本当にお金が無い!という家庭のための、生命保険見直し術

生命保険料が家計を圧迫していると、生活が困窮して何のために保険に入っているのか分からなくなってしまいます。保険料を支払うために食費を節約して、栄養失調になって病気になる……というのでは本末転倒ですよね。

そこで、今回はどうしてもお金が無いんです!!という家庭のための、生命保険見直し術を紹介したいと思います。

想定されるリスクにだけきっちり備えよう

生命保険は、あらゆるリスクに対して備えることができます。しかし、すべてのリスクに対して備えるほどの家計のゆとりがない場合は、「平均的なデータから想定されるリスクにだけ備える」という方法がおすすめです。

医療保障を例に、見てみましょう。

医療費は、実際にはあまり多額の費用はかかりません。日本ではみなさん健康保険に加入していますから寮費を全額自己負担するのではなく、3割負担で済みますよね。さらに、3割負担であっても多額になってしまう場合であっても、高額療養費の制度があり1か月あたり8万円程度の自己負担で済みます。

医療費以外に考えておかなくてはならないのがその他の支出や、仕事を休むことによる収入減。子どもがいる場合は遠方に住む親に来てもらうための交通費や、病院で洗濯したりこまごました必要なものを購入するためのお金は必要です。そして、収入減に関しては、人によって有休が使えるかどうか、傷病手当がもらえるかどうかで変わってきます。一般的な会社員であれば傷病手当は出るでしょう。自営業などで国保に加入している人は傷病手当は出ませんし、有休も無いので収入減はしっかり計算に入れておく必要があります。

入院期間の平均は1か月ぐらいだと言われていますが、高額療養費は月をまたいでいるとそれぞれの月ごとに限度額が認定されるので、1か月間の入院でかかる医療費は最大で16万円程度。そこに、医療費以外でかかる雑費や収入減を補うために必要な金額を足したものを、医療保険で備えておく必要があります。

医療費以外の雑費・収入減に関しては個人差が多いと思いますが、仮に10万円程度必要だということであれば、医療費16万円+10万円で26万円を、医療保険で準備できていればいいわけです。入院日額1万円の医療保険に加入していれば、30日間入院すれば30万円受け取ることができますから、十分補える、ということになりますね。

多少貯金があるのであれば、日額5千円で1か月で15万円受け取れる医療保険で事足りる人もいるでしょう。

また、医療保険で入院給付金が出る日数には限りがあり、商品によって「60日」「120日」など決まっています。60日など限度日数が短いものにすれば、保険料を抑えることができますよ。

想定外のことが起こったら諦める

ツライですが、もし、平均以上に長期入院になってしまった場合や、多額の医療費がかかった、というような場合はもう諦める、という決断をすれば、保険料を抑えることはできます。

長期入院になっても医療保険に加入していれば限度日数分は入院給付金を受け取ることができますし、手術をした場合は手術給付金を受け取ることはできます。しかし、その範囲を超えて医療費がかかってしまうこともあります。それは、がんなどで多額の費用が掛かってしまった場合です。

がんであっても実際にはせいぜい50万円程度の支出で済む人もいますが、場合によっては何百万もの治療費が必要になるケースもあります。でも、そういうところにまで備えていると保険料もかさんでしまうので、最低限の保険だけ加入しておいて、多額の治療費がかかった場合はもういさぎよく生活保護を受ける、という方法もあります。

生活保護に関しては人によってはかなり抵抗があるかもしれませんが、本来は病気などでどうしても働くことができず生活が困窮している人のための制度ですから、多額の医療費が払えないから生活保護を受ける、というのは決して批判されるようなことではありません。

できれば生命保険ではあらゆるリスクに備えておきたいものですが、生活費を削ってまで保険に加入するというのは本末転倒ですし、本当にお金が苦しい、という人は、生命保険は最低限にしておいて、生命保険で補いきれないほどの何かが起こった際には生活保護など公的な制度を利用すると決めておく、というのはおすすめです。

また、収入が増えたりして状況が良くなればそのときに生命保険の保障を後から充実させることもできるのですから、現状として保険料を支払うのが大変だという人は、最低限の保障だけが付いたコンパクトなものに見なおしてみてはいかがでしょうか。

保険一括見積