生命保険の見直し、「転換」や「下取り」って?

生命保険に加入して数年経つと、担当者から「新しい特約が出たので、今の保険を見直してバージョンアップしませんか?」といった勧誘を受けることがあります。

これは、今契約している保険の解約金を、新しい保険の頭金として活用することで、新しい保険の保険料が割安になる上に最新の保障が得られる、というものです。今の生命保険を下取りしてもらって、新しい保険の保険料を値引きしてもらう、というイメージですね。このことを「転換」と言います。

この転換ですが、悪く言われることが多いんです。なぜなら、契約者にとって損になるような転換も多いからなんです。

60歳の人が、30歳のときに加入した保険をそのまま持っていたとします。30年前ですから、まだ日本の景気も良く、「予定利率」が高かったときの商品です。今の何倍もの予定利率のものなので、一般的には「お宝保険」と言われています。30年も前の保険であれば解約返戻金もかなり貯まっていて、この保険を下取りしてもらうと、新しい保険の保険料はかなりお得になるのです。普通、60歳で新しい保険に入るとなると、30歳の人よりも、保険料はかなり高くなります。

でもこの転換制度を使えば今と変わらないぐらいの保険料でバージョンアップした保険に入れるので、とても良いことのように思えます。

でも、転換というのは、今の保険を解約して新しい保険に入りなおすのと同じことなので、必ずしもお得とは言えないのです。なぜなら、新しい保険にする、ということは、現在の低い予定利率の保険に変わってしまうからです。

保険会社では、こうした「お宝保険」というのは、なるべくなくしてしまいたいものです。簡単に言えば、今の保険なら80万円払ってもらって100万円返せば済むのに、お宝保険だと50万円しか払ってもらってないのに100万円返さなければならない、という状態です。

銀行の利率というのは、そのときの状況によって変わりますよね。でも、生命保険の予定利率というのは、契約したときの利率がずっと続くんです。予定利率というのは、「50万円払ってもらえば、運用して100万円ぐらいになるだろう」と保険会社が予想した上で、保険料を値引きしているものです。

いくら景気が悪くなったとしても、「運用しても儲からなくなったんで、保険料もうちょっとください」なんてことは言えませんから、どれだけ儲けがなくても、はじめに約束した100万円を契約者に払わなくてはならないんですね。

これを「逆ザヤ」と言います。バブル崩壊以降、保険会社はこのギャクザヤに苦しんできました。儲かっていないのに高い保険金を払わないといけないので、それはとてもつらいですよね。でも、転換制度によって保険を新しいものに変えてしまえば、高い保険金を支払う必要はなくなります。

せっかくのお宝保険が、転換によってなくなってしまったことにあとから気づいて、トラブルになったケースもあります。
ですから、転換というのは悪く言われがちなんです。

でも、悪いことばかりではありません。古い保険に入っている人は、保障内容が現在の状況にまったく合っていない人もいます。

たとえば入院したときの保障では、昔は入院と言えば長引くものだったので、20日以上入院しないと給付金がでない、という特約がありました。平均入院日数が少なくなる中、20日以上の入院でないと給付金がもらえない特約があっても、ムダになる可能性が高いですよね。

かと言って、最新の医療保険に入ろうとすると、現在の年齢で契約すると保険料も高額になります。そこで、今の保険の解約金を使って頭金とすれば、月々の保険料を抑えつつ最新の保障が持てることになります。

1000万円の終身保険に加入している人でも、実際に自分が死んだ時に1000万円も要らない、という人もいます。それなら、死亡保障を減らしてその分病気になったときの備えを充実させたい、という人もいるものです。

転換には、「部分転換」というものもあります。1000万円の終身保険を300万円分だけ残しておいて、700万円分を転換する、という方法です。700万円分の解約返戻金を新しい保険の頭金に充当する、ということもできるんです。ですから、場合によっては、転換も悪いものではありません。

ただ、転換には他にも注意点があります。場合によっては、不利な内容の転換になっていて、バージョンアップになっていない、ということもあるのです。

もともとは更新がないタイプの全期型の特約だったのに、更新型になっている、というようなケースです。全期型というのは、あらかじめ決めておいた期間、ずっと同じ保険料で更新がない、という定期保険です。昔は終身型の医療特約などはなかったので、「80歳まで」というのが普通でした。10年更新だとはじめは安くても10年おきに保険料が高くなるのですが、全期型ではじめから80歳までの医療特約にすれば、はじめは少し高く感じても、その保険料がずっと上がらないから安心なんです。それが、見直し後の保険では更新型にされてしまった、ということがあります。

もちろん見直し後の新しい保険でも全期型は選択できますし、終身タイプにすることもできるのですが、おそらくそれでは保険料が高くなってしまうのでしょう。今と同じぐらいの保険料にしておかないと転換してもらえないと思って、担当者が勝手に更新型で設計してしまったのですね。

転換の場合でも設計書はありますし、契約書にも更新型と明記されていますから、勝手に変更されたわけでもないのですが、そこまで見ていない、という人の方が多いでしょう。担当者がきちんと説明してくれなければ分からないと思います。

そのほか、転換にも種類があり、転換方式によっては損になってしまいます。終身保険を契約していて、新しい保険も終身保険になる場合、頭金を主契約である終身保険の部分に充てるのか、特約部分に充てるのか、主契約と特約に振り分けて充てるのか、によって、新しい保険の保険料は変わってきます。

特約部分はほとんど掛け捨てですが、終身保険なら新しい保険でも解約返戻金の部分がありますよね。特約部分に充当した方が、保険料は安くなります。でも、せっかくたくさんあった解約返戻金が、特約部分に充当されてしまえば、解約返戻金はほとんどゼロになってしまいます。少々保険料が高くなっても、解約返戻金のある終身保険部分に充当されている方が良心的だと言えるでしょう。

設計書には、解約返戻金の推移表も書いてありますから、新しい保険の解約返戻金がどうなるのか、見てみると良いですよ。もちろん、ニーズは人それぞれ違います。解約返戻金と言うのは解約しなけえば結局返ってくるものでもありませんから、それなら解約返戻金がなくなっても新しい保険の保険料が安い方がいい、という人もいると思います。

このように、転換にはリスクがあります。転換自体は、古い特約を新しい特約に変えられて、今の自分にフィットした保険を格安で持てるようになるので、悪いものではありません。でも、きちんと契約内容を確認しなければ、損になってしまうこともあるので注意が必要です。損な転換をしないようにするには、担当者の言うことを鵜呑みにせずに、契約前にネットで情報収集したり、保険会社で働いている知り合いがいれば設計書を見てもらうなどして、契約内容が適正かどうか確認するようにしましょうね。

保険会社でも、契約者にとって損になるような転換をしようとすると上司に怒られる、というところもありますし、保険会社が悪意を持って転換を勧めているということでもありません。転換の仕方によって損になったり得になったりするものですから、もし、担当者から転換の話を持ちかけられたとしても突っぱねずにまずは話を聞いてみると良いですよ。

保険一括見積