月額払いだけじゃない!保険料の支払い方法のパターン

保険料は、月々銀行口座から引かれている人がほとんどですが、支払い方法はそれだけではありません。

支払回数や支払経路が選べるので、どんな支払方法があるのかみてみましょう。

まずは支払い回数についてです。

生命保険の保険料は、「月払い」がもっとも一般的です。でもそれ以外に、「半年払い」「年払い」「前納」「一時払」があります。半年払というのは、6か月分の保険料を半年に1回支払うもの。

年払いというのは、1年分の保険料を1年に1回支払うもの。前納は、あらかじめまとまった金額を保険会社に預けておいて、それを保険料に充当してもらうこと。

一時払は、一括払いのこと。となっています。

保険料はまとめて支払うと割引があるので、月払いよりもまとめて支払う方がお得です。

法改正により、半年払いや年払いでも、解約したときには、まだ期日がきていない期間の保険料については返還されるようになったので、ほとんどデメリットはありません。

前納というのはちょっと分かりづらいかもしれませんね。これは一括払いとはまた違って、ただ保険会社にお金を預けておくだけです。

ある程度まとまったお金が手元にあるときには、「50万円預けておくんで、これを保険料として使っておいてください」というイメージで、保険会社に預けておき、保険会社が、保険料に充当してくれます。

これも、途中で解約することがあれば期日前の分のお金はもちろん返ってきますし、まとめて支払う分割引もあります。

一時払は、保険料を一括で支払うもので、途中解約しても支払った保険料は返ってこないのですが、似たようなもので「全期前納」があります。これは、全期間の保険料を先に預けておくものですから、途中で解約しても、お金は戻ります。

貯蓄目的で使用している保険は一時払のものも多いですが、通常の死亡保障や医療保障としての保険であれば、年払いをおすすめします。

年払いにすれば、月払いよりも保険料は安くなりますし、毎月の保険料の負担が軽くなるので、節約をしている人は年払いを選ぶことが多いんですよ。

保険料が月1万円でも、年払いにすると12万円近くになるのでけっこうな負担ではありますが、可能であればぜひ検討してみてくださいね。

次に、支払い経路についてです。

支払い経路は、ほとんどの方は、「銀行口座からの引落」だと思います。でも、他にも支払方法はあるんですよ。

大手の会社などに勤務していれば、給料から引いてくれることもあるんですよ。給料から引いてもらうには、勤務先が保険会社と契約している必要がありますが、保険会社に問い合わせれば、給与引き去りが可能かどうか調べてくれます。

給与引き去りであれば保険料の割引もあるのでもっともおすすめの支払い方法です。

他には、クレジット払いが可能な保険会社もあります。

クレジット払いであれば、カードのポイントもつきますし、保険会社としても取りっぱぐれがないので勧めているところも多いです。生命保険というのは、保険料の支払いが滞納されると失効してしまいます。

失効してからなにかあっても、保障してもらえないのです。クレジット払いの場合は、万一残高不足になっていても、保険会社はクレジット会社から支払ってもらえるので失効の心配がありません。契約者としても安心ですよね。

ただし、クレジット払いにしているからと言って、滞納を繰り返していればクレジットカード自体が止められてしまいますから、きちんと支払うことは大切です。

クレジットカードは、最近が「後リボ」ということができますよね。リボ払いというのは、「月々3万円」などと自分で決めた範囲で支払いをするもので、「今月は支払いがきついからリボにしておこう」と変更することができるんですね。

ただ、これには利息がかかってしまいますので多用はおすすめしませんが、お金が厳しいときには助かるサービスです。

保険料の支払いは、振込用紙による振込も可能ですが、支払い忘れなどもありますし、この方法を選ぶことはないと思います。

保険料の支払いとうのはとても大切です。保険会社はボランティア団体ではなく金融機関ですから、「ちょっと待ってください」と言っても待ってはくれません。

万が一失効してしまった場合、必要な手続きを踏めば復活できることもありますが、とても面倒な手続きですし、失効中に病気やケガをしても万が一死亡したとしても保障してもらえません。

自分が一番支払いやすい方法で、きちんと保険料を納めるようにしましょうね。

保険一括見積