますが、基本的な仕組は同じですから、住民税も安くなります。

さらに、所得税や住民税が安くなると、保育料なども安くなりますよね。こうした公共料金は所得税に応じて決められているものも多いので、単純に所得税が安くなるだけでなく、他の面でも得をすることがあるんですよ。

会社員の人であれば、年末調整のときに、「生命保険料控除証明書」を書類に添付します。この生命保険料控除証明書は、秋ごろに生命保険会社から送付されるので、大切にとっておきましょう。万が一紛失してしまった場合は再発行もできますが、紛失する人はけっこう多く、再発行したくても時間がかかることもありますので注意してくださいね。

また、自営業の方や転職をした人などは確定申告をしますが、その場合は、確定申告のときに、生命保険料控除証明書を添付してくださいね。面倒くさくて添付しない人もいますが、所得税が大幅に変わるかもしれない、ということが分かれば、きちんと手続きしようと思われたのではないでしょうか?

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ