夫に万が一のことがあっても、遺族年金や貯蓄があれば生命保険は要らないのか?

生命保険の必要性を感じていない人も多いようです。「ちゃんと貯金していれば大丈夫!夫に万が一のことがあっても遺族年金があるんだから!」そう考えていませんか?

遺族年金でいくらもらえるか知っていますか?

配偶者に万が一のことがあった場合、遺族年金を受給することができます。しかし、遺族年金というのは、今配偶者がもらっている給料よりも少ないのです。

受給できる遺族年金の金額は、加入している年金の種類や給与(標準報酬月額)によっても変わりますが、ここではいくつか例を挙げましょう。

まず、自営業などで国民年金のみ加入の配偶者の場合。
標準報酬月額が25万円だとしたら、子供の人数のよって以下のようになっています。

  • 子供が一人……84,400円
  • 子供が二人……103,258円
  • 子供が三人……109,542円

次に、厚生年金加入の配偶者の場合。
標準報酬月額が25万円だとしたら、子供の人数によって以下のようになっています。

  • 子供が一人……202,645円
  • 子供が二人……240,361円
  • 子供が三人……252,929円

このように、国民年金のみの人だと、到底生活できる金額ではありませんよね。また、厚生年金の場合は子供が2~3人いれば今の配偶者の給料と同じぐらいの水準で受給できますが、子供が一人の場合はちょっと少なく感じると思います。

ただ、この受給額で子供をちゃんと育てることができるのかどうかは考えておかなくてはならないでしょう。子供が小さいうちは大してお金がかかりませんが、子供が大きくなれば教育費もかさんできます。

子供が一人で月に20万円程度の遺族年金を受給していても、住居費や生活費がかなり安くない限りは、教育費を捻出するのは難しいでしょう。残された配偶者がパートで働く程度では賄いきれず、フルタイム並みに稼がなくては十分なお金を準備できないと思います。

特に専業主婦だった人の場合は、すぐに仕事が見つかるとも限りませんし、仕事が見つかっても収入のいい仕事に就けるわけでもないので注意が必要ですね。

持ち家なら生命保険は要らない?

持ち家の場合、住宅ローンが無ければ住居費がかからない分、生活費は少なくて済みます。また、住宅ローンがある場合も、通常は住宅ローンを申し込む際に団体信用保険に加入しているはずですので、契約者が死亡した際には住宅ローンの返済は不要んあります。

住居費がなければ生活費もかなり抑えられますね。ただし、「遺族年金だけでは生活がカツカツ」という場合には、注意が必要です。子供の教育費がかさんでくることも心配ですが、持ち家の場合は修繕費がかかることもあると思います。今はまだ新しい家でも、20~30年すれば確実にリフォームが必要になりますし、リフォーム代を貯金しておけるだけの収入は確保しておきたいところです。

夫に万が一のことがあったあとの生活費を予測した上で、遺族年金だけでは不足しそうな分だけでも生命保険に入っておいた方が、安心できるのではないでしょうか。

夫の生命保険は少額でいい人も多い

夫というのは一家の大黒柱ですから、生命保険も当然高額なものに加入している人が多いものです。たしかに、一昔前のように妻が専業主婦で、生活費をすべて夫の収入でまかなっている場合は、生命保険でしっかり備えておく必要がありました。

しかし、現在は共働きの家庭が多く、妻にも多少の収入があれば遺族年金と合わせて十分やっていける家庭も多いですよね。それでも、多少は不足する家庭が多いので、少額の生命保険に加入しておけば安心できるでしょう。

たとえば、月5万円の収入保障保険なら、30歳の男性で月々2,000円程度で加入できます。さらに、子供の教育資金として一人あたり500万円の定期保険に加入するとしても800円ぐらいの保険料です。夫の生命保険に1~2万円支払っている家庭も多いですが、実際にはそこまで高額な生命保険でなくてもいいかもしれませんね。

筆者個人の考えとしては、生命保険はたいていの家庭では必要だと思います。しかし、別に高額な生命保険である必要はなく、医療保険などを合わせても5~6千円程度の保険料で入れるようなものでも十分な家庭は多いはずです。勧められるがままに生命保険に加入して高額な保険料を払っているという人は、ぜひ一度保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積