「ダンナはちゃんと管理できる?」 ワーキングマザーにおすすめの死亡保険

もし、自分が死んでしまったら……。そんなことは考えたくありませんが、万が一のことが起こったとき、遺族が困るのはもっと嫌ですよね。ワーキングマザーに万が一のことがあった場合は夫が子どもを育てていくことになりますが、「自分の小遣いもすぐに使っちゃうようなダンナが、ちゃんとお金のやりくりをできるんだろうか?」と心配になってしまいませんか?

そこで、ここではワーキングマザーにおすすめの死亡保険の入り方を紹介します。

夫に対する不安……

共働き夫婦でも、「妻が家計を管理して、小遣い制にしている」というところは多いです。しかし、普段妻が家計を管理している場合、夫のお金の使い方に対して不安を持っている女性が多いのも事実です。

一生懸命家計をやりくりしているのに、夫はそのことを知ってか知らずかすぐに小遣いを使ってしまい、小遣いの追加や値上げを要求してくる……。後輩に見栄を張っておごる。よく分からない、無駄なものを買ってくる。
などなど、いろんな不安があるかと思います。

万が一自分が死んでしまったら、夫はちゃんと家計の管理をしてくれるのでしょうか?

夫の収入だけで十分生活していける状態でも、それはあなたが管理しているからであって、あなたがいなくなれば夫だけで管理はできなくなるかもしれません。

また妻がいなくなることによって夫は家事や育児も両立させなければならなくなりますが、現実には不可能であることが多いので、シッターさんを雇ったり、外食が増えたりして出費は確実に増えるということも理解しておかなくてはなりません。

夫の家計管理をフォローできる生命保険にはいろう

夫に十分な収入があるからと、生命保険に入っていない女性もいます。しかし夫の家計管理能力に不安がある場合は生命保険に加入し、家計にゆとりを持たせることを考えた方がいいでしょう。

生命保険は、死亡時に一括で保険金を受け取るのが普通です。

必要な保険の金額は、どれぐらい夫にお金を残せば家計にゆとりができるか、ということから算出します。
妻が死亡した場合には遺族年金が支給されるので、その分も加算しておくのを忘れないでくださいね。

遺族年金を加算したとしても収入に不安がある場合は生命保険に加入することになりますが、たとえば「月々あと5万ぐらいゆとりがあれば……」という場合は、子どもが成人するまでのあいだ、毎月5万円割り振れる金額の生命保険に加入します。

もし、子どもが現在2歳なら、あと20年ぐらいは必要ですから

5万円×12か月×20年間=1200万円

ということですから、1200万円の生命保険に加入しておけばいいということになります。

収入保障保険に加入しよう!

生命保険というと、終身保険や定期保険が定番です。ワーキングマザーが加入する保険の場合は、定期保険を選ぶことになるでしょう。定期保険は期間が決まっている保険なので、「20年間」というように希望の期間が決まっている場合に使います。

しかし、定期保険や終身保険には欠点があります。それは、「保険金を一括で受け取る」ということです。保険金を一括で受け取った場合、お金に無頓着な夫だと早々に使い果たしてしまう可能性があります。

そこでおすすめなのが、収入保障保険です。
収入保障保険とは、一括で保険金が支払われるのではなく、お給料のように毎月振り込まれる形で受け取ることができます。一括で1200万円受け取ってしまえば早々に使い果たしてしまうかもしれない夫でも、毎月5万円ずつ振り込まればうっかり使ってしまうことは無いでしょう。

収入保障保険には無駄が無い!

実は、終身保険や定期保険でも、分割して受け取ることは可能です。「年金形式」と呼ばれる受け取り方を選択することができます。しかし、収入保障保険の場合は他にも、定期保険や終身保険との違いがあります。

収入保障保険は、保障金額が減っていく保険です。
定期保険や終身保険の場合、いつ死亡したとしても受け取れる保険金は一律ですよね。1200万円の生命保険なら、明日死亡しても、20年後に死亡しても1200万円を受け取ることになります。

しかし、実際にはずっと1200万円の保障が必要なわけではありません。「月々5万円ぐらいゆとりがあればな……」と思って加入しているわけですよね。もし、15年後に死亡した場合、本来必要な金額はあと5年分ですから、

5万円×12か月×5年間=300万円

ということになります。今死亡したら1200万円必要でも、15年後に死亡すれば300万あれば十分です。このように必要な保障金額というのは年々減っていくものなんです。

収入保障保険の場合、保障金額は「1200万円」というように総額で決めるのではなく、「月額5万円」というように月々の金額で決めるため、総額で見てみるとすこしずつ保障金額を減らしていくことができるのです。

そうすると、保険料も安くなります。トータルで保障する金額は定期保険や終身保険よりも安くなるので保険料もその分安くなりますし、無駄なく、合理的にお金を準備することが可能なのです。

家計管理を任せられるか不安、という夫をお持ちの方は、ぜひ収入保障保険に加入してくださいね。