共働き家庭の奥さま、保険の見直しはお済みですか?

生命保険は定期的に見直しが必要だと言われていますが、あなたはちゃんと見直しをしていますか?放ったらかしにしているなら、もしかすると保険料を払いすぎているかもしれません。

共働き世帯の妻の保険は手厚い

妻も働いている家庭では、もし妻が仕事ができなくなったら、生活が困窮してしまう恐れがあります。そのため、妻の保険も夫並みに手厚くしている家庭は多いと思います。

特に、妻が死亡してしまった場合は大問題です。妻が死亡した場合、夫と子どもが遺されることになりますが、遺族年金がでませんでした。夫が亡くなった場合は残された家族は遺族年金を受給できますから不足分だけを生命保険で補えばよかったのですが、妻が死亡した場合は丸々生命保険で補わなければならなかったのです。

しかし、今年の4月から制度が変わりました。

遺族年金が父子家庭でも受給できるように!

2014年4月から消費税が上がるなど家計を圧迫することも増えましたが、ただ一つ、いいこともありました。それは、父子家庭でも遺族年金を受給できるようになったということです。

つまり、妻の保障を手厚くしなくても、遺族年金で足りない分だけを補えばいいようになったのです。

特に、夫が専業主夫で妻がバリバリ働いているとか、そこまでではなくても妻の収入の方が夫よりもはるかに高い、というような家庭の場合は妻の保障がかなり手厚くなっている可能性があるので、早めに見直ししなければなりません。

遺族年金で不足する分を計算するには?

遺族年金で受給できる金額は、人によって違います。国民年金の場合は子供が一人の場合で年間約100万円です。(子どもの人数によっても変わります)

ただ、厚生年金の場合は所得によって受給できる金額が全然違うので、一概にいくらとは言えません。遺族厚生年金の金額がいくらになるのかを知るには、日本年金機構の「ねんきんネット」に登録して試算する方法があります。ねんきんネットへの登録は誰でも無料でできるので、登録しておくと便利ですよ。

もしくは、ざっくりとした概算になりますが、生命保険の担当者に相談しても、だいたいの金額を教えてもらうことは可能です。遺族年金がいくらぐらいになるかが分かれば生命保険で補うべき金額も分かるので、無駄なく生命保険に加入することができますよ。

現在、手厚い保険をかけている女性の場合は遺族年金の受給の仕組みが変わったことによって、保険が過剰になっている可能性が高くなっています。保障内容を削れば保険料も低く抑えることができるので、早めに見直しをしてくださいね。

保険一括見積