クレジットカード付帯の海外旅行保険、家族も補償してもらえる?

海外旅行に行く際には必ず海外旅行保険に加入するものですが、クレジットカードにも付帯していることが多く、あえて他の海外旅行保険には加入しない、という人もいるかと思います。では、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、家族の補償もしてもらえるのでしょうか?

子供は補償されない!?

クレジットカードの海外旅行保険の場合、基本的にはカードの所有者本人のみが補償の対象になります。ただ、家族カードを発行することによって、家族も補償の対象にすることができるんです。

家族カードを無料で作ればタダで家族分の海外旅行保険がついてくるということになるので、かなりお得ですよね。ちなみに、利用付帯と言って「旅行代金をクレジットカードで決済しないと海外旅行保険がつかない」というタイプのカードもありますが、この場合は一人がクレジット決済すれば、家族カードを持っている人も対象になるので安心してくださいね。

ただ、問題となるのが18歳未満の子供です。18歳未満の子供は当然クレジットカードを持つことはできません。家族カードが作れないので、海外旅行保険の対象にもならないんです。

ゴールドカードなら子どもも対応!

18歳未満の子供がいる場合は別途海外旅行保険に加入しなければなりませんが、それだけのために出費が増えるのはもったいない気もしますよね。でも、クレジットカードでも、ゴールドカードなら家族特約が使えます。

ゴールドカードでも「初年度年会費無料」という場合もありますし、実質無料で海外旅行保険に加入できる、と考えることができますね。

家族特約なら18歳未満の子供でも海外旅行保険が使えますから、ゴールドカードを所有している人はぜひ補償内容を確認しておきましょう。(海外旅行保険が付いていても、補償内容が十分でないことがあります)

別途海外旅行保険に加入した方がいい場合も

クレジットカードに付帯している海外旅行保険だけでは、補償内容が足りない場合が多いものです。特に小さい子供は海外に行くと体調を崩すこともありますよね。

ちょっとした風邪でも、病院に行くと日本の医療費よりも高額な費用を請求されるので痛い出費になってしまうのは間違いありません。

補償が少ない海外旅行保険だと、子供のトラブルに対応できないことがありますから、大人よりもむしろ子どもの方が厚い補償をしておかなくてはならないのです。

海外旅行保険は行き先や日数によっては少し高額になってしまうかもしれませんが、海外で病気やケガなどの医療費がかかったりトラブルに巻き込まれた場合はもっと高額な費用がかかってしまいます。

小さいお子さんはいる人は特に、海外旅行保険の保険料はケチらずに、ある程度補償が充実したものに加入してくださいね。なお、クレジットカードの海外旅行保険と一般の海外旅行保険の補償は合算することができるので、万が一の際には両方使えます。クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償内容を確認した上で、足りない分を他の海外旅行保険で補うといいですよ。

保険一括見積