知り合いの紹介で生命保険に加入するリスクとは

友人や知り合いに勧められて生命保険に加入した、という人は珍しくありません。自ら進んで生命保険の情報を集め、保険ショップ等に出向いて契約する、という人の方が少ないはずです。

「親の友達が保険会社で働いているから」、「ママ友が保険会社で働いているから」といったきっかけで生命保険に加入した人は、そのリスクを理解できているでしょうか?

保険料を下げてほしいとは言いにくい

生命保険の保険料が、家計を圧迫してしまうことがあります。そして、保険料が家計を圧迫していると感じる場合はたいてい要らない保障までついている、過剰な保険に入っていることが多いんです。

でも、知り合いの紹介で生命保険に加入していると、「支払いが厳しいから保険料を下げて欲しい」とは言いにくいもの。知り合いに対して家計の状況を詳しく説明するのも恥ずかしいですし、「ご近所で噂になったらどうしよう?」なんていう不安もあります。

その知り合いがあなたにとって「何でも言える親友」レベルであれば「もう少し保険料低いのに替えられない?」と持ちかけることもできると思いますが、そうでない場合は一度契約すると安易に見直しにくくなる、ということを理解しておきましょう。

知り合いが優秀な人でなかったら?

生命保険を売っているセールスマン・セールスレディというのは、保険の知識レベルやアフターフォローのレベルに大きな差があります。優秀な人であれば一人ひとりに合った最適な保険を提案することができ、何か困ったことがあったときのフォローも完璧です。

一方、入社したばかりの人やあまり自己研鑚していない人だと保険の知識も不十分なのでその人に全然合っていない保険を提案したり、何か困ったことがあってもフォローしてくれない(手が回らない)など、十分な保障を得ることが難しいです。

あなたの知り合いはどちらでしょうか?もし、あまり優秀ではないと感じるようなら、今契約している保険も万が一のときに役に立たないかもしれません。

その知り合いはいい人ですか?

生命保険のセールスは、基本的に歩合制の仕事です。つまり、高い保険を売らないとお給料にならないわけです。そのため、中には成績を上げるために無茶なセールスをする人もいます。

知識が不十分なのではなく、わざとその人に必要ないぐらいの大きな保険を勧めることも。また、一度契約したあとも数年おきに「いい保険が出た」とか言って頻繁に保険の見直しをしてくる場合は注意が必要です。

たとえもともとの友達であっても、残念ながら仕事のせいで見境なく友達を犠牲にしてしまう人もいるので、不安に感じたら今の自分の保険がどういう契約になっているかを確認した方がいいでしょう。

生命保険は知り合いに頼むべきではない

知り合いが働いているから、という理由で生命保険に加入するのはおすすめできません。もし、役にも立たないような保険に入ってしまっていたら、あなたは数千円、数万円という保険料をその知り合いとその保険会社に寄付をし続けているのと同じことです。

たとえ、1か月あたり3千円の保険だったとしても、年間3万6千円、10年間加入すれば36万円にもなります。

もちろん、知り合いが信用できる人で、あなた自身も納得の上で加入しているのならいいのですが、勧められてなんとなく契約した、という人は今すぐ保険の内容がどうなっているか確認しましょう。そして、内容に不安を感じる場合は、保険ショップなどのプロに相談してみることをおすすめしますよ。

保険一括見積