解約返戻金が数千円!?解約返戻金がもらえないカラクリとは

生命保険にまつわるトラブルはたまに聞くことがありますが、今回は解約時のトラブルについて紹介したいと思います!

解約返戻金はほとんどないことがある!

生命保険を解約すると解約返戻金を受け取ることができます。今までずっと保険料を支払ってきたのですから当然ですよね。しかし、実際には解約時に解約返戻金がまったく無かったり、あったとしても数千円、なんていうこともあるんです。

長年継続してきた生命保険なら数十万円は解約返戻金があっても良さそうなのに、どうしてこんなことになってしまうのでしょうか?

実は、保険会社が悪いことをしているとか、担当者が解約返戻金をちょろまかしているということはなく、本当に、解約返戻金が無いこともあるんです。

解約返戻金が返ってこない理由

解約返戻金が無い、もしくは非常に少ない、という場合は、以下のような理由が考えられます。

  • 無解約返戻金タイプの商品だった
    解約返戻金が少しぐらいあるだろうと思っていたのにまったく無かった、というケースでは、そもそも契約していた商品が無解約返戻金タイプの商品だった、ということがあります。医療保険などに多いのですが、解約返戻金をなくす代わりに保険料を安くしているので、損をしているわけではありません。
  • 低解約返戻金タイプの商品だった
    終身保険などでは、低解約返戻金というタイプの商品があります。これは、一定期間のあいだ解約返戻金を少なくすることによって後から解約返戻金が増える仕組みのもので、一定期間内に解約してしまうと解約返戻金がかなり少なくなってしまうのdす。
  • 掛け捨ての保険だった
    そもそも、どんな生命保険でも解約返戻金があると思ったら間違いです。生命保険には解約返戻金がある保険と、解約返戻金がほとんど発生しない「掛け捨てタイプ」があるんです。掛け捨てタイプの保険なら、解約返戻金はほとんど付くことがありません。

保障額と解約返戻金の金額は無関係

中には、「3000万円の生命保険を解約するんだから、解約返戻金もけっこうあるはず」と思っている人もいます。でも、それは誤解なんです。いくら高額な生命保険に加入していても、その保険が掛け捨てタイプの保険なら、解約返戻金はありませんし、あったとしても数千円程度です。

むしろ、高額な保険になるほど、解約返戻金が無いタイプのものが多いんですよ。高額な生命保険の場合、解約返戻金があるタイプの保険だと保険料も高額になってしまいます。だから、解約返戻金が無く保険料の安い保険を契約することになり、解約返戻金はほとんど受け取ることができないのです。

逆に、保障額が低い保険の場合は貯蓄性の高い終身保険を契約している人も多く、解約時にもまとまった金額の解約返戻インを受け取れます。

解約返戻金が少ない保険商品とは

では、解約返戻金が無い、もしくは少ない保険とは、どのような保険なのでしょうか?

  • 定期保険(逓減定期保険、収入保障保険含む)
  • 医療保険(がん保険含む)

これらの保険は、生命保険の中でもメインになっていることが多いです。つまり、多くの人が契約している生命保険はたいてい解約返戻金はほとんどない、ということですね。

解約返戻金をたっぷり受け取れる保険というのは、終身保険や学資保険、年金保険など貯蓄性の高い保険です。しかしそれですら、途中解約すると損してしまう可能性も高いんですよ。

解約返戻金がある保険を解約しても損をする?

終身保険など、解約返戻金がある生命保険でも、「解約返戻金がいっぱいもらえてラッキー♪」なんていうことはありません。解約しても、今まで支払った保険料を全額取り戻せるわけではありません。

今の予定利率では、支払った保険料を解約返戻金が上回るのは保険料の払い込みが終了してから数年後です。それまでに解約してしまうと解約返戻金は少なくなってしまうんです。

どうしても解約しなければならない事情が無い限りは、終身保険等の貯蓄性の高い保険は解約しない方がいいと言えるでしょう。

生命保険を解約するときに、解約返戻金を期待しないことです。解約しても解約返戻金はほとんどないか、あったとしても途中解約だと損をすることになるということを理解しておいてくださいね。

保険一括見積