学資保険に入る前に教育にかかる費用を知る

子どもが生まれたから学資保険に加入しよう、という人は多いと思います。
学資保険のプランなどを見ているといろんなものがありますが、結局教育にはいくらかかるのだろう?という疑問が出てくると思います。

そこで、一般的にいくらぐらいかかるものなのか、確認してみましょう。

幼稚園から大学まですべて公立に通った場合は1000万円程度、すべて私立の場合で2400万程度が必要だと言われています。

途方もない金額のように思えますよね。ただ、この金額には習い事や塾代も含まれていますし、いろんな家庭の人の平均にすぎませんから、身の丈に合った貯蓄計画を立てるようにしましょう。

また、義務教育のあいだはさほど教育費はかかりませんし、幼稚園でも補助金で返ってくる分がありますから、高校進学までは毎月の家計から教育費を捻出するようにして、高校・大学の進学資金だけを貯めることにした方が良いでしょう。

ただ、現在公立高校では授業料が無償になっていますし、私立高校でも助成金などの制度によってかなり授業料の負担は減っています。毎月の家計からでも出せる金額だと思いますし、とりあえずは大学資金の確保に集中するのもいいかもしれませんね。

さて、ここでは大学にかかる費用についてみてみましょう。

まず国立大学では、学費が年間535,800円となっています。4年間で、2,143,200円、入学料を合わせて2,425,200円となっています。

思っていたよりも安いと思いませんか?ただ、実際にはテキスト代や定期代もかかるので、トータルではもう少しかかりますね。

私立大学では大学によって授業料は違いますし、文系か理系でも大きく変わってきます。

あくまでも平均ですが、私立文系では、授業料が年間742,189円、4年間で2,968,756円、入学料を合わせて3,221,063円となっています。

理系の場合は、授業料が年間1,041,643円、4年間で4,164,252円、入学料を合わせて4,432,961円です。

ただし私立大学の場合は、このほかにテキスト代や定期代、さらには施設使用料や実習費などがかなり高くつきますから、一般的には、私立理系大学なら900万円ぐらいかかる、とも言われていますね。

そこで、できれば子どもには国公立に行ってほしい、と願う親御さんも多いのですが、国公立の方が高くつく場合もあるんです。それは、県外の大学に進学し、下宿した場合です。

最近は大学生への仕送りは減ってきており、今は平均で10万円を切るぐらいになっているのですが、それでも、毎月10万円なら4年間で480万円、マンションの敷金礼金や家具家電など、初期費用もかかりますから、それなら結局地元の私立に行かせた方が安く済んだ……ということもあるんです。

ということは、500~600万円程度の貯蓄がないと、大学には行かせてやれない、とがっかりしてしまいそうになりますよね。

ただ、近年の経済状況の悪化により、最近は奨学金を利用している人も増えています。はじめから奨学金や教育ローン頼みではいけませんが、ぎりぎりまでしっかり貯蓄した上で、足りない分は奨学金などの借入でまかなう、というケースは多いんですよ。

奨学金や教育ローンを借りるには審査がありますから、どっちみちそれなりに返済能力がないと借りられませんから、しっかり貯蓄するため、そして、いざというときに教育ローンの審査に通るだけのしっかりとした勤務実績をつくるためにも、仕事に励まなければなりませんね。

実際に貯蓄するときには、生活水準を落としてまで教育費に回す必要はないと思いますし、まずはできる範囲で貯蓄する方が良いでしょう。

若い夫婦の場合はまだ貯蓄が少ないと思いますので、まずは100万円程度の学資保険に加入しておいて、それと同時に教育費とは別に、緊急予備費として生活費の半年分程度の貯蓄をします。

緊急予備費とは、失業したり病気になったりしたときのためにしておく貯蓄で、こうした貯蓄があると安心なんです。

緊急予備費が貯められたら、その後は学資保険の金額を増やしたり、教育資金用の銀行口座を作って貯蓄額を増やしていきます。緊急予備費があると、もし生活に困ることがあっても教育資金には手を付けずにやりすごすことができるんですよ。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ