保険料を年払にすることのメリット・デメリット

保険料は、月払にしている人が多いと思います。でも、保険料の払い方は月払だけではありません。では、月払ではなく、年払にすることのメリットとは何なんでしょうか?

保険料の払い方には種類がある!

まず、みなさん当然のように月払をしていると思いますが、それ以外の保険料の払い方について紹介しましょう。

  • 月払
  • 半年払い
  • 年払い
  • 一括払い
  • 前納

保険料の払い方にはこれだけの種類があるんです。

半年払いは、半年に1回、半年分の保険料を支払うものです。年払は、1年分の保険料を1年に1回払います。

一括払いは、その保険にかかる保険料をはじめに一括で支払うものですが、普通はあまり選ばれません。ただ、資産運用目的での終身保険などでは、一括払いにすることがあります。

前納というのは、保険料をある程度まとめて保険会社に預けるものです。たとえば、「貯金がけっこうあるから」といった理由で数年分の保険料をまとめて保険会社に預けると、保険会社が保険料の支払をしていってくれるというものです。前納だと保険料が若干得になるので、貯蓄にゆとりがある場合に選ばれることがあります。

年払にすることのメリットとは

年払にすることのメリットは、なんと言っても保険料が割引になる、ということです。

月払の場合に比べると、半年払い、年払いの方がお得になります。
保険料を節約したいという人は、ぜひ年払にしましょう。

どれぐらい節約になるかは保険商品や保険料によっても違いますが、だいたい、1年分の保険料が11.6~11.7か月分で済む場合が多いです。つまり、月払で1万円の保険料であれば、12か月分だと12万円になりますが、割引きによって11.6~11.7万円程度の保険料になり、数千円お得になる、ということですね。

年払にすることのデメリットとは

逆に、デメリットというのは、「年に1回大金を支払わなくてはならない」ということです。

月払であれば、毎月引落があるので特に負担を感じることなく、楽に支払を続けることができます。しかし、年払にしてしまうと年に1回大金を支払うことになるので、負担が大きくなってしまうのです。年払の支払日がボーナス直後であればいいのですが、ボーナスがないという人もいますし、日頃からコツコツお金を積み立てておかないと、保険料の支払に困ってしまう人がいます。

つまり、ボーナスが無い仕事の人で、しかも家計のやりくりが苦手だと言う人の場合は安易に年払を選ばない方がいいと言えるのではないでしょうか。

途中で解約したら、年払保険料はどうなるの?

年払というのは、今後1年間の保険料を支払うことになります。つまり、途中で解約してしまうと、まだ到達していない時期の保険料まで取られてしまうことになるんですよね。

これでは、得だとは言えません。

ただし、2010年4月以降に契約した保険の場合は、このデメリットがありません。最近契約した保険の場合は、途中で解約したとしても未到達の月の保険料は返還されることになったんです。

それ以前に契約した保険の場合は年払にしていると途中で解約しても保険料の返還は無いので、「確実に解約することはないだろう」という保険だけを年払にするようにしてくださいね。解約する可能性がある保険の場合は、月払のままにしておいた方が損をしなくて済みますよ。

保険一括見積