お墓を新たに建てる場合にかかる費用は死亡保険金でまかなえる?

お墓を新たに購入しようとした場合、その費用はどれぐらいかかるのでしょうか?そのお金は、生命保険の死亡保険金でまかなえる程度なのでしょうか?

お墓にかかるのは墓石代だけではありません

新しくお墓を建てるには、墓石の購入費用以外にもお金がかかります。お墓を建てる際にかかるお金は「墓石代」、「永代使用料」、「管理費」といった3種類の費用がかかります。

まず、墓石代。全国平均では、約167万円となっています。和風の伝統的なもののほか、故人の趣味にちなんだデザイン墓石や、洋型タイプの墓石もあります。

次に、永代使用料。これは、お墓の土地にかかる費用です。全国平均では、約70万円となっています。

そして、墓地の管理費。これは、墓地の管理にかかる費用ですが、年間5千円~1万5千円程度が相場になっており、毎年支払う必要があります。

管理費は金額も小さいですが、墓石と永代使用料だけでも、200万を超える費用がかかることが分かりますね。

まだある!お墓を建てる際にかかる費用

お墓を購入して墓地に設置した、というだけで終わりではありません。お墓の開眼法要も必要ですし、それにはお布施や会食費も必要になってきます。こちらは数百万といった費用がかかるわけではありませんが、かと言って小さな金額でもありませんから、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

こういった費用も含めると、お墓を新たに建てるのには300万円程度かかることが分かります。これを、生命保険の死亡保険金でまかなうことはできるでしょうか?

お葬式にも200~300万円の費用がかかることを考えると、死亡保険は500~600万円ないと心細いですね。

四十九日までにお墓は建てられない!?

「親が亡くなったけど、お墓が無いから購入したい」と思っても、そんなにすぐにお墓を立てられるわけではありません。一般的には、四十九日の頃に納骨をおこなうことが多いのですが、お墓を建てるのには2~3か月かかるものです。

墓地選びや墓石選び、墓石の設置などで意外と時間がかかるものですから、四十九日に納骨をするのは難しいということですね。

ただ、四十九日のタイミングで納骨しないといけないというわけでもありませんし、「お墓が完成するまでお骨は自宅に置いておく」という家庭も少なくありません。

お墓は高額な買い物ですし、焦って買うようなものでもありません。長期間にわたって使用していくものですから、焦らずじっくり検討してくださいね。また、生命保険の死亡保険金では不足することも多いですから、分割払いも検討してみてくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ