Q.養老保険ってどんな保険? A.残念ながら、あまりおすすめできません。

養老保険とは、死亡保険ではなく「生死混合保険」と呼ばれるものです。終身保険や定期保険は「死亡保険」に分類されますが、これらの保険とは違う、ということですね。

養老保険の仕組みとは?

養老保険は生死混合保険の一種で、「生きていても死んでも保険金がもらえる」という一見オイシイ保険のことです

形としては、定期保険と同じように保障期間が決められている保険のことです。たとえば「30年間」というようにあらかじめ期間が決まっていて、その間に死亡することがあれば保険金が支払われます。ここまでは、定期保険と同じですね。

定期保険と違うのは、「決められた期間が終了したら、満期保険金が受け取れる」というところです。定期保険の場合は期間内に死亡しなければそれで終わり、保険金をもらえることはありません。

養老保険は、期間内に死亡すれば死亡保険金が、期間内に死亡することがなければ満期保険金が、支払われる保険なんです。

死亡保険金と満期保険金は同じ金額で、500万円の養老保険に加入していれば、死亡保険金も満期保険金も500万円、ということになります。

すると、生きていても死んでも確実に保険金が受け取れるので、お得な保険という気がしますよね。

養老保険の保険料は高い!

確実に保険金を受け取れるならとてもお得な感じがしますが、そんなに甘くはありません。

養老保険は、確実に保険金が受け取れるという代わりに保険料が高いんです。

わたしたちが受け取る保険金というのは、みんなが支払った保険料を原資にしています。定期保険の保険料が安いのは、期間内に死亡する人の方が少なく、一部の人にだけ保険金を支払えばいいからです。要は、「契約者みんなで、一部の人の保険金をワリカンで支払う」といった仕組みになっています。

一方、養老保険の場合は自分で支払った保険料が、そのまま自分が受け取る保険金になる、と考えても差し支えありません。つまり、30年後に500万円を受け取れる養老保険に加入するというのは、「30年間かけて500万円貯金する」というのとあまり変わらないのです。

30年間かけて500万円貯めるとしたら、利息で増える分を差し引いたとしても12,000~13,000円程度を月々積み立てる必要があります。養老保険の保険料も、これと同じぐらいかかってしまうんです。

養老保険のメリットとデメリット

養老保険は確実に保険金が受け取れる代わりに、保険料が高い保険です。

メリットとしては、「普通に貯蓄するのと変わらないぐらいの保険料を払えば、貯蓄も保険も両方手に入る」という点でがあります。普通に銀行預金をしている場合、30年間で500万円を貯めることはできますが、それまでに死亡すれば500万円を遺族が受け取れるわけではなく、その時点で貯まっているお金だけが相続されることになります。養老保険なら、貯蓄もしつつ保障も得られるので実質0円で保険に入れる、と考えることもできるんですよ。

一方、デメリットとしては「予定利率が低い」という点があります。銀行にお金を預けると利息がつきます。それと同様に、保険の場合も「予定利率」というものによって利息がつく仕組みになっています。実際には、500万円とあらかじめ受け取る金額は決まっているので、「今後見込める運用利益に応じて先に保険料を割り引く」という形で利息をつけているのと同じ効果が得られるようになっています。

ところが、予定利率は低いです。銀行の利率はそのときの状況に応じて上下しますが、予定利率というのはあらかじめ利率が決められてしまっているので、後からいくら景気が良くなったとしても予定利率が低いままなのです。

銀行の定期預金や投資信託など他の方法でお金を貯めた方がお金を増やせるチャンスが大きい、ということですね。

ただし、養老保険にはもう一つメリットがあります。それは、貯蓄と違って、「保険料の支払いが滞ると失効してしまう」という点です。保険料の支払いが滞ってはいけない、とがんばって毎月の保険料を支払い続けることによって、貯蓄が苦手な人であってもお金を貯めやすいというのが魅力なんですよ。

貯金の場合は「今月厳しいから」と言ってつい貯金をサボったり、もしくは今ある貯金を使い込んだりしてしまうことがありますが、保険を利用した貯蓄であればそのようなトラブルを避けることができるので、お金を貯めやすくなりますよ。

とは言え、養老保険は資産運用にはなりませんし、お得な保険とは言えません。その点をよく理解した上で加入するようにしてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積