ワーキングマザーは生命保険に入るべき?

最近、働くママも増えてきました。生命保険のパンフレットを見ていると、妻が専業主婦のケースが定番で、実際に勧められる生命保険も、夫のものに比べると保障が少なく保険料もリーズナブルなものであることが多いようです。

では、妻が働いている場合、妻の生命保険はどういったものに加入するのがいいのでしょうか? また、そもそも生命保険に加入する必要はあるのでしょうか?

ワーキングマザーに必要な保障とは?

生命保険への加入を考える時には、保険の種類を選ぶのではなく、先に自分にとって、どのようなときにどんな保障が必要になるのかを整理することが大切です。

保障は死亡保障・医療保障・介護保障・老後保障といった種類がありますが、特に生命保険で重要となる死亡保障と医療保障について考えてみます。

ワーキングマザーの死亡保障

まず、死亡保障について考えてみましょう。死亡保障とは、死亡した場合に保険金が支払われる保険のことです。生命保険のメインとなる機能でもあります。

ワーキングマザーが死亡した場合に、遺族が経済的に困るかどうかを考える必要があります。たとえば、夫の収入だけで生活できていて、妻は自分の小遣いと携帯代程度を稼いでいる、という場合は、妻に死亡保障がなくても、遺族が困ることはないかもしれません。ある程度の貯蓄があれば、お葬式代も貯蓄から出すことができますね。

一方、妻の収入で生活を支えている場合は、妻の分の収入が途絶えることで、遺族の生活が困窮してしまいます。妻以外の家族が生活していくために30万円程度必要な家庭で夫の収入が25万円だとしたら、毎月5万は足りなくなるわけですから、その5万円を生命保険によって補てんしていく必要がありますよね。また、お葬式代に関しても、貯蓄がぜんぜんないという家庭の場合はお葬式代になるぐらいの死亡保障があった方がいいでしょう。

ワーキングマザーの医療保障

次に、医療保障です。医療保障とは、ケガや病気などで入院したり、手術をしたりしたときに給付金が受け取れる保険のことです。最近は通院保障がついた保険もありますね。

医療費は、そこまで高額になることはほとんどありません。日本の場合は高額療養費制度があるので、1か月ほど入院したとしても病院代はせいぜい10万円程度です。10~20万円程度であれば貯蓄でまかなえるという家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、医療費で怖いのは、長期入院をした場合や、先進医療を受けた場合です。長期入院をした場合、たとえ1か月あたり10万円程度でも、長期にわたれば数十万にもなりますし、100万円以上の医療費がかかる可能性だってあります。また、先進医療は保険がきかないため医療費が高額になることもあり、1回の治療で数百万円の費用がかかるこも……。

そう考えると、やはり医療保障は必要です。

医療保険は、基本的には入院保障と手術保障の二本立てになりますが、さらに通院保障がついたものや、がん保障がついているものもあります。(がん保障とは、がんの場合に給付金が支払われる保障です)

ただ、ワーキングマザーの場合は、かかるのは医療費だけではありません。妻が入院してしまうと子どもをお世話する人がいなくなります。実家の親にお手伝いに来てもらうことが出来ても、親が遠方の場合は交通費がかさみますし、もちろん、来てもらっているあいだの生活費も必要です。

家庭によって事情は違うと思いますから、実際に自分たちの家庭でもし妻が入院することにでもなったら、医療費やその他にかかるお金を払えるかをシミュレーションして、保険で保障してもらう金額を決めるといいでしょう。

ワーキングマザーもしっかり保険への加入を!

「そもそも、生命保険って入らなくてもいいんじゃないの?」と思っている人もいらっしゃると思いますが、たいていの人には生命保険は必要です。

生命保険が必要ない人というのは、相当お金に余裕がある人だけです。多少貯蓄があったとしても医療費がかさめばすぐに底をつきてしまいますし、また、お金を使ったせいで子どもが進学できない、なんていうことになっても辛いですよね。そのため、生命保険にはしっかり加入して、万が一に備えるようにしましょう。あまり手厚い保障をつけると保険料も高額なりますから、最低限だけの生命保険に加入しておくのがおすすめですよ。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積