ファイナンシャルプランナーへ生命保険を相談、有料と無料の違いは

生命保険のことや家計のことは、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。ただ、ファイナンシャルプランナーと言っても、有料で相談に乗ってくれるところと、相談料が無料のところがあるんです。

では、有料と無料の違いは何なんでしょうか?

無料相談にはウラがある!?

無料で相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーは、ボランティアではありません。街角でもたまに無料相談を見かけることがありますが、無料で相談に乗ってくれるということには、裏があると考えるべきです。

では、無料で相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーは、どのようにして収入を得ているのでしょうか? 生命保険の相談などをおこなっているファイナンシャルプランナーの場合、主な収入源は「生命保険の仲介手数料」です。

つまり、無料で相談に乗る代わりに顧客に生命保険を勧め、顧客が契約してくれればファイナンシャルプランナーに保険会社から仲介手数料が支払われる、というわけです。

ただ、だからと言って悪いというわけではありません。顧客からしても、ファイナンシャルプランナーから直接契約できた方が信頼できる、という安心感はあると思います。

無料相談のデメリット

とは言え、やはり無料相談の場合は、デメリットもあります。たしかに、ファイナンシャルプランナーから直接保険の契約をできるというのはいいかもしれませんが、やはりファイナンシャルプランナーによっては自分の売上重視で勧めてくる人がいないわけではありません。

保険会社からの仲介手数料は商品によっても保険会社によっても違いますが、その中から仲介手数料の高いものを優先的に紹介してくるファイナンシャルプランナーもいる、ということは理解しておいた方がいいでしょう。

また、無料相談の場合は、生命保険の相談がメインになって、家計全体の悩みや将来のマネープランについて相談することがしにくいということもあります。相談すれば対応してくれることもありますが、なんせ相手は相談自体は無料で受けているので、あまり長く相談時間をとってしまうと赤字になってしまいかねません。

丁寧に対応してくれるのは、やはり有料相談のファイナンシャルプランナーだと言えるでしょう。

有料相談の方がより高品質なアドバイスがもらえる

有料相談のファイナンシャルプランナーは、保険の仲介などをしているケースはあるものの、基本的には顧客からの相談料を収入減としているので、より幅広く、より深い相談をすることができます。

有料相談だと、生命保険の話に限らず、現在の家計の状況や夫婦の収入の状況なども踏まえた上でおすすめの生命保険を教えてくれますし、もちろん、月々の貯蓄をどれぐらいすればいいかとか、住宅ローンを利用して家を買うならどのように家計が変化するかとか、自分で調べても絶対分からないようなことでも教えてもらうことができるんです。

有料相談の場合はたしかにお金はかかりますが、相談することによってより賢く節約ができるので、ファイナンシャルプランナーに支払った相談料ぐらいは一瞬で回収できますよ。

ファイナンシャルプランナーはどこにいる?

では、ファイナンシャルプランナーに相談するには、どこに行けばいいのでしょうか?

まず、無料相談の場合は保険会社の窓口や、「ほけんの窓口」などの保険ショップに行けばファイナンシャルプランナーが常駐しています。こういった企業に在籍しているファイナンシャルプランナーのことを「保険系FP」なんて言いますが、幅広い相談はできないものの、生命保険については一般のファイナンシャルプランナー以上に詳しいこともあり、生命保険の相談だけに限って言えば頼もしい存在です。

相談料が無料なのもうれしいですね。

次に、有料相談の場合は、FP事務所に行く必要があります。弁護士事務所や税理士事務所のように、ファイナンシャルプランナーの場合も独立して「FP事務所」をかまえていることがあります。こういったファイナンシャルプランナーのことを「独立系FP」と言い、幅広い相談ができて、企業に属しているわけではないので中立的な意見を聞くことができるのも魅力です。

いずれも、ネットで検索すれば簡単に見つけることができますし、最近は独立系FPも増えているので、自宅から行ける範囲にもたくさんのFP事務所を見つけられると思いますよ。

ファイナンシャルプランナーに相談することで、生命保険も無駄なく良いものに加入できるようになりますし、家計全体の見直しもして家計のムダもなくすことができます。今まで相談したことが無い人も、ぜひ一度プロのファイナンシャルプランナーに相談してみてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積