改葬(お墓の引越し)にかかる費用は死亡保険金でまかなうことはできる?

親など家族が亡くなったとき、初めてお墓について真剣に考えた、という人も多いと思います。お墓が遠方にあって管理が大変な場合、この機会にお墓を近くへ移そうか、と考えることもあるでしょう。

では、お墓の引越しにはどれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

簡単ではない!お墓の引越し

お墓の引越しのことを、改葬と言います。改葬するには新たな墓地を用意して、今ある墓石を移動させるだけのことですからお金がかかると言ってもせいぜい10万ぐらいでできそうなものですが、実際にはそんな安価で改葬はできません。

改葬には、このような費用がかかります。

  • 新しい墓地の永代使用料+管理費
  • 新しい墓石代もしくは今使っている墓石の運搬費用
  • 離檀料
  • 閉眼法要・開眼法要の費用

新しい墓地の永代使用料+管理費

改葬するには、引越し先の墓地を準備しなければなりません。永代使用料の相場は70万円前後となっていますが、地域や設備によっても金額はピンキリで、高ければ100万円以上かかることもあるでしょう。

また、管理費とは毎年墓地に支払うもので、5千円~1万5千円程度かかります。

新しい墓石代もしくは今使っている墓石の運搬費用

今ある墓石がかなり老朽化しているような場合は、新たに墓石を購入することになります。墓石自体にかかる費用はだいたい120~200万円程度と言われていて、全国平均としては167万円になっています。

また、新しい墓石を購入する場合は古い墓石の解体費用もかかってきますが、これは20~50万円程度かかります。重機が入れるような墓地であれば比較的安く済みますが、工事が難しいような場所の場合は、高額になりやすいのでしっかり見積もりを取っておきましょう。

今使っている墓石をそのまま使用し続ける場合は、運搬費用がかかります。遠方であっても10~20万円あれば運搬は可能です。ただ、新しい墓地に、その墓石が対応しているかどうかを確認することが必要です。大きさや高さなどが合わない場合は墓石の加工が必要になり、新たに墓石を購入した方が費用が抑えられる場合もあるので、よく確認しておいてくださいね。

離檀料

離檀料とは、お寺に対して支払うお布施です。お世話になったお寺から離れることになりますから、一定金額を支払うことが多いようです。お寺によっても費用はさまざまですが、無料のところもあれば、10万、20万といった離檀料がかかることも。

また、改葬の際にお寺への相談なく勝手に改葬の手続きを進めてしまうと、お寺とトラブルになることもあり、高額な離檀料を請求されてしまった、という人もいます。改葬をしようと思う場合はあらかじめお寺へも相談しておくようにしましょうね。

閉眼法要・開眼法要

使わなくなったお墓の魂抜きをすることを、閉眼法要と言います。逆に、新しいお墓に魂入れをすることを開眼法要と言います。いずれもお布施が必要ですが、その金額は決まっているわけではありません。直接問い合わせてみてもよく分からない場合は、石材屋さんに聞いてみるのもおすすめですよ。

ただ、法要にかかる金額はだいたい3~5万円程度が相場となっているので、参考にしてください。お布施以外に、お車代が必要な場合もあります。

このように、お墓の引越し(改葬)には300万円程度かかるのが一般的です。もちろん、墓じまいだけして永代供養の納骨堂で供養してもらうなどの方法にすればもっと費用は抑えられますし、自分以外の親族にも相談して、どのようにすればいいのかをしっかり考えた上で決めればいいでしょう。

死亡保険金でまかなえない場合は、費用をかけない方法も考えよう

お葬式代など必要な費用を支払ってもまだ死亡保険金がたっぷり残っている、という場合はこれを機に改葬するのもおすすめです。やはり、遠方だと管理も行き届きませんし、近くにお墓があればこまめに通うことができますよね。

ただ、死亡保険金自体が多くなくゆとりがない場合は、無理に改葬する必要はありませんし、他の親族も納得しているのであれば永代供養にする方法もあります。改葬することだけが手段ではありませんから、よく考えてみてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積