生命保険料控除を共働き家庭で最大限活用する方法

年末が近づくと、会社から年末調整の書類をもらいますよね。このとき、生命保険の保険料控除の書類も一緒に提出することによって、所得税を多めに取り戻すことが可能です。

保険料控除の仕組み

会社勤めの人は、自分で所得税を納めることはありません。給料明細を見れば分かると思いますが、毎月自動的に所得税が引かれています。ただ、所得税というのは毎月の収入に応じて決まるのではなく、1年間の収入に応じて決まるものです。そのため、年末になると1年分の収入と1年間に支払った所得税を調整する必要があります。

たいてい、所得税は毎月の給料から多めに引いていますので、年末調整をすることによって払い過ぎた所得税が返還されます。

所得税がいくらかを決めるのは、収入の金額だけではありません。同じ収入の人でも、独身の人と、家族を養っている人では家計の苦しさは変わります。そのため、配偶者がいれば「配偶者控除」、子供がいれば「扶養控除」というように、その人に該当する条件に応じて所得税が安くなるような仕組みになっているんです。

そして、生命保険に加入している人も、「生命保険料控除」として、所得税を安くしてもらうことができるんです。生命保険に加入しているかどうかは会社が知っているわけではありませんから、年末調整の際に「保険料控除証明書」を提出することで、所得税の計算に保険料控除を入れてもらうことができる、というわけです。

共働きなら、最大24万円の控除!?

生命保険料控除は、支払った保険料に応じて最大で12万円の控除をしてもらうことができます。

※平成23年12月31日までに契約した保険の場合は最大10万円です。

生命保険料控除には、他にも個人年金保険料控除と介護保険料控除があり、それぞれ最大4万円の控除、3つで12万円、というわけです。

逆に言えば、最大でそれぞれ4万円なのですから、いくら支払った保険料が多くても、それ以上は控除されない、ということですね。

しかし、共働きの場合は別です。共働きであれば、夫も妻も、二人ともが生命保険料控除を使うことができますから、最大で24万円分まで控除が使えることになるんです。

ファミリーの場合は、契約している保険の種類も多いと思います。夫の保険、妻の保険、子どものが学資保険など、いくつもの保険があれば、それを均等になるように割り振っていくといいですね。

また、金額がそこまで多くないという場合は、収入が多い方(たいていは夫)で最大限まで保険料控除を申告し、残りの分を収入の少ない方(たいていは妻)で申告するといいですよ。

扶養内パートの方は対象外です

共働きでも、「妻は夫の扶養内でパート勤務」という場合は、保険料控除は使えません。扶養内というのは、いわゆる「103万円の壁」と言われているもので、所得税がかからない範囲で働くことを指します。

所得税がかからない範囲で働いている人が所得税を支払うことはありませんから、当然「所得税を安くしてもらう」こともできませんよね。

生命保険料控除というのは所得税を納めている人が対象になるので、所得税を納めていない人は対象でないということは覚えておきましょう。

ただし、逆に言えば、扶養内パートの人でも、保険料控除を使えば今よりもう少し稼げる、ということです。
年収103万円までなら所得税はかかりませんが、生命保険料控除で最大12万円の控除があるということはつまり、最大115万円まで稼いでも、所得税をゼロにできる、ということなんです。

扶養内パートの人は、年末が近づくと「このままだと103万円を超えちゃうから」と、シフトに入るのを断わることも多いものです。でも、保険料控除を使えば、シフトに入るのを断わる必要はなくなりますし、その分収入を増やすことができます。

たとえば、生命保険料控除で4万円分が控除される人なら、あと4万円多めに稼いでも、所得税はかかりません。年末の繁忙期に休みを増やして気まずい思いをする必要もありません。

ちなみに、いくら控除されるかは生命保険料控除証明書に記載されていますから、しっかり読んでくださいね。

保険料控除を使えば所得税がいくらか多めに取り戻すことはできるので、ぜひ活用してください。

保険一括見積