学資保険を使わずに教育資金を貯める方法

学資保険に加入しないと教育資金が貯められない、ということはありません。学資保険を使わなくても、教育資金を貯めることは可能です。

学資保険を解体してみよう

学資保険というのは、複数の機能が組み合わさった商品です。
それらの機能を満たすことができれば、別に学資保険を使う必要はない、というわけですね。

  • 教育資金を貯める貯蓄機能
  • 子供の医療保障機能
  • 親の死亡保障機能

教育資金を貯める貯蓄機能

学資保険の場合、子供の進学時期に合わせてお金を貯めることができます。主に2タイプあり、1つは大学進学時に合わせてまとめて学資金が受け取れるタイプ、もう1つは中学入学、高校入学など大学進学時以外にもお祝い金が出るタイプです。
もちろん、中学入学時などにもお祝い金が受け取れるものは、それだけ保険料も高くなります。

では、学資保険を使わずに教育資金を貯めるには、どうすればいいのでしょうか?

お金を貯めるなら、普通は銀行預金ですね。ただ、普通に銀行に貯めているだけではなかなか難しいものです。そこでおすすめなのが、自動積立定期預金です。自動積立定期預金とは、毎月決まった金額を定期預金に振り替えてもらう仕組みのことです。

これなら学資保険と同じように、毎月一定額を計画的に貯められるので、貯蓄が苦手な人でも取り組みやすいのではないでしょうか?

また、定期的に貯蓄するわけでなくても、「ボーナスは全額教育資金にまわす」「家計のプール金がある程度貯まったら少しずつ教育資金用の口座へ移す」など他にも貯め方はあります。ただし、貯蓄が苦手な人の場合はついお金を使い込んでしまったりする可能性もあるので、「ダメだ」と思ったらすぐに方法を改めましょう。

子供の医療保障機能

学資保険の中には、子供の医療保障が付いているものもあります。子供が入院したり手術をした場合に給付金が受け取れる、というわけです。

子供の医療保障は、子供でも加入できる医療保険に入ればそれでOKです。

また、医療保険には加入しない、という手もあります。というのも、子供の場合は公的な保障制度によって医療費が無料という自治体も多いですし、医療費はほとんどかかりません。

かかるとすれば、子どもが入院したために親が仕事を休まなくてはならなかったりすると、収入が減ってしまったり交通費などでお金がかかったりしてしまいます。

生活がカツカツで少しでもお金がかかると家計に大打撃がある、という場合は医療保険に加入しておいた方が安心かもしれませんが、多少の貯蓄があるならわざわざ医療保険に加入しなくても、子供の医療費は賄えるはずですよ。

親の死亡保障機能

学資保険は、契約者である親が死亡した場合はその後の保険料の払い込みが免除になります。つまり、まだ10万円ぐらいしか保険料を支払っていなくてもはじめに契約した100万円なり200万円なりの学資金が受け取れるので、生命保険と同じような働きがあると言えます。

でも、親の死亡保障なら、普通の生命保険で賄うことができますよね。
学資保険の保障額は数百万円程度ですが、普通の生命保険なら数千万円レベルの保障を得られるわけですから、わざわざ学資保険を使わなくても、生命保険に加入しておけば良い、ということになります。

子供が生まれたら、親自身の生命保険も見直しが必要だと言われています。もし、子供が大人になるまでに自分が死亡してしまえば、子供の生活費や教育費が支払えなくなってしまうため、保険をかけておくのです。

生命保険は、もし自分が死んでしまったとしても子供が十分に生活していけて、進学もできる程度の金額を設定しておく必要があります。

「だいたい3000万円ぐらいかな」とアバウトに考えるのではなく、子供の人数や、想定できる進学先(私立なのか、理系なのか、など)に合わせて一人ひとり設計しなければなりませんから、ネット生保などで適当に選ばずに、かならず専門家に相談した上で保障額を決めてくださいね。

学資保険を使わない場合は

このように、学資保険を使わずに教育資金を用意するには、ただお金を貯めるだけではなく、子供の医療費や親の死亡保障も併せて考えなくてはなりません。

基本的には、学資保険を使わないのであれば、親の死亡保障は生命保険でしっかりと用意した上で、預貯金で貯めていくのがおすすめです。

ただし、人によっては貯蓄では上手に貯められない人もいますし、学資保険を使った方がいいという場合もあります。学資保険は途中で引き出したりすることができないので不便な面もありますが、お金を貯めるのが苦手な人にとっては学資保険も選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

人によって合う方法は違うので、自分に合った方法がどれなのかを考えてみてくださいね。

保険一括見積

保険の選び方で失敗しないための3ステップ