本当に「安い」ですか?保険料が安い保険の落とし穴

節約したい場合には、保険の見直しをすると大きな節約効果が見込めます。ただし、安い保険を契約した結果、かえって損をしている可能性もあるんです。あなたが契約している安い保険は、本当に安いと言える保険ですか?

保障期間は足りていますか?

生命保険は、保障期間が決まっています。死ぬまでずっと保障が続く終身タイプの保険以外は、「1年」「10年」もしくは「60歳まで」「80歳まで」というように保障期間が決まっているものです。

保険料は、保障期間が短いほど安くなります。たとえば、20歳から30歳までの10年間であれば、普通はほとんど死ぬこともありませんし、病気になる人も少ないです。保険会社が保険金・給付金を支払うリスクも低いので、保険料を安くすることができます。

一方、20歳から80歳まで60年間の保険であれば、保険料は高くなります。年齢を重ねるごとに死亡率も病気になる確率も高くなりますし、それをカバーするには高い保険料を支払わなくてはならないんですね。

でも、「保険料を安くしたいから」という理由だけで、保障期間が短い保険を選ぶのは間違いです。必要な保障期間というのはその人の家族構成などによって決まっています。だから、「本当は20年間必要なのに、10年間しか契約しなかった」ということはあってはならないのです。

10年間の保険期間が終了した後はもう10年更新することはできますが、更新するとそのときの年齢で保険料が計算されますから、はじめの10年間よりもぐっと保険料が高くなります。これではまったく節約になっていません。

保障内容は足りていますか?

保険料は、保険会社が支払うことになる保険金や給付金の原資ですから、過剰に値下げをすることはできません。安くしてしまうと、万が一のときに保険金や給付金が支払えなくなるからです。

にも関わらず保険料が相場より安いという場合は、保障内容が少なくなっている可能性があります。たとえば医療保険は入院や手術の保障をしてくれる保険ですが、よく見ると保障内容は保険会社によって違います。1入院あたりの支払限度日数は30日のものもあれば120日のものもありますし、通算支払日数が730日のものもあれば1095日のものもあります。

死亡保険についても、「保険に入ってるから安心」と思っていても、本来は3000万円の保障が必要なのに、1500万円の保障しかない、ということもあります。3000万円と1500万円では保険料も半額になりますが、保障が不足してしまっているので「節約できた♪」と喜ぶところではないんです。

保障が足りていないと、万が一のことが起こった時にお金が足りなくなります。今節約できても、万が一のときに生活に困ってしまうようでは節約とは言えないのです。

保険料を一生支払わなくてはならない保険ではありませんか?

終身タイプの保険の場合、保険料の払い込み期間を自分で選ぶこともできます。死ぬまで一生保険料を支払い続ける「終身払い」と、「60歳払込満了」「65歳払込満了」など、途中で保険料の支払いを終えて、あとは保険料を払わなくても保障してもらえるという方法があります。

年金生活になると今までよりも収入も減ってしまうのが一般的ですから、老後までに保険料を払い終わる方がいいですよね。でも、月々の保険料が安いのは終身払いです。そして、保険料の総額が高くなるのは終身払いです。つまり、目先の安さに釣られて終身払いを選ぶと、老後もずっと保険料を支払わなくてはならず、しかも普通よりも多くの保険料を支払わなくてはならなくなるんです。

保険料を安くする方法を間違えてはいけない!

保険料を節約したくても、必要な保障を削ったり終身払いにしたりすると、実際には節約になっていません。保険料を節約するには、必要な保障内容・保障期間を満たした上で、できれば退職までに保険料が払い終わるという条件で、各社の保険料を比較しなければなりません。

むやみに保険料を削ろうとすると万が一のときに生活に困ってしまう可能性もありますから、無理に保険料の節約はしないでくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積