生命保険は「プロに相談すれば安心」とは言えません

生命保険は、どれを選んでも同じ、ということはなく、自分に合ったものを設計してもらわなければ意味がありません。そこで、最近は来店型保険ショップやファイナンシャルプランナーに相談した上で慎重に保険選びをする人も増えているようです。ところが、プロに相談したからと言って、その保険さえあれば安心、ということはないのです。

生命保険加入時にはプロへの相談が必須です!

最近はネットから生命保険の申込もできるようになりましたが、独断で生命保険を契約するのはおすすめできません。生命保険は、十分な知識が無いと、自分に合った保険がどれか分からず、必要な保険が契約できていなかったり、不要な保険を持ちすぎているようなこともあります。

では、生命保険のプロとはどのような人でしょうか?

生命保険は、誰でも簡単な知識さえあれば販売資格が取れるので、保険会社の人なら誰に相談してもいい、ということはありません。最低限の資格をとっただけで保険を販売している人もいれば、FP資格など関連する資格をとったりして豊富な知識を持って働いているプロもいます。

「保険を販売している会社・人であればだれでもプロだ」とは思わないようにしましょう。

保険のプロを探すには?

保険のプロというのは、以下のようなところで探すことになります。

  • 保険会社のプランナーに依頼する
  • 保険ショップのプランナーに依頼する
  • 独立系FPに相談する

まず、保険会社のプランナーですが、一番当たりハズレが大きい方法だと言えます。保険会社のプランナーになるには、先ほど述べたように最低限必要となる資格が必要ですが、それさえあれば、プロとして保険を販売することができます。この資格を持っているだけでは到底良い提案ができるとは言えない資格で、この資格しか持っていない人に依頼しても、良い保険に出会える可能性は低いです。

保険会社のプランナーには初心者レベルの人から、上級レベルの人までさまざまな人がいて、運よく上級のプランナーに当たらないと、良い保険に入れないというデメリットがあるんです。保険会社でも、最低限の資格だけでなくさまざまな関連資格の取得も推奨しているのですが、実際にはたくさんの資格を持っているプランナーというのはあまり多くありません。

次に、保険ショップのプランナーです。保険ショップとは、最近よく見かける「ほけんの窓口」などのお店のことで、たくさんの保険会社の商品を取り扱っているので、一つの保険会社に縛られることなく、たくさんの商品の中から自分に合った商品を探すことができます。

保険ショップのプランナーの場合、採用基準として「FP2級以上」というようにある程度ハイレベルな条件を課しているところも多いので、保険会社のプランナーに比べると全体的にレベルが高く、大ハズレのプランナーに当たることはほとんどないかと思います。

そして、独立系FPに相談する、という方法もあります。
FPというのはファイナンシャルプランナーのことで、生命保険だけでなくお金に関するスペシャリストです。ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人は保険会社にも保険ショップにもたくさんいますが、独立系FPというのはそういった組織に属さずに、お金に関する相談を専門的におこなっている人のことを言います。弁護士事務所と同じようにFP事務所というものがあり、そこで相談することが可能です。

独立系FPの場合は生命保険に限らず、今後のマネープラン全体に関して相談することができて、知識量も多いので、ただ保険に入るということだけでなく、その人のマネープランやライフプランに合わせた保険を提案してもらうことが可能なんですよ。ただ、独立系FPの場合は保険商品自体の知識が豊富ではない、というデメリットもあります。

理想の保険の選び方

以上のことを踏まえて、良い生命保険を探すにはどのようにすればいいのかを考えてみましょう。

生命保険を選ぶ上でまず必要となるのは、今後のライフプランやマネープランを考えることです。つまり、はじめは独立系FPに相談することをおすすめします。保険ショップがおこなっている無料相談とは違って有料になりますが、本当に価値のある情報というのは無料でもらえると考えてはいけません。お金のプロに相談して、自分に必要な生命保険を見きわめましょう。

そして、その後にFPからのアドバイスをもとにした保険商品を探します。この際には、保険会社のプランナーよりも、保険ショップの方がおすすめです。保険ショップで、FPにアドバイスをもらった通りの条件を満たす商品を探してもらい、契約すればかなり自分に合った保険になるはずですよ。

特に、現在特定の保険会社のみで生命保険を契約している人は、保険を見なおした方がいい可能性が高いです。言われるがままに契約しているとまったく自分に合っていない保険になっていることも多いので、かならずしっかり手間暇をかけて、自分に合った保険を探すようにしてくださいね。

保険一括見積