シングルマザーが再婚したときには必ず生命保険の見直しを

シングルマザーが再婚したとき、生命保険も見直しが必要です。家族構成が変わると、必要な保障も当然変わってくるものですよね。特に再婚後は保障を減らして保険料を安くできることもあるので、忘れず見直しをしてくださいね!

必要保障額を見なおそう

生命保険には医療保障や死亡保障などいろいろな保障内容がありますが、特に重要なのが死亡保障です。シングルマザーが再婚した場合には、この死亡保障を減らすことが可能です。

シングルマザーの場合は自分に万が一のことがあったときのことを考えて子供が生活していけるだけのお金をたくさん遺す必要がありますが、再婚した場合は夫がいるので、そこまで多くのお金を残す必要がない場合も多いのです。

夫が普通に働いていればそれなりに収入はありますから、場合によっては特に死亡保障がなくても、夫の収入だけで子供を養っていくこともできるかもしれません。その場合には、今契約している死亡保障の生命保険は解約しても差し支えありません。

また、そこまで多い収入でなくても、夫の収入で不足する分だけを生命保険で準備すればいいので、必要保障額はかなり減るでしょう。たとえば、シングルマザーのときに3000万円程度の死亡保障を用意していたとしても、夫の収入である程度まかなえる場合は1000万円程度の保障で十分、というように必要な保障は変わるので、今契約している生命保険を減額したり、もしくは別の生命保険に乗り換えてもいいでしょう。

自分と子供の医療保障は?

医療保障は、そもそも必ずしも必要なわけではありません。シングルマザーでも、ある程度貯蓄があれば医療保険に入る必要はなく、再婚したからと言って新たに加入しなければならないということもありません。

再婚しても、生活にゆとりが無い場合は医療保険には加入しておいた方がいいでしょう。でも、ある程度の貯蓄があるなら解約してしまってOKです。ちなみに、「ある程度の貯蓄」というのは200~300万円程度。これぐらいあればたいていのことには対応できるはずです。

夫の生命保険を考える

再婚したら、夫の生命保険は保障を充実させる必要があります。再婚したら、普通は家計が一緒になりますから、夫に万が一のことがあると自分や子供の生活に影響が出てしまいますよね。

夫に万が一のことがあった場合に、今と同じ生活ができるでしょうか?「シングルマザーでもなんとかやってこれたから、夫に万が一のことがあっても大丈夫」という人もいると思いますが、パートなどであまり収入が多くない人の場合は、夫にも生命保険があった方がいいでしょう。

また、再婚後に新たに子供が生まれた場合は、必要なお金も増えますから、シングルマザーのときよりも生活にゆとりはなくなります。このことも考えた上で、生命保険への加入を検討してくださいね。

再婚する人は、「今度こそ離婚しないようにしたい」と思っている人も多いと思いますが、そのためにはお金のことについてもきちんと夫婦で話し合っておく必要があります。再婚したらなるべく早めに夫婦で話し合い、それぞれに必要な保険を準備するようにしてくださいね。

保険一括見積