離婚時、子供の学資保険はどうすればいい?

離婚すると、名字や住所が変わるので生命保険でも手続きが必要です。死亡保険金の受取人を配偶者にしていることも多いので、離婚したら受取人を子供に変えておくなどの変更も必要になります。

では、学資保険はどのような変更が必要なのでしょうか?

契約者・受取人の変更をする

離婚すると妻が子どもを引き取るケースが圧倒的に多いです。でも、学資保険の契約者は夫になっていることが多いんですよね。契約者が夫ということは、学資金の受取人も夫になっているはずです。

しかし、子どもを引き取るのは妻側ですから、契約者・受取人ともに変更が必要になります。そして、今後は妻自身で学資保険の保険料を支払って行きます。

契約者・受取人を夫のままにしておくと……

名義変更をしないままにしておくと、子供のための学資保険なのに、夫が学資金を受け取ることになります。

夫が保険料を払い続け、学資金を受け取ったときに子供のために渡してくれるといいのですが、そう都合よくは行きません。養育費も、まともに払っているのは全体の約2割だけです。学資保険の保険料をまともに払い続け、学資金をちゃんと渡してくれる元夫というのはかなり少数派でしょう。それでも元夫が信頼できると思うのであれば、名義変更はしなくて大丈夫です。

でも、夫がちゃんとお金を渡してくれない、という場合は子供の教育資金が準備できないことになります。もっとも最悪なのは、「保険料の支払自体はは妻がおこない、夫に管理してもらう」という方法です。せっせと保険料を払い続けたのに学資金を元夫に使い込まれてしまったら?勝手に解約されて解約返戻金を使い込まれてしまったら?解約されなくても、契約者貸付を利用されて学資保険の学資金が大幅に減ってしまったら?

子どもが望む進路を諦めさせなくてはならなくなる可能性もあります。やはり、離婚時には学資保険の名義を妻側に変えるのが賢明です。

元夫が手続きに応じてくれない場合

名義変更をするには、現在の名義人と、新しく名義人となる人が書類を書かなくてはなりません。しかし、元夫、つまり現在の名義人が手続きをしてくれなければ、名義変更の手続きはできなくなってしまいます。

その場合は、どうすればいいのでしょうか?
「お金を渡したくない」といった理由で手続きを拒まれている場合は、残念ながら諦めた方が良さそうです。もちろん、根気よく説得した方がいいですし、できれば元夫の家族も巻き込んでしまうという方法もあります。(孫可愛さからしっかり説得してくれる場合もあります)

どうしても拒否される場合は、もうそのお金は諦めて、新たに学資保険に入り直す方が賢明です。
※子供の年齢によってはもう学資保険には加入できない場合もありますが、お金を貯める方法は学資保険以外にもあります。生命保険の担当者に相談してみてもいいでしょう。

「ただ単に面倒くさいだけ」という場合は、こちらで書類を揃えたらすんなり手続きしてくれる場合があります。たいていは郵送でも手続きができるので、書類を取り寄せて、必要事項を記入してもらうだけでOKです。あとはあなたが書くべきところを記入して返送すれば手続きは完了します。元夫に動いてもらおうなんて思わずに、こちらから働きかけてなんとしてでも名義変更をしてもらいましょう。

学資保険の名義変更とともに保険の見直しも!

離婚後には、必要な保障も変わります。自分に万が一のことがあっても子どもがちゃんと生活できて、かつちゃんと教育を受けられるだけのお金は残さなくてはなりません。

学資保険の手続きをする際にはついでに今の保障の見直しについても相談し、手厚い保障がある保険に変更しておいてくださいね!

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ