どんなときに、いくらもらえる?医療保険で保障される内容とは

生命保険は、死亡保障をするものだけではありません。
医療費がかかったときの保障、つまり医療保障をするのが「医療保険」です。

医療保険の仕組みとは?

医療保険は医療費がかかった際に給付金が受け取れる保険ですが、どんなときでも給付金を受け取れるわけではなく、保険ごとに給付金を受け取るための条件が決まっています。

【入院給付金】
まず医療保険の基本となるのが入院給付金です。入院給付金は、入院日数に応じて支払われます。最近の医療保険は入院1日目から支払われるのが主流です。また、日帰り入院であっても1日分の給付金が支払われます。ただ、少し古い医療保険や、特約の内容によっては5日以上の入院をした場合のみ支払われるなど、条件が異なるものもあります。

入院日額は5千円もしくは1万円が主流ですが、3千円や2万円など、ニーズに合わせて選ぶことが可能です。

【手術給付金】
手術をした際に支払われるのが手術給付金です。手術給付金は一律ではなく、手術の内容に応じて決まっています。多いパターンとしては手術の種類に応じて、「入院日額の10倍」「入院日額の20倍」というように支払われる給付金の金額が決まり、最大40倍となっています。

入院日額5千円の医療保険であれば、手術給付金は5万~20万円、入院日額1万円の医療保険であれば、手術給付金は10万~40万円支払われることになります。

【特約で保障を充実】
医療保険の基本的な保障内容は入院給付金と手術給付金の二本立てですが、特約(オプション)を付けることによってさらに保障を充実させることができます。特約の種類は保険会社によってもさまざまですが、主なものを紹介しましょう。

  • 先進医療特約
    保険の適用外になっている高度な治療を受けることになった際に、実費が給付されます。上限は「通算1000万円」というように決まっています。
  • 特定疾病特約
    保険会社によって「三大疾病特約」など言い方は違いますが、脳卒中、急性心筋梗塞、さらには保険会社によっては糖尿病など、特定の病気になった場合に保障を上乗せできる特約です。
  • がん特約
    がんと言えば「がん保険」がありますが、がん保険の機能を特約として医療保険につけることもできます。
  • 女性疾病特約
    女性特有の病気になった場合に保障が上乗せされる特約です。

医療保険契約時に確認すべきこと

医療保険を契約する際には、保障内容をしっかり確認しておく必要があります。上記に紹介した保障内容の他に、以下の点についても確認しましょう。

  • 1入院あたりの支払限度日数
    入院給付金は、いくらでも支払われるわけではありません。1回の入院での支払い限度日数は短いもので30日、長いもので120日程度のものが多いですよ。
  • 通算支払日数
    1入院あたりの限度日数とは別に、通算での限度日数も決まっています。多くの医療保険では1000日程度が限度日数になっていますが、最近は「50回」というように回数が決まってることもあります。
  • 保障期間
    医療保険は終身タイプが主流ではありますが、定期タイプのものもあります。定期タイプの場合は保障期間が終わると保障がなくなってしまいますし、その後も保障が必要であれば更新することもできますが、その時の年齢で保険料を再計算するので割高になってしまいます。
  • 保険料払い込み期間
    一番見落としがちなのが、保険料払い込み期間です。終身タイプの医療保険は保障は一生続きますが、保険料の払い込みは60歳までなど一定期間で終わらせることができます。定年退職したあとは年金生活になって収入が減ります。定年退職までに保険料の支払を終らせることができれば、生活が楽になりますね。終身払いだと支払期間が長い分月額保険料は安くなりますが、総支払保険料は高くなってしまうので注意してくださいね。

医療保険は日額5千円もしくは1万円で契約を

一般的な家庭の人であれば、日額5千円の医療保険で十分に保障が足りることが多いです。ただ、子供がいる人であれば「自分が入院したら子供の面倒を見る人がいないからベビーシッター代がかかる」など、医療費以外の出費もかさみます。

医療費以外の出費がかさみそうな場合は、日額1万円以上の医療保険を契約しておいた方がいいと言えるでしょう。

その他、どのような特約をつけるか、といったことに関してはプロに相談するのがおすすめです。その人の家族構成や年齢などによっても必要な保障は違いますから、プロの診断を受けた上で最適な医療保険を選んでくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積