定期保険よりも、収入保障保険の方が保険料が安い理由

生命保険にはいろんな種類がありますよね。その中でも、死亡保障をするための保険が終身保険・定期保険です。ところが最近は、それだけでなく「収入保障保険」というものも出てきました。収入保障保険は終身保険や定期保険よりも割安なのが特徴ですが、安い分損をしていることはないのでしょうか?

死亡保険それぞれの違いとは

【終身保険】
終身保険は、保障が一生続く保険のことです。保険料の支払いは60~65歳ぐらいで終わるのが一般的ですが、保険料の払い込みが終わったあとも保障は一生続くので、いつ亡くなっても保険金が受け取れます。人はいつか必ず死にますから、確実に保険金を受け取れる保険と言ってもいいでしょう。

ただ、確実に保険金を受け取れるということは、保険料も高くなる、ということです。保険料を総額100万円しか支払っていないのに、1000万円もの保険金を払っていたら保険会社は倒産してしまいますよね。終身保険の保険料は普通に貯蓄するのと同じぐらいになっていて、900万円程度払って1000万円受け取れる、というレベルのものですから、あまり高額な終身保険を契約する人は多くありません。

【定期保険】
定期保険は、終身保険とは違って一定期間のみを保障する保険です。終身保険とは対照的に、保険料が安いのも魅力です。その代り、一定期間内に死亡しなかった場合には当然保険金を受け取ることはできず、解約返戻金もほとんどない「掛け捨て」の保険です。

定期保険は、「子供が成人するまでのあいだ」など、大きな保障が一時的に必要な人にとって便利な保険なんですよ。保険料も、1000万円の保険なら2千円弱で契約できます。(保険料は年齢によって違います)

【収入保障保険】
収入保障保険は、定期保険の一種です。定期保険と同じように一定期間のみを保障するのが目的です。定期保険と違うのは、保険金の受け取り方です。

終身保険や定期保険であれば、「1000万円」「3000万円」というように保険金を決めますが、収入保障保険の場合は「月額5万円」「月額10万円」というように、月額で決めます。そして、死亡時にも保険金を一括で受け取るのではなく、お給料のように毎月決まった額を受給する形になっているんです。

そのため、「自分が死んだあとの、家族の生活費を補てんする」という目的で契約されることが多い保険なんですよ。

収入保障保険が安い理由

定期保険が終身保険よりも安いのは、定期保険の場合は保険金を受け取れないことの方が多いからです。定期保険は一部の「若くして亡くなってしまった人」のみに保険金が支払われるだけですから、少しの保険料でも保険会社が困ることはありません。

それと同様に収入保障保険も保険料は安いのですが、同程度の保障を持つ場合、定期保険よりもさらに保険料が安くなっています。

その理由は、収入保障保険は、少しずつ保障額が減っていく保険だからです。

収入保障保険は「月額○万円」という形で契約しますよね。すると、必然的に受け取れる金額の総額は徐々に減っていくんです。

30年間の収入保障保険を、月額10万円で契約した場合で検証してみましょう。
契約した当初は、今後30年間ずっと毎月10万円受け取れるということになるので、総額3600万円ということになります。そして1年後には、残りは29年分なので、総額3480万円。10年経った頃には残り20年になっているので、総額2400万円。このように、毎月少しずつ総額が減っていくので、「一定期間のあいだならいつ死んでも一律○千万円」と決まっている定期保険よりも、保険料は安くなるんです。

そして、保障額が徐々に減っていくからと言って、損をしているわけではありません。

収入保障保険なら無駄が無い

収入保障保険は、保障が減っていくから損だ、と言う人がいます。しかし、それは間違いです。

普通、生命保険に加入するときには、「自分にはいくらぐらいの保障が必要か?」ということを考えます。死亡保障には「子供の教育費」「自分の葬儀代」などの種類がありますが、もっとも大切なのが「家族の生活費」です。

遺族年金や配偶者の収入だけでは足りない分は、生命保険で補う必要があるものです。たとえば、家族が普通に暮らしていくためには30万円必要だとします。そして、遺族年金の受給額が20万円、配偶者の収入が毎月5万円だとしたら、合計25万円なので毎月5万円ずつ足りないことになります。

現在、子供(末子)が2歳の場合、大学をストレートで卒業するまであと20年ありますから、20年分の生活費を生命保険で準備しなくてはなりません。

月々5万円の赤字が出るなら、20年分では5万円×12か月×20年間=1200万円となります。でも、あなたがすぐに死亡する確率は低く、今後も生き続けたとしたら、必要なお金は減っていくはずです。1年後には、残り19年分のお金さえあれば大丈夫ですし、10年後には残り10年分のお金があれば十分です。それなのに、定期保険の場合は「1200万円」で契約すればいつ死んでも保険金は一律1200万円で、過剰な保障になってしまうのです。

この不要な部分にまで保険料を払わなくてはならないので、収入保障保険よりも定期保険の方が割高になります。実際に必要な費用に応じて無駄なく保険を備えるなら、定期保険よりも収入保障保険の方が向いているということがお分かりいただけたと思います。

このように、収入保障保険は、安いからと言ってダメな保険なわけではありません。むしろ、無駄なく死亡保障が準備できる優秀な保険なので、ぜひ「一定期間だけ必要な保障」には収入保障保険を使ってくださいね!

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積