学資保険を安易に契約する前にしっかり考えておこう

「子供が生まれたから、学資保険に入らなくちゃ」

そう考える人は未だに多いようです。でも、「子供が生まれた=学資保険に入る」という考えは少々危険です。なぜなら、学資保険に加入しなくても教育資金を貯めることはできますし、学資保険を利用しない方がお金が貯められるという人もいるからなんです。

学資保険を利用しなくても教育資金は準備できる

学資保険というのは、あくまでも教育資金を貯める方法の1つであって、学資保険を使わなければ教育資金が貯められないというものではありません。

普通に銀行に預金をしていても、十分な教育資金を貯めることはできますし、実際に学資保険を利用していない人だってたくさんいます。「学資保険の方が返戻率がいい」とも言われますが、そうとも限りません。

たしかに普通預金の利率と比べれば学資保険の方が有利ではありますが、利率の高い定期預金等を利用していれば普通に預貯金で教育資金を貯める方がお得な場合もあるのです。

問題は

  • こまめに移し替えができるか
  • お金を使い込んでしまうことがないか

という2点です。

学資保険よりも有利な利率でお金を貯めるには、一つの口座に貯めっぱなしにするのではなく、こまめに金利情報をチェックして、より高い金利のところへ移し替える必要もあります。こまめに移し替えができないという人は、学資保険の方がお得になります。

また、学資保険と違って、預貯金の場合はいつでも引き出すことができるので、お金にゆとりが無いときには「少しだけ……」とお金を引き出してしまうこともあります。ずるずると少しずつお金を引き出していくうちに、予定通りに教育資金が貯まらずに子供の進路にも影響を与えてしまうことになるかもしれないのです。

試しに学資保険を使わずに貯金してみる、というのはおすすめですが、自分に合っていないと思う場合はすぐに学資保険にしてしまうのがいいと思いますよ。

学資保険は解約すると損をします!

「学資保険に加入してから、やっぱり普通に貯金するっていうのは?」と考える人もいると思いますが、それではだめなんです。

なぜなら、学資保険は一度契約してしまうと、その後解約するのは損になるからなんです。

預貯金であれば、いつでも引き出しができますし、時間内であれば手数料も無料です。ところが学資保険の場合は、そうはいきません。

一度契約した学資保険は、解約するとお金が戻ってこないのです。通常、学資保険を解約する時には解約返戻金がありますが、預貯金を引き出すのとは違って学資保険の解約返戻金は、今までに支払った保険料が返ってくるわけではないので金額が目減りしてしまうのです。

どれぐらい目減りするのかは解約の時期によって変わりますが、契約してからの期間が短いほど解約返戻金は少なく、契約してすぐに解約、となると1円も返って来ないということもあるんです。

というのも、学資保険をはじめ生命保険の保険料には、純粋に保険のために使われる保険料と、「付加保険料」と言って生命保険を継続していくための手数料にあたる費用が入っているからなんです。たとえば人件費など、生命保険を維持する上で必要な経費は当然返ってくることはありませんから、解約しても全額返金されることはないんですね。

つまり、「学資保険に加入したけどやっぱり解約して自分でお金を貯めることにした」という方法だと損をしてしまうんです。それなら、「まずは自力で貯金してみて、うまくできなさそうなら学資保険に加入する」という方法の方が損がありません。

ちなみに、生命保険は契約から8日以内であればクーリング・オフが適用されるので解約返戻金ではなく、はじめに支払った保険料が全額返金されます。

学資保険を解約するならこのクーリング・オフの期間内に早急に解約を申し出るようにしてください。

安易に学資保険を契約してしまうと、後から他の方法で貯金をやり直そうと思っても損になることがあるので、契約前に十分に検討してから決めてくださいね。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積