「学資保険はいらない」というのは本当なのか?

生命保険の中でも、「子供が生まれたらまず加入すべき」と言われてきたのが学資保険です。学資保険は子供の教育資金を計画的に貯めることができる保険のことですが、最近は「学資保険は必要ない」と言われることも増えています。

学資保険がいらないと言われる理由

学資保険は、貯蓄機能と保障機能を兼ね備えた保険商品です。同じように2つの機能を兼ね備えている保険としては、終身保険や個人年金保険があります。

学資保険がいらないと言われる理由としては、以下のようなものがあります。

  • 学資保険だと元本割れすることがある
  • 学資保険よりも預貯金の方がお金が貯まる

学資保険の元本割れとは?

学資保険に加入する際に、重視しなければならないと言われているのが「返戻率」です。つまり、支払った保険料に対して、いくら戻ってくるのか?ということですね。保険料の総額が100万円で、受け取れる学資金の総額が110万円なら、返戻率は110万円になります。

一方、100万円支払ったのに90万円しか受け取れないような学資保険も存在しています。これがつまり元本割れと言われるものです。

元本割れする学資保険には、子供が入院した際の医療保障などがついていて、その分の保険料が引かれる分、学資金として受け取れるお金が減ってしまう、というわけです。

ただ、最近の学資保険で元本割れする商品はかなり少なくなっています。返戻率の高い学資保険も多いですし、返戻率が100%以上のものを選べば問題はありませんよ。

預貯金の方がお金が貯まる?

学資保険をはじめとする生命保険商品には、「契約時の利率がずっと続く」という特徴があります。銀行でお金を預けると、利率は変動していますよね。高くなることもあれば、低くなることもあります。

ところが、学資保険に加入すると契約したときの利率がずっと続いてしまいますから、その後銀行の利率が高くなったとしても、学資保険の利率は上がらないままで損をしてしまう、というわけです。

たしかに、今後大幅に利率が上がるようなことがあれば、損だと言えますね。しかし、実際にはそこまで大幅に利率が上がるとは考えられにくく、上がったとしても多少なので、あまり気にしない方がいいと思います。

お金を増やすには知識が必要です

学資保険はいらない、という人の多くは、「もっといい貯め方がある」「投資をすべき」といったことを言う人も多いのですが、上手にお金を増やすには、知識も必要になります。

しかし、そこまで勉強に時間を割ける人はそういないと思います。「じゃあがんばって勉強してみようかな」と思っても、多くの人は挫折してしまいます。

挫折するということはつまり、お金を上手に増やせなかったということですから、「はじめから学資保険にした方が得だった」ということになってしまいやすいのです。

子供が生まれてすぐに学資保険に加入するのではなく、1~2年程度は自力で貯金したり運用したりしてお金を増やす勉強をするのはいいと思いますが、手ごたえを感じられないのであれば早めに学資保険に加入してしまった方がお金は貯まりやすいと言えるでしょう。

学資保険は、たしかに十分な知識がある人にとっては効率の悪い貯め方ではあります。しかし、実際には十分な知識を得るために時間もかかりますから、現実的に考えれば学資保険に加入した方が着実にお金が貯められます。

学資保険がいらないという意見に流されるのではなく、本当に自分にとって学資保険が必要ないのかどうかをしっかり考えてくださいね!

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積