がん保険で重視すべきは入院給付金よりも一時金!

がん保険にはさまざまな保障内容がついていますが、がん保険を選ぶ際に大切なのは、「診断一時金」です。今回は、がん保険の診断一時金についてお話ししたいと思います。

がん保険の主な保障内容

  • 入院給付金
    がんで入院した場合に、入院日数に応じて給付金が受け取れます。通常の医療保険と違って限度日数はなく、無制限で出るタイプが多いですよ。
  • 手術給付金
    がんで手術した場合に、手術給付金が受け取れます。金額は1回につき5~40万円程度で、保健会社によって異なります。また、手術給付金が無いタイプのがん保険もあります。
  • 診断一時金
    がんだと診断された場合に、一時金として一括でまとまった金額を受け取ることができます。金額は100~300万円のものが主流です。

がん診断一時金が重要な理由

がんの治療ではどのようなことをするかご存じですか?がんの治療は日々進歩しており、一昔と比べるとかなり様変わりしています。

昔は、がんと言うと長期入院して治療をしていたものです。だからこそ入院給付金や手術給付金は重要でした。しかし、現在はほとんど入院せずに治療することが可能になっています。検査入院をすることはあっても、治療自体は通院でおこなわれるのです。そのため、仕事をしながら病院通いをしていたり、少し仕事をセーブする程度で治療を続けている人もいます。

でも、入院しないということは、入院給付金は請求できません。また、手術をせずに治療することもあり、これだと手術給付金も受け取ることができませんね。

だからこそ、診断一時金が重要になってくるのです。

現在のがん治療はほとんど入院もせず、手術をするケースも限られています。入院給付金や手術給付金は大してもらえないので、診断一時金によって治療費をまかなう、というのが理想なんです。診断一時金は、がんと診断されればすぐに請求ができるので、「いったん治療費を払ってからがん保険の請求をする」といったことをしなくても、診断された時点ですぐに請求して、そのお金をそのまま治療費に充てることができます。

治療法が変わっても対応できるのが診断一時金

がんの治療法はこれからも進歩していくと思います。

入院給付金や手術給付金の場合は細かい条件が決まっていて、その条件に合わなければ給付金を受け取れないため、せっかくがん保険に入っているのにいざというときに役に立たないこともあるんです。

一方、診断一時金であれば今後がんの治療法が進歩していっても、受け取れない、ということはありません。いくら治療法が変わったとしてもがんと診断されるかどうかというのは変わりませんから、がんだと診断された時点で確実に一時金を受け取ることができます。

ちなみに、がんの診断一時金は金額だけでなく、回数にも注目しましょう。
多くのがん保険では診断一時金は1回のみなのですが、保険会社によっては無制限で請求できるものもあります。一度がんになると再発することもありますが、再発したとしても再び診断一時金が受け取れるので、安心して治療に望むことができるわけですね。

ただ、診断一時金を複数回受け取れるタイプのがん保険は、その分保険料も高めになります。安さで選ぶと診断一時金が1回しかもらえない、ということが多いので、がん保険を選ぶ際にはしっかり確認してくださいね。ちなみに、複数回にわたって診断一時金を受け取れるタイプのがん保険でも、そこまで高いわけではありません。30歳の男性の場合で月3千円程度の保険料、しかも一生保険料は上がりません。

がんになった場合でも医療費がさほどかからないということも実際には多いのですが、状態によっては保険が利かない治療を取り入れることになり、多額の費用がかかることもあります。

入院給付金や手術給付金ではなく、診断一時金がしっかり出るものを選べば、いざというときも安心して治療に専念できますよ。

保険一括見積