60歳までに3000万円貯めれば生命保険は不要になる!?

今は、若い人でも老後のことを気にしている時代です。日本は超高齢社会の時代を迎えており、この先公的年金をあまりあてにはできません。年金が支給されない、なんてことにはならないでしょうが、今ほどの水準を維持できるのかは不明です。

高齢になってくると、若いときよりも医療費がかかるようになります。いったいいくらあれば、老後の生活を安心して送れるのでしょうか?

老後は生活費も減っていく?

60歳以降は、病気になる人も増えてきて、入院・手術の機会も増えます。
「老後は今までみたいに付き合いの飲み会も無いし、食も細くなってくるだろうから生活費も減っていくだろう」と思っている人も多いと思います。たしかに、現役時代に比べると生活費は7割程度に落ち着く場合が多いのですが、「年を取るごとに生活費は減っていく」というのは間違いです。

遊びに出掛けることが減ったり、食が細くなったりして今までの生活費は年々減っていくものですが、その分増加するのは医療費です。医療費がかさんでくる分、生活費はほとんど変わらないことが多いんだそうです。

医療費はいくらかかる?

老後にかかる医療費というのは、「いくらあれば大丈夫」ということはありません。人によってかかる医療費はさまざまだからです。入院生活が長くなればそれだけ費用もかさみますが、病気の種類や治療の方法によってもかかる医療費はバラバラです。

まず、健康保険の対象となる治療に関しては、高額療養費が使えるので、ある程度予測することが可能です。
医療費が高額になった場合でも、所得に応じて負担の限度額が決められているため、一定以上は負担しなくてもいいんです。

一般的な高齢者の方の場合、60歳から75歳までの限度額は約8万円程度です。1か月ほど入院して医療費が100万円かかったとしても、負担するのは8万円ぐらいだけです。また、長期入院の場合、4か月目からはさらに限度額が引き下げられ、4万4400円になります。1年間入院したとしても、高額療養費の限度額認定により、負担するのは64万円程度です。これでも大きな負担となりますが、「これぐらいなら、貯蓄でなんとかなりそう」という方も多いのではないでしょうか?

差額ベッド代など、保険適用外の費用は?

入院した場合は医療費がかさみがちですが、実際にかさんでいるのは医療費以外の部分です。食事代は保険の適用外ですから、すべて自己負担になりますね。ただ、食事代というのは入院していなくてもかかるお金ですから、実質的な負担はあまり増えないかと思います。

そして、みなさんが恐れているのが差額ベッド代。これは、個室に入ったときにかかるお金のこと。病院によっても異なりますが、1泊あたり5千円~1万円程度はかかりますから、長期入院になるほど莫大な費用になってしまいます。これは高額療養費の対象にもならず、全額自己負担です。
でも、差額ベッド代というのは本来は、「自分で希望した場合」のみかかるんです。つまり、「他に部屋が空いていなかったから個室に入った」、「感染症で隔離する必要があったため個室に入った」といった事情がある場合は、払わなくてもいいものなのです。

にも関わらず、多くの病院では病院側の都合なのに、患者に同意書を書かせて差額ベッド代を請求していることがあります。知らなければ同意書にサインして差額ベッド代を支払ってしまうと思いますが、本来は支払わなくてもいいものなので気を付けてくださいね。

もう一つ、医療費がかさむ原因になるのが先進医療です。先進医療というのは保険がきかない治療のことで、治療の種類によっては数百万円にのぼることもあります。とは言え、そういった高額な治療は頻繁におこなわれているわけではなく、数万円や数十万円程度の先進医療もたくさんありますから、実際には思っているほどかからないかもしれません。

もし、年金とは別に老後資金として3000万円貯めるつもりであれば、十分足りると思いますよ。

老後にも医療保険は必要か?

こうして考えてみると、ある程度の蓄えがあるなら、老後の医療保険は必要なさそうです。長期入院になっても、先進医療を受けたとしても、ある程度はやっていけるでしょう。

ただ、3000万円貯めていても、それをすべて医療費に充てられるとも限りませんよね。医療費とは別に介護費用が必要になってくることもありますし、家のバリアフリーリフォームをするなど、さまざまなところでお金を使うかもしれません。

老齢年金だけでは生活がカツカツ、という場合はいくら3000万円を貯めていても医療費がまかなえないかもしれない、ということは考えておいた方がいいですね。もちろん、どうしても生活が立ち行かなくなってしまったような場合には生活保護という手もあります。

ただ、安心して老後生活を送りたいという方は、最低限の医療保険だけは入っておくといいかと思います。最近は終身タイプの医療保険も多いですし、若いうちから加入しておけば60歳ぐらいには保険料の払込が終わり、それ以降は保険料を支払うことなく医療保険の保障を持ち続けることができます。

特に、先進医療特約があれば先進医療を受けても保険でまかなうことができるので安心ですね。
十分な老後資金を貯めていれば高額な生命保険は必要ありません。でも、最低限の保険はあった方がいい場合も多いので、ぜひプロに相談してみてくださいね。

保険一括見積