「水害」が補償されない!?火災保険の内容確認を!

火災保険に入っていない、という人はほとんどいないかと思います。火災保険というのは火災などの災害で家や家財に損害があった場合に補償してもらえるものです。

しかし、火災保険に加入しているからと言って、どんな災害に対しても対応できる、というわけではないのです。

火災保険の補償は火災だけではない!

火災保険に加入していても、その補償内容をしっかり把握している、という人は多くはありません。生命保険以上に、無頓着になっている人が多いのではないでしょうか?

火災保険は、自分で吟味して選んだという人は多くありません。たいていは、家を購入するとき・もしくは借りるときに契約の流れの一つとして不動産屋に言われるがままに加入しているはずです。よく中身を確認することがないまま、半ば強制的に加入させられるものなので、いちいち内容まで見ていないんですよね。

しかし、火災保険で補償されるのは火災だけではありません。

たとえば、風災の補償。これは、台風など風によって家や家財に損害があった場合に補償が受けられる、というものです。竜巻被害も、風災に入るとされています。他にも、「ひょう災」「雪災」といった災害も補償されることが多いです。

また、「水漏れ」も補償されます。マンションの上の階から水が漏れてきて天井や床が水浸しになってダメになってしまった、というような場合も、補償してもらえるわけですね。

このように、火災保険では火災以外の災害もいろいろ補償されるのですが、実は「水災」が含まれていないことも多いんです。

洪水や土砂災害が補償されない!?

ここ数年、異常気象なのか、洪水や土砂災害が多くなっています。実際に、洪水被害を経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

でも、火災保険に加入していても水害は補償されないということも多いのです。

水災の補償がついているかどうかによって、火災保険の保険料は大きく変わります。保険会社でも、水災についてははじめからついているのではなくオプション扱いになっていることも多いため、付加されていないことが多いです。

でも、多少火災保険料が高くなったとしても、水災の補償はつけておいた方がいいと思いませんか?火災保険というのはそもそも保険料がさほど高いものではありませんから、万が一のために水災の補償をつけておくのがおすすめです。

特に、洪水や土砂災害になる可能性が高い地域にお住いの方は、ぜひとも水災補償をつけておきましょう。すでにここ数年の大雨で洪水や土砂災害を身近に経験した人はもちろんのこと、今のところ何の被害もなくても水災被害を受ける可能性がありそうなら、付加しておいてください。

自治体の公式サイトなどでは、「ハザードマップ」が公開されています。ハザードマップというのは洪水や土砂災害以外にも、地震や津波、火山といったさまざまな災害に関する地域ごとの危険性を知ることができるものです。

自分が住んでいるところにどういう危険が潜んでいるのかを確認した上で、火災保険でも必要な補償をつけておくようにしてくださいね。

まずは、今加入している火災保険の内容を確認してみましょう。水災補償がついているかどうかも大切ですが、それ以外でも家の補償が「再評価額」になっているか、というのも要確認です。古い火災保険だと「時価額」となっていることもあるのですが、時価額というのはその時点での家の価値に応じた補償しかしてもらえません。同じ家を建てようと思っても十分な金額が受け取れないので、「再評価額」になっているかを確認しておいてくださいね。

さらには、家財に関する補償が十分な金額になっているかどうか、各災害への補償金額が十分な金額になっているか、といったことも併せて確認しましょう。万が一のときのための火災保険なのですから、万が一のときに本当に役に立つものかどうかをしっかり意識してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク