がんになったとき、お金はいくらあれば足りるのか?

あなたは、がん保険に加入していますか?がん保険はテレビでもさかんにCMをしていますが、まだ加入していないという人も多いのではないでしょうか。

健康保険や医療保険だけではまかなえないのか?

日本では、「国民皆保険」と言って、全員が何かしらの健康保険に加入することが義務づけられています。会社員の人は会社の健康保険に、自営業やフリーターの人は国民健康保険に加入していますね。健康保険に加入していれば、医療費のうち7割は保険から支払われるので、実際に支払うのは3割分だけです。

さらに、入院や手術で高額な医療費がかかった場合には高額療養費という制度を使うことによって、1か月あたりの負担額を10万円程度にまで抑えることができます。

そして、それでも医療費の支払に困る場合や仕事を休んだときの収入減を補う必要がある場合には医療保険を使うことによって、給付金を受け取ることができます。

これだけ、公的な保険と民間の保険が充実しているのに、さらにガン保険に加入する意味はあるのでしょうか?

がんの治療費は高額になる恐れがあります!

ガンに限らず、寮費について考える際には「平均」はあまり役に立ちません。仮に「がんの治療費の平均は100万円」というデータがあったとしても、「じゃあ100万円貯めておけば大丈夫♪」なんて安心できますか?

たしかに、多くのがん患者の方は50万~100万円程度の治療費だったというデータはありますが、その一方で、自由診療の高額な治療をして、数百万、場合によっては1000万円以上の治療費がかかったという人もいるんです。実際にガンになったら、治すためにできる限りのことをしたいと思うはずです。もし、自分がそう思わなくても、家族は最善の治療を受けさせてあげたいと思うでしょう。

だから、がん保険が必要だと言えるんです。多くの資産を持っている人は別ですが、そうでない人は保険で備えておかないと、いざというときに治療費を捻出できなくなる恐れがあるんです。

格安ながん保険でも入っておこう

がん保険は保険会社によって保障内容もさまざまですが、安いものもあります。家計にゆとりが無い人でも、格安なものに一つ加入しておくだけでもいざというときに役に立つはずです。

残念ながら、ガンになったときにいくらお金がかかるのか、ということは予想できないものです。多くの場合は100万円未満の治療費で済みますが、場合によっては高額な治療が必要になることもあります。

がん保険は、この「高額な治療が必要になったときのため」に加入しておくべきです。特に、子供がいる人や自営業の人などはがん保険も充実させておいた方がいざというときお金に困らずに済むので、早めに検討してみてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積