もう学資保険で悩まない!学資保険の機能と選び方

子供が生まれると「学資保険に入らなきゃ」と考える人が多いのですが、「みんなが入っているから」、「親が入った方がいいって言ってるから」といった理由で、なんとなく加入しなければならないような気がしているだけの人も多いです。

実際、学資保険にはどのような機能があるのか、本当に学資保険が必要なものなのか、ということについてはよく分からないという場合もありますよね。

そこで、ここでは学資保険が持つ機能について解説し、本当に学資保険が必要なのかどうかを考えてみたいと思います!

学資保険の基本的な機能

学資保険は、教育資金を貯めることができる保険のことですが、ただお金を貯めるだけでなく、保険としての機能も併せ持っています。

貯蓄機能
あらかじめ設定した満期に向けて、お金を貯めていきます。銀行にお金を預けると利息がつくのと同じように、学資保険でも支払った保険料以上に返ってくるお金は増えますよ。支払った保険料に対してどれぐらいお金が返ってくるか、という割合を「返戻率」と言いますが、返戻率が高い学資保険ほど、お得だと言われています。
学資保険が持つ貯蓄機能は基本的には銀行で貯蓄するのと変わらないので、普通にお金を貯めるのと同じぐらいの保険料がかかります。

保険機能
銀行で貯蓄していても、もし親が途中で亡くなってしまったら、その時点で貯蓄は終了してしまいます。本当は300万円貯めたいと思っていても、200万円の時点で亡くなれば、教育資金は200万円のままです。でも、保険の場合は契約した瞬間から、最終的に貯めたい貯金額が保障されています。300万円の学資保険に加入すれば、万が一親が途中で亡くなってしまったとしても、300万円は確実に支払われるのです。これが、貯蓄と保険の違うところです。

さらに、保険機能は他にもあります。
◎子供の医療保障
子供が入院や手術をした場合の医療保障を特約として付けられる保険もあります。
◎親の死亡保障
親が死亡した場合に、育英年金を受け取れる機能もあります。育英年金とは、あらかじめ決まった金額が、年金と同じようにして支払われるものです。

大学進学資金をどう準備するのか?

子供の教育費でもっとも家計への負担が大きいのは、大学費用です。進学時には入学金+初年度の学費に加え、一人暮らしをする場合はマンションの入居費用、引越し費用もかかります。もちろん、毎年の学費や毎月の仕送りも大変な金額になります。

つまり、教育資金を貯めるときには、大学進学資金を中心に考える必要があるのです。小中学校、高校進学時にお祝い金が出るタイプの学資保険もありますが、ここでお祝い金を頼っていると大学進学時にまでお金が回らなくなってしまう可能性もあります。

もちろん、「小中学校で受験をさせて私立に行かせる」という場合はお金はかかりますが、その見通しで本当に大学資金が準備できるのかどうかは慎重に判断しましょう。大学資金を何よりも優先させ、大学資金を準備するだけで精一杯という場合は、義務教育中は公立校に行かせるという選択も考えなくてはなりません。

大学資金は金額も大きいので、計画的に貯めることが大切です。そこで活躍してくれるのが、学資保険です。普通に銀行に貯蓄しようとしても、家計が苦しいときについ使ってしまったり、マイホーム資金など他の貯蓄と混ざってしまってどれぐらい貯められているのかが計算しにくくなるという問題もあります。

こまめに家計管理ができる人であればそれでいいのですが、貯蓄が苦手な人や、家計にあまりゆとりがないという人の場合は、学資保険を使って貯蓄した方が確実に大学資金をためることができますよ。

特約の無いシンプルな学資保険がおすすめ

学資保険に加入するとしても、保険会社によってさまざまな種類がありますし、金額や特約で悩みますよね。

まず、学資保険に特約は不要です。子供の医療保障や死亡保障、育英年金といった機能がついているものよりも、ただシンプルにお金が貯められるだけのシンプルな学資保険を選びましょう。

特約がついていても優秀な学資保険もあるかもしれませんが、特約がついているとそのせいで各保険会社の商品を比較しにくくなり、結局何がいいのか分からなくなりますから、シンプルなものを選んでくださいね。

次に、返戻率を見ておきましょう。学資保険はほとんど貯蓄がメインになる商品なので、「いくら払ったら、いくらの学資金が受け取れるか」というところが重要です。せっかく長年にわたってお金を貯めつづけても、あまり利息が増えないのではちょっと損した気分になりますよね。極力シンプルな学資保険で、返戻率が高いものを選べば失敗することはないでしょう。

学資保険を選ぶ際には、ぜひ参考にしてくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ