収入保障保険のデメリットとは

収入保障保険とは、死亡保障を準備する上で非常に合理的な生命保険です。しかし、そんな収入保障保険にもデメリットがあります。そこで、ここでは収入保障保険に加入する際に知っておきたい、収入保障保険のデメリットを紹介しましょう!

収入保障保険は掛け捨てです

生命保険には、掛け捨てタイプのものと積立タイプのものがあります。掛け捨てタイプの場合は、保険の支払事由に該当しない限りは保険金を受け取ることも、保険料が返ってくることもありません。つまり、収入保障保険に加入していても、死亡することが無いまま保障期間が終了すれば、支払った保険料は丸々損になる、というわけです。

ただ、同じ金額の保障を積立タイプで用意するのは現実的ではありません。積立タイプは確実に保険金や給付金が受け取れる保険のことですが、この場合は保険料が何倍にも膨れ上がるので、とても支払っていけない金額になってしまいます。

掛け捨ての保険は「安い保険料で大きな保障を得られる」のがメリットです。大きな保障を持つための収入保障保険は、掛け捨てでも決して無駄ではありません。

所得税がかかる

生命保険の保険金を一括で受け取る場合は、基本的には相続税を支払わなくてはなりません。ただ、よほど高額な生命保険に加入していない限りは、相続税は非課税になることが多いです。

しかし、収入保障保険のように、保険金を年金形式で受け取る場合は、雑所得として所得税を払わなくてはならなくなるんです。
所得税は他の所得と合算して計算することになりますが、たとえば収入保障保険の保険金による雑所得が60万円で、給与所得が200万円だった場合、260万円がその年の所得ということになります。ここから基礎控除や寡婦控除などを引いて所得税をもとめますが、一般的な方であればこの所得だと、雑所得によって増える所得税は30,000円程度になります。(あくまでも概算です)

ただ、人によって所得税の計算はいろいろあるので、必ずしも数万円もの所得税がかかるとは限りません。

一括受取をすると受取額が下がる

収入保障保険は、お給料のように毎月保険金を受け取れる保険ですが、受取人が希望すれば一括で受け取ることが可能です。ただし、一括受取をする場合は、受取金額が下がってしまいます。

というのも、年金形式で受け取る場合は、その原資を保険会社が長期間持っておくことができますから、運用によって利益を出すことができます。そのため、収入保障保険の受取金額は、あらかじめその運用益を見込んだ上で「保険料を○円払ってもらえれば、月々5万円の収入保障保険に加入できますよ」と決めているわけです。

ところが、一括受取をしてしまうと、保険会社が本来運用できたはずのお金を早くに手放さなくてはなりませんから、運用益が減るわけです。だから、その分の保険金は差し引かれて、受取総額が減ってしまうというわけですね。

ちなみに、定期保険など他の死亡保険でも年金形式で受け取ることはできますが、どんな保険でも、年金形式で受け取れば受取金額が増え、一括で受け取ると受取金額が減るんですよ。

収入保障保険には所得税がかかってしまいますが、課税を避けるために一括受取にすると、受取金額自体が減ってしまいます。そもそも、収入保障保険は毎月保険金を受け取れるというのが魅力なのですから、一括受取よりも、年金形式で受け取るのがおすすめですよ。

このように、収入保障保険にはデメリットもありますが、基本的には保険料の無駄がなく、合理的で現代的な保険だと思います。加入時にはこうしたデメリットも理解した上で、加入するようにしてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積