万一の際の死亡保障はいくら必要?

生命保険というのは、入院したときや手術をしたときの保障、がんになったときの保障、要介護状態になったときの保障などいろんな保障がありますが、もともとは「死んだ時」の保障でした。

一家の大黒柱が亡くなってしまった場合は、家族の生活はどうなってしまうのか、あまり考えたくないものですよね。

でも、考えたくないからと言ってきちんと準備していなければ、本当に万が一のことが起こってしまった場合に残された家族が生活に困ってしまうこともあるんです。

生命保険を契約しようとするときには、いくらぐらいの保障があればいいのか、生命保険会社のモデルプランなどを見て、相場を知ろうとする人が多いです。

一般的な生命保険のプランを見ていると、「なるほど、3000万円ぐらいあったらいいんだな」と思えてくると思います。しかし、生命保険というものは、相場に当てはめて考えない方が良いと思います。

結婚式のご祝儀の相場であれば、1~2万円の誤差で済みますが、生命保険というのは、数百万円レベル、ひどければ1千万円以上の誤差がでてしまうのです。

もし、いざというときに家族の生活費が数百万円レベルで不足してしまったら、と考えるとぞっとしませんか?

また、数百万円多かったら、残された家族の生活はうるおうかもしれませんが、その分の保険料が節約できていれば、生存中にもう少し贅沢ができたのに……ということにもなります。

ですから、死亡保障というのはなるべく自分のニーズにフィットするように設計しなければなりません。

生命保険会社に見積もりを依頼すると、2~3つのプランを見せられることが多いと思います。その時点で、あなたはその2~3つの中から1つ選ぶ、という思考になってしまいます。

これは営業をする上での手法でもあるのですが、2~3つのものを提示することで「契約するかしないか」という選択から、「どのプランを契約するか」という契約することが前提の選択しか持てないように
誘導されてしまうのです。

でも実際には、生命保険のプランというのは、死亡保障は1千万円単位でしか契約できないものではありませんし、3000万円ではなく2600万円で契約することもできるのです。

生命保険というのはほぼオーダーメイドでの設計が可能です。生命保険会社には、「終身保険」や「定期保険」といった名称でなく、保険会社独自の商品名がありますよね。

そのような商品名は、「終身保険+定期保険+医療特約」のように、よく契約される組み合わせをパッケージに詰めてタイトルをつけているにすぎません。本当は、そういう商品名を無視して、ある程度自由に保険の設計はできるものなのです。

ですから、セットでなくてもそれぞれ別の保険会社で契約したってかまいませんし、自分の好きなようにカスタマイズして良いものなんですよ。

さて、死亡保障というのは、具体的にどういう内容になっているかというと、

・葬儀代
・遺族の生活費
・子どもの教育資金
・住居費

これらがそれぞれいくらぐらい必要か、ということを、概算でいいので考えてみます。

また、遺族年金や、会社からの弔慰金や死亡退職金などの収入や、現在の貯蓄がいくらあるのか、ということを調べます。

必要な金額と、収入と貯蓄を比べてみて、必要な金額の方が多ければ、その多い分だけを生命保険で補うことになります。

よくあるモデルプランでは3000万円のものが多くても、実際には持家でローンが無い人もいれば、家賃30万円のところに住んでいる人もいますし、サラリーマンもいれば、自営業の人だっているわけです。

実際に自分にあてはめて計算してみると、生命保険で用意すべき死亡保障は1000万円で十分、という人もいるんですよ。

生命保険のモデルプランで出てくるのは、たいていは典型的な「平均初婚年齢で結婚し、順調に子どもを2人もうけている、平均的な年収の会社員と専業主婦がいる家庭」です。この「クレヨンしんちゃん」の野原家のような家庭ばかりではありませんよね。

最近はひとり親家庭も増えてきていますし、生命保険会社の定時するデータやプランを鵜呑みにせずに、少し自分で調べてみることも大切なんですよ。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ