日本の健康保険制度は素晴らしい!?

海外旅行に行った先で病院に行くと、治療費は何百万円もかかることがある、というのはご存じですよね。ですから、海外旅行に行く時には「海外旅行障害保険」には必ず加入するべきです。

たとえばアメリカで盲腸の手術を受けた場合は、200万円以上の治療費がかかるんです。一方、日本で同じように盲腸の手術を受けたとしても、たいていは10万円ほどで済みます。

なぜ、こんなにも治療費の差があるのか?それは、日本の健康保険制度ののおかげなんです。

日本では、会社員の人なら会社の健康保険に、自営業の方などは国民健康保険に加入することが義務付けられています。「国民皆保険」というものですね。

わたしたちが病院に行っても、支払うのは実際にかかった医療費の3割です。盲腸の手術で1週間ほど入院して、40万円ほどの医療費がかかったとしても、実際に支払うのは3割負担で12万円。

さらに、1か月間の医療費の限度額があるので、それを超えた分は払い戻してもらえます。つまり、実際に支払うのは8万円程度と、保険の対象にならない食事代や差額ベッド代、交通費どを足して、せいぜい10万円程度です。(一般的な所得の人の場合。低所得や上位所得の人は限度額が変わります。)

これだけ手厚い保障をしてくれる公的保険があるというのは、日本の素晴らしいところかもしれません。

ただ、その分毎月健康保険料を支払っていますし、今後TPPの問題が進めば日本の公的保険制度も変わってくるかもしれない、と言われています。

でももし、この公的保険制度が無ければ、医療費の自己負担額が増えて、病院に行けない人も出てくるでしょう。生命保険で備えなければならない保障金額も増えますね。

生命保険は保険料の収入と、保険金支払いの支出、収支のバランスがとれるように計算されているので、健康保険料よりも負担は増えるでしょうね。

ちなみに海外で病院にかかった場合の医療費も、日本の健康保険から給付が受けられるのは知っていますか?たとえば盲腸の手術をしたら、それと同じ治療を日本で受けた場合の医療費の、7割が給付されます。

日本では40万円程度の医療費だとしたら、実際に負担するのは10万円程度でしたね。そのうち健康保険の適用となるのは8万円分ですから、残りの32万円は健康保険からの給付が受けられる、ということです。

もしアメリカで手術を受けて200万円かかったら、日本に帰ってきてから手続することで32万円返ってくるので、実質的な負担額は168万円になります。もちろんこれでもまだ高額な自己負担であることには変わりないのですが、ちょっとしたケガ程度であれば、十分助かるのではないでしょうか。

生命保険も必要なものですが、健康保険制度のおかげで医療費がこれだけ低く抑えられている、ということも、知っておいても良いのではないでしょうか。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積