不安にはキリがない!保険料との兼ね合いで生命保険を選ぶ

もし、病気になってしまったら?もし、明日突然死んでしまったら?
大きな病気をして仕事をやめなくてはならなくなったら?

万が一のことがあったとき、お金の心配が一番大きいと感じる人は多いのではないでしょうか?ちょっとした病気で入院した程度であれば、お金がなくて困る、という人は少ないと思います。あまり貯蓄が無い人でも、しばらく節約生活をすれば持ち直せるものです。

しかし、長期入院や大けがなどで、莫大なお金がかかってしまうこともありますよね。

「万が一」に備えるには保険は必要

ちょっとした病気やケガ程度であれば、生命保険に加入していなくても何とかなる人は多いです。でも、生命保険で備えるべきなのは、そういったちょっとした出費ではなく、大きな病気をしたときなどにかかる、莫大な医療費に対してです。

医療費が高額になると、貯蓄ではとても賄えなくなることもあります。また、かかる医療費だけではなく、仕事を休んだ分の収入減を補ったり、子供がいる家庭の場合は子供の面倒をみてもらうためにベビーシッターを頼むなど、さまざまな負担がありますね。

こういった万が一に備えるためには、生命保険は必要です。ただ、「万が一」のための生命保険とは言え、「こんなことが起こったらどうしよう」と悪い想像をするとキリがありません。「いくらあれば安心」というのは一概には言えないんですね。さすがに何億レベルで資産があればなんとかなるでしょうが、1000万円貯金があっても、不幸なできごとが重なれば立ち行かなくなる可能性もあります。

このように、不安にはキリがなく、不安に駆られるがままに生命保険に入ると、とんでもなく保険料が高くなってしまうかもしれません。

今の生活を守りつつ保険にはいろう

いくら万が一への不安が大きいとは言え、今の生活を切り詰めてまで保険料を払うべき、というわけではありません。たとえば、毎月10万円もの保険料を払うために節約生活をして、栄養状態が悪くなって病気になる、なんていうのは本末転倒ですよね。

そこで、今の生活を守りつつ、どれぐらいの保険料であれば支払えるか、ということを考えながら生命保険を選ぶ、と考えてみてはいかがでしょうか?

生命保険を選ぶ際には「必要保障額」と言って、自分の今の家族構成や年収などに応じた最適な保険金額を設定することが必要ではありますが、不安が大きいからと言って、必要保障額以上の保険に無理して加入する必要はありません。もちろん、家計にゆとりがあれば万が一に備えて大きな保険に入っていてもいいのですが、無理に節約してまで加入しても、今の生活を楽しめなくなるだけです。

生命保険に加入する際には、プランナーもあの手この手で不安をあおってきます。不安になるとつい高い保険を選んでしまいがちですが、契約する前には本当にそれだけの保険料を支払っていけるのかをしっかり考えましょう。高額な保険料を支払えばいい、というものではなく、今の生活を守りつつ、十分な保障内容の生命保険に加入するようにしてくださいね。

保険一括見積