無料プレゼントに騙されないで!損な保険を避けるには

保険ショップや保険会社で、プレゼントをもらったことはありませんか?
アンケートに答えるだけでプレゼントがもらえる、といったものですが、タダで何かをもらえたとしても、損をしている可能性があります。

「アンケートに答えるだけ!」などカンタンな条件をクリアするだけで、無料でもらえるプレゼント。でも、その代償は大きいのです。「タダほど高いものはない」というのは本当なんですね。

アンケートにより、個人情報が収集されています

アンケートでは氏名や住所などの個人情報を記入しますよね。個人情報保護法ができたり個人情報の流出があれば大きなニュースになるのに、自分の個人情報に関しては危機感が少ない人が多いのではないでしょうか。

保険会社からのアンケートでは、かならず生年月日を書かされます。そして、その生年月日をもとに、保険のプランを作ることもできます。一見保険とは関係のないようなイベント・セミナーであっても、生年月日を教えてしまえば次に待っているのは保険の勧誘です。

保険の見直しを考えている人ならいいかもしれませんが、保険に加入する気もないのに、アンケートに答えたせいで生命保険の勧誘をされることになり、断わりにくくなって契約してしまう……という人もいます。

保険の勧誘をきっぱり断る勇気が無いという人は、はじめから保険会社のアンケートには答えないのが賢明です。いくらタダでプレゼントをもらえるとしても、スルーを決め込みましょう。

プレゼントの代償はいくら?

無料でプレゼントをもらえるなら……と、無料相談に行く人も多いようです。はじめはプレゼント目的であっても、当然保険の提案はされます。そして、「タダでプレゼントももらっちゃったし、一生懸命提案してくださってるから契約してもいいかな」と思ってしまうことになります。

そう、タダで何かをもらうということは、普通は「じゃあ何かお返しをしなきゃ」という気持ちになるものです。自分がもらうだけもらって何もお返しをしない、というのでは後味が悪いんですね。

しかし、ちょっとしたプレゼントをもらった代わりに保険を契約する、というのはお返しが大きすぎます。生命保険の保険料というのは1か月あたり数千円程度、せいぜい1万円程度になることが多いので「保険は必要なものだし、これぐらいなら支払える」と思って契約してしまうわけですが、では、あなたがもらったプレゼントは1万円もするものなのですか?

しかも、保険というのは一度契約すれば、毎月支払いが続きます。1か月の保険料が5千円でも、年間6万円、10年で60万円です。本当にその保険がいいものかどうかも分からないのに、プレゼントをもらったからと言って何十万(人によっては何百万)もの大金を保険会社に支払うことに対して疑問を持ちましょう。

無料プレゼントをもらっても保険は別!

生命保険は、「プレゼントをもらったから」とか「親切にしてもらったから」という理由で加入するものではありません。自分の家族構成やライフプランに合わせて、最適な保障を持つという目的が無ければ契約してはならないのです。

生命保険は何十年も支払続けるため費用も高額ですし、なにより自分に合ったものでなければ意味が無いからです。

たとえ無料でプレゼントをもらうようなことがあったとしても、それれ申し訳なく思ったり、お返しをしなければ、と思う必要はありません。向こうも仕事でやっているだけですから、気遣いは不要なんです。

それでも、きっぱりと断るのが難しいと感じる人は、はじめから無料のプレゼントはもらわないようにしてくださいね。

保険一括見積