ガンを想定しているならがん保険に加入

がん保険に加入する人は、増えてきていますね。がん保険というのは、どういう保障をしてもらえるのでしょうか。

生命保険についている医療特約や、医療保険でも、ガンになれば給付金は受け取れます。それなのに、さらにがん保険にはいる必要はあるのか、疑問に思っている人も多いと思います。

ガンというのは、昔は「不治の病」と言われ、治療費も非常に高くなるものでした。現代では、2人に1人がガンになる、と言われています。そして、不治の病ではなく、治る病気になってきました。

ガンに罹る確率自体は、非常に高いと言えますね、ただ、ガンに罹る年齢というのはほとんどが高齢になってからで、若くしてガンになる確率と言うのは低いです。また、ガンにかかると、どれぐらいの治療費がかかるものなのでしょうか?

ガンと言っても、早期に発見できた場合と発見が遅れた場合では治療費も大きくかわってきます。1か月程度の入院であれば、医療保険の給付金や自分の貯蓄を使っても十分対応できるでしょう。ただ、ガンに罹ったとしても、入院だけで済むとは限りません。通院治療をすることも増えてきていて、通院ですから、当然入院給付金はもらえません。

ガンの治療では、保険が適用されない治療もあります。ですから、がん保険は必要です、と説明を受けた人も多いでしょう。

実際にかかったガンの治療費を見てみると、50~100万円程度の治療費だった人が約7割になっています。200万円とか300万円とかの高額な治療費がかかった人は約3割、ということになります。ガンになったからといて、必ずしも数百万円かかる先進医療を受けるわけではないのです。

先進医療特約というものがありますよね。保険が適用されない先進医療を受けた場合に、「通算1000万円まで保障します!」というものです、(通算の金額は保険会社によって異なります。)

この特約を見ていると、先進医療というのはさぞかし高額な治療になるのだろうと思われるかもしれませんが、実は、数万円程度の先進医療もあるのです。すべてが数百万円もかかるような高額な治療ではありません。

そして、そんなにしょっちゅう使われる治療ではないので、先進医療特約の保険料も数十円~百数十円程度の非常に安いです。

さて、医療保険に先進医療特約を付けておけば、入院給付金、手術給付金に加えて先進医療の給付も受けられるし、通院特約をつけておけば通院給付金も受け取れる、ということになります。そうなると、がん保険に入る必要性に疑問を感じる人も多いのではないでしょうか。

でも、実際にガンになった人は、がん保険に入っておいてよかった、と思う人が多いのです。たしかに、数百万円単位の高額な治療費がかかるケースは少ないのですが、ガンは再発することも多く、通院による治療も多いので、医療保険だけの保障では足りない、ということもあるのです。

約3割の人は200万円や300万円、それ以上、という高額な治療を受けているわけですから、がん保険に入っておくメリットはあると思います。

がん保険でも、がんによる入院や手術で給付金がでますが、それだけでなく、「診断一時金」というものがあります。「ガンと診断されたら100万円」というふうに、一時金が受け取れるので、それを通院治療に使ったり、仕事を休んだり辞めた際の生活費の補てんとして使うことができます。

診断一時金は入院日額の100倍であるのが一般的なので、入院日額1万円のがん保険なら、診断一時金は100万円、ということになりますね。

そんながん保険の保険料ですが、30歳の男性で終身タイプなら2千円から3千円程度で加入できます。(終身払い)
保険料は、保険会社によってけっこう変わるのですが、「診断一時金は1回のみ」というような制限があれば安いですし、「何度でも受け取れます」というタイプならそれだけ保険料は高めになります。

60歳払込にすると、保険料は上がりますが、60歳以降は保険料を払わなくても保障は一生続く、ということもできますし、払込年齢は60歳だけでなく、55歳や65歳、75歳など自分で決めることができますよ。また、終身タイプだけでなく、定期タイプもあります。

終身タイプのがん保険を60歳払込にして、月々4,000円のがん保険に入ったとして144万円の保険料を支払うことになります。

先進医療への備えとしては医療保険に先進医療特約をつけるとして、がん保険は不要だ、という考え方もできます。がん保険に入らなければ、がん保険の保険料に相当する150万円ぐらいの貯蓄は60歳までに作れるということですから、本当にがんへの備えが必要になる60歳以降には間に合う、ということですね。

ただ、若くしてがんになることもあります。若くても貯蓄があれば良いのですが、貯蓄がないのであれば定期タイプのがん保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか?

定期タイプのがん保険なら、10年更新のもので千円未満で加入できるものもあるんですよ。10年間あれば、少し家計に気をつけていれば、医療費として100万円貯めることも十分に可能です。1年で10万円るなら月々8千円程度貯めておけば良いわけです。また、保障期間を20年のものにして、20年間かけて150万円貯めてみる、ということもできそうですよね。

ただ、自力で医療費の貯蓄をするには、老後資金や他の貯蓄とはしっかり分けて、かつ挫折せず、切り崩すことなく貯めていかなくてはなりません。専用の貯蓄用口座を作るなどして、工夫しながら貯めれば誰でも達成できるとは思いますが、自信がない人は、はじめは終始なタイプのがん保険にしておいて、お金が貯まった時点で解約する、ということにすれば安心ではないでしょうか。

日本人の2人に1人がガンになり、日本人の3人に1人はガンで亡くなります。その1人に自分が入るかどうかは分からないものです。

がん保険に入っていなかったがために満足な治療が受けられなかった、ということがないように、保険なり貯蓄なりで備えをしてくことは大切ですね。特に「がん家系」と言われる、身内にガンに罹った人が多いのであれば、がん保険への加入は積極的に検討してみると良いと思いますよ。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積