生命保険を職場に来る保険会社(職域営業)の人へ頼むのはダメ

生命保険に加入する方法として、「いつもうちの職場に来てくれている保険会社の人に頼む」という方法もあります。でも、これはおすすめの方法ではないんです。

筆者が結婚したとき、夫は生命保険に加入していませんでした。わたしが保険ショップへの相談を提案したところ、「保険なら、うちの会社に来てる人にお願いしようと思っている」と言うのです。わたし自身は保険会社での勤務経験があり、保険に関することは詳しい方です。今でもこうして保険関係の記事を書いていることもあって、最新の情報も常にチェックしています。そんなわたしからすれば、「え!? 未だに職域営業で契約する人っているんだ!!」と、かなりカルチャーショックを受けたのです。

でも、よく考えてみれば、保険に詳しくない人からすれば、わざわざ自分から保険ショップに行ったりして保険に加入するよりも、普段親しくしているセールスレディに頼んだ方が楽だし、その人の成績にもなるからいいだろう、と考える人がいてもおかしくありませんよね。

特に男性は面倒くさがりな人が多いですし、しかも少しキレイで若いセールスレディがいればつい親しくなってしまうのでしょうから、無理はないのかもしれません。

それでも、やはりこの方法での契約はあまりおすすめできません……。

職域営業で保険勧誘をしているのは国内漢字生保だけ!?

一般の企業へ訪問して営業活動しているセールスレディ、あなたの職場にもいるかもしれません。お昼休みに会社の食堂などに来て、営業活動をしています。あからさまな営業活動以外にも、お菓子を配っていたり、占いをしてくれたり、世間話をしたりと、「この人、これで生活していけるのだろうか?」と不安になるかもしれません。

こうしたセールスレディは、お昼休み以外の時間帯は個人宅への訪問などをして営業活動をしています。セールスレディは一人ひとり、「職域」と呼ばれる特定の企業の営業先を割り当てられていて、自分が担当する職域で営業活動をしていくことになります。

しかし、こういった職域営業をしているのは、一部の保険会社だけです。具体的に言えば、国内漢字生保だけです。国内漢字生保とは、日本の保険会社の中でも、会社名が漢字の保険会社のことです。日本の保険会社でも、オリックス生命やソニー生命など会社名がひらがな・カタカナのところはこういう活動はしていません。つまり、みなさんがよく知る超大手・老舗の保険会社のみが、こうした職域営業をしているのです。

GNPの営業手法が問題

職場に来ているセールスレディの方は、お菓子を配ったり世間話をしたりと、一見保険とは関係ないような活動をしている時間も長いと思います。いきなり保険の話をするよりも、この方が契約をもらいやすいからです。

この営業手法を「GNP」なんて言います。義理(G)、人情(N)、プレゼント(P)の頭文字です。その会社の人と親しくなることで「義理人情」の作用が働き、保険を断わりにくくなります。また、お菓子などちょっとしたプレゼントをもらうことでも、保険を断わりにくくなりますね。

ここで、ぜひ考えていただきたいのが、生命保険の意義についてです。
生命保険というのは、万が一のことがあった場合への備えです。保険料も安いものではありません。月々数千円の保険料でも、生命保険は何十年にもわたる契約ですから総額数百万円にものぼる保険料を支払わなくてはならないのです。高級車を買うぐらいのお金を、生命保険のために使うんですよ。

それほどの大きな買い物を、「義理、人情、プレゼント」で決めてしまってもいいのでしょうか?

大切なのは保険の内容

「セールスレディがいい人だから」「毎日会っていて断りにくかったから」という理由で生命保険を契約してはいけません。大切なのは、その保険の内容です。

生命保険にはたくさんの保険会社の商品があり、種類や金額、オプションもさまざまです。そして、残念なことに、職域活動をしているような国内漢字生保の商品には、そんなにいいものが無い、という問題もあります。(もちろん、いい商品もあるのですが、一部だけです)

生命保険に加入する場合、終身保険、医療保険、個人年金保険、というように複数の保険を契約することになりますが、そのすべてを国内漢字生保で契約した場合、保険料も高いですし、保障の内容もイマイチになってしまう可能性が高いのです。

もし、あなたが手間を惜しまずに自分で情報を収集したり、保険ショップで相談したりすれば、同じような保険であっても、より保障の充実した商品を、より安い保険料で契約できることになります。

「ちょっとの差ぐらいなら、いつもお世話になっているセールスレディにお願いしよう」と思ってしまう人も多いのですが、その差は「ちょっと」ではありません。保険料の差額で言えば、月々1万円以上、総額では数百万円変わってしまうこともあるんです。それでも、あなたはそのセールスレディに相談したいと思いますか?

賢く生命保険に加入しよう

国内漢字生保は、保障の内容はやや劣りますし、保険料に関してはかなり高いです。でも、悪いところばかりではありません。アフターフォローの手厚さでは、やはり国内漢字生保は優秀です。筆者自身も勤務経験があるので分かりますが、サービスが充実していますし、老舗という安心感も大きいと思います。

ただ、より良い生命保険をより安い保険料で契約したい、という場合は、やはり国内漢字生保では厳しいです。もっと保険料が安く、保障が充実した保険はたくさんあります。

筆者も、国内漢字生保で働いていましたが、自分自身が加入している保険は別の保険会社です。一概にダメとは言えませんが、やはり、安易にセールスレディにお願いしてしまうと、後から後悔してしまう化膿性も高いものです。ぜひ、自分でしっかり良い保険を探してみてくださいね。

保険一括見積