個人年金保険はいくら払えばいくらもらえるの?

老後に対する不安を抱えている人は多いですよね。むしろ、不安が無いという人なんていないのではないでしょうか?老後への不安を少しでも解消するために、個人年金への加入を考えている人も多いのではないでしょうか?

個人年金の仕組みとは?

個人年金とは、公的年金にプラスして個人で備える年金のことです。もちろん公的年金のように強制的なものではなく、老後の生活に対して不安を持っている人が、自発的に加入するものだと言えます。

個人年金には「有期年金」「終身年金」の2種類がありますが、人気があるのは有期年金です。
有期年金とは、年金がもらえる期間が決まっている年金のことです。「10年確定年金」「15年確定年金」というように、年金を受け取れる期間に応じて名前がついています。

一方、終身年金の場合は期間に定めはなく、生きている限り一生年金を受け取ることができる年金のことです。ただ、終身年金の場合は保険料が高く、高い保険料を支払っても早めに死んでしまったら損になるので、あまり人気はないようです。そもそも、保険料が高いので支払っていくのが難しい、という問題もあります。

個人年金に加入する際に決めるのは、以下の点です。

  • 年金額
    年金額は年額で決めます。たとえば、月額5万円の年金を上乗せしたい場合は60万円の年金にする、ということになります。
  • 年金期間
    有期年金の場合は、年金を受け取る期間を決めます。主流は10年間ですが、5年間、15年間、といったものもあります。
  • 受け取り開始時期
    年金の受け取り開始時期は、60歳から、65歳から、70歳から、というように選ぶことができます。

ちなみに、年金受取期間や受け取り開始時期については、後から変更することもできます。そのときの経済状況に応じて、年金開始時期を早めたり遅らせたりしてもいいですよ。

保険料はいくらぐらい?

個人年金は、いったいいくら払っていくら受け取ることができるのでしょうか?

個人年金は、基本的には自分で個人的に貯蓄するようなもの、と考えても差し支えありません。つまり、個人年金に加入することによって保険会社があなたに莫大な財産をもたらしてくれるということはなく、貯蓄する代わりに保険会社に保険料を支払続けていれば、保険会社が適度に利息をつけてくれて、時期がきたらきちんと年金として少しずつ支払ってくれる、というだけのものです。

ただ、自分で貯蓄しようと思うとどうしても計画通りにお金が貯められないという人も多いですから、個人年金に入ることによって保険会社にお金の管理をしてもらうというのは一定の意義があるのではないでしょうか。

肝心の保険料ですが、個人年金の返戻率はだいたい高いもので115~116%程度となっています。(30歳男性の場合)
月々12,000円程度、合計510~540万円程度支払って、総額600万円の年金が受け取れる、といった具合です。残念ながら、個人年金でがっぽり儲けるということはできないわけですね。

個人年金に加入しても、とってもお得というわけではありません。ただ、計画的にお金を貯めるのが苦手な人にとっては確実に老後資金を準備する手段としておすすめの方法ではあります。

さらに、個人年金に加入していれば「個人年金保険料控除」というものが使えるので、所得税・住民税を節税することもできます。

また、個人年金の保険料というのは年齢や性別によっても違いますし、もちろん保険会社によっても変わります。個人年金に加入する際には、複数の商品をしっかり比較して検討してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク