学資保険は昔と違う?現在の学資保険を客観的に分析

「子どもが生まれたから学資保険に入らなきゃ!」と思う人は多いですよね。

子どもが生まれた学資保険に入る、というのが当たり前のことのようになっていますが、なぜ、みんな学資保険に入るのでしょうか?

それは、親であるみなさんも、学資保険にお世話になったからだと思います。

そして、おじいちゃん・あばあちゃんも、学資保険のおかげで子どもの進学の際に助かった、という経験があるので、学資保険への加入を熱心に勧めます。

でも、学資保険は、昔のようなメリットはありません。親世代が子供のころは、まだ景気も良かったのものです。ですから保険の予定利率も高かったのです。

生命保険というのは、契約時の予定利率がそのまま続きます。銀行の預金であればつねに利率は見直されていますよね。

生命保険は契約したときの高い予定利率のまま契約が続くので、いくら不景気になっても、銀行の利率が下がっても、変わらないんです。

予定利率と言うのは、「運用によってこれぐらいは増やせるだろうから、保険料はこれぐらいでいいですよ」と、あらかじめ保険料を値引きするための利率です。

ですから、不景気になって、保険会社の運用が思っていたほどうまくいかなくても、その利率を変えるわけにいかず、そのことが保険会社を苦しめました。倒産した保険会社もありましたよね。

ただ、契約者からすれば、不景気で銀行に預けてもほとんど利子がつかないのに、学資保険は少ない保険料でたくさんの満期金が受け取れたので、今のおじいちゃん。おばあちゃん世代はとても助かったはずです。

こういうことから、学資保険はとってもお得な保険、と勘違いをしている人も多いんですよね。

繰り返しになりますが、生命保険の予定利率と言うのは、契約時の利率がそのままずっと続きます。予定利率の低い今契約して、今後景気が回復したとしても、利率は低いままなんです。そう思うと、学資保険の魅力は薄れてしまったのではないでしょうか?

ただ、だからと言って学資保険が不要だ、というわけではありません。

たしかに今学資保険に加入したとしても、払った保険料よりもちょっと多く戻ってくるぐらいですが、保険を使ってお金を貯めることには、他にメリットがあります。

まず、生命保険というのは、死亡保障があります。
学資保険の場合は、契約者である親の死亡保障を兼ねることができるのです。

通常の死亡保障の保険では、「死亡したら○○万円」といった形で保険金が受け取れますが、学資保険の場合は「親が死亡しても、契約した満期金は受け取れるし、親が死亡したあとの保険料も不要」という形になっているので、死亡保障としても使えるものなんですよ。

通常、死亡保障というのは遺族に必要な生活費や、子どもにかかるであろう教育費など、必要なお金を合計して、年金などでは足りない分を補うものです。

その、教育費に当たる部分を学資保険で準備していれば、親の生命保険の死亡保障はその分減らせるということになります。

また、保険というのは、途中でちょっと切り崩すとか、家計が厳しいからしばらく貯蓄をお休みする、ということができません。これはデメリットとも言えるかもしれませんが、貯蓄が苦手な人が多いことを考えると、メリットともとれるのではないでしょうか。

毎月きちんと支払わないと保険は失効してしまいますし、途中で引き出したくても引き出せません。(奥の手として、一時的に契約者貸し付けを利用するという手はありますが、その際は必ず早期に返済してください。)

このことが良い意味でのプレッシャーとなり、意地でも貯蓄を続けよう、という気になるのではないでしょうか?

ちなみに、学資保険に今加入してもたいして得ではないのですが、実際にいくら払っていくらぐらい戻ってくるのでしょうか?

30歳の男性で子どもが0歳のときに契約し、子どもが18歳の時に100万円受け取れる学資保険なら、保険料は4,100円程度です。

学資保険の場合は返戻率と言って、支払った金額にたいして戻ってくる金額が何%になるか、という指標を参考にしますが、現在は返戻率が高いもので110%程度となっています。89万円ほど支払って、100万円返ってくる、ということですね。

そうして見てみると、そんなに悪くはありません。
普通に銀行などで貯蓄したのとはあまり変わらないですが、保険機能も兼ね備えていることを考えれば、入っておいても良いと思えるのではないでしょうか。

よく「学資保険は元本割れするものもある」と言われますが、それは、特約がついている場合です。

元本割れとは、支払った保険料よりも返ってくるお金が少ないことを言いますが、特約を付けていればその分の保険料もかかりますから、元本割れするのも仕方がないことです。それに、特約できちんと保障がついているのですから、損をしているわけではありません。

学資保険についている特約というのは、子どもが入院したときに入院給付金が受け取れる、などの医療特約ですね。それから、育英年金が受け取れるものもあります。

これは、親の死亡保障を手厚くするためのもので、その分返戻率も下がりますが、親の生命保険の保障金額を減らせるので、一概に損とは言えないでしょう。

ただ、こうした特約によって保険がごちゃごちゃしてくると、結局得なのか損なのか分からなくなってくる人もいると思います、その場合は、特約はつけずにシンプルな学資保険を契約しておくことをおすすめします。

ちなみに、受け取れるお金と言うのは、いつ、受け取れるかというのは保険会社によってさまざまな種類があります。

幼稚園や小学校の進学時にもお祝い金がでるタイプや、大学進学のときだけ受け取れるもの、高校進学時と大学進学時だけ、大学進学時と大学卒業時、などなど、いろんなタイプがあるんですよ。

一瞬「たくさん受け取れる方がいいじゃない!」と思われるかもしれませんが、受け取れる金額が多いほど保険料も高くなりますし、受け取れるまでの期間が短いほど、返戻率は下がります。

通常、幼稚園や小学校に進学するときには、そんなにお金がかかるわけでもありませんから、自力で貯蓄も可能ですし、日々の家計から捻出することもできると思います。本当に、計画的な貯蓄が必要なのは、高校・大学進学時です。

高校は公立であればお金はかかりませんが、私立ではかなりかかりますし、部活動などでもお金がかかるようになってきます。大学でも私立文系で年間100万円程度が目安となるので、早いうちから貯めておかなくてはならないおのです。

ですから、高校進学時と大学進学時にお金が受け取れるものがおすすめです。

と言っても、人によって違うと思いますから、貯蓄に自信がない人は、幼稚園や小学校入学時にもお祝い金がでるタイプにしておいても良いでしょう。

こうしたお祝い金は、実際にそのときになって使うことがなければ、そのまま据え置きしておくこともできます。

学資保険に入る時には返戻率ばかりを気にして肝心の保障内容が分かっていない人も多いです。

きちんと保障内容を確認した上で、同じ条件で比べてみないと本当に得な学資保険は分からないものです。また、必要な保障や、いつ、お祝い金を受け取りたいのか、ということも考えながら、自分に合った学資保険を選んでくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ