海外旅行保険、クレジットカードに付帯しているものは使えるの?

海外旅行に行く際には、海外旅行保険への加入をするのが一般的です。でも、数日間の旅行のためにわざわざ保険に加入するのももったいない、と思う人もいると思います。

大人の場合、クレジットカードを持っている人も多いですよね。そして、クレジットカードには海外旅行保険が付帯していることがあるんです。

クレジットカードの保険を確認してみよう

クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているかどうかは、カード会社の公式サイトを確認すれば分かります。「楽天カード 海外旅行保険」というように検索すれば、すぐにわかりますよ。

海外旅行保険が付帯している場合でも、「自動付帯」と「利用付帯」にの2種類があります。自動付帯であれば、自動的に海外旅行保険が付いているのですが、利用付帯の場合は注意が必要です。

利用付帯とはつまり、「海外旅行に関する料金をクレジットカードで支払うこと」という条件を満たさないと、海外旅行保険が付かない、というものです。海外旅行に関する費用というのは、ツアー代金や航空チケット代などのことで、全額ではなく一部の支払でも適用されます。

たとえば、ツアー代金の一部を申込金としてクレジット決済し、残金を銀行振込で支払ったという場合ですね。どのような費用の者来が対象になるのかは、カード会社の公式サイトで確認しましょう。

補償内容を確認しておこう

クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているとしても、補償内容が十分でない場合もあります。

死亡補償、傷害治療補償、疾病治療補償、賠償責任補償、携行品損害補償、救援者費用補償といったそれぞれの補償内容が十分あるかを確認してください。

クレジットカードの海外旅行保険の補償内容として一般的なのは、以下の通りです。

死亡補償……最高2000万円
傷害治療……最高200万円
疾病治療……最高200万円
賠償責任……最高2000万円
携行品損害……最高20万円
救援者費用……最高100~200万円

一方、一般的に販売されている海外旅行保険の場合、大きく違うのは傷害治療・疾病治療、それから救援者費用です。みなさんも、「アメリカだと盲腸で手術しただけでも100万円以上かかる」なんて話を聞いたことがあると思います。日本では考えられないことですが、海外ではちょっと入院しただけでも数百万円の費用がかかることもあるため、クレジットカード付帯の保険だけでは不十分な場合もあるんです。

さらに、カードによっては死亡補償しか付いておらず、その他の補償はない、というものも存在します。特に大事なのは疾病・傷害治療なので、ここの補償内容をしっかり確認しておいてくださいね。

クレジットカードを2枚以上持っている場合

クレジットカードを2~3枚所有している人は多いと思いますが、それぞれの海外旅行保険が付帯している場合は、それらの補償内容を合算することが可能です。

死亡補償以外は合算することができるので、疾病や障害の限度額が200万円でも、3枚のカードがあれば全部でえ600万円分の補償を持つことができる、というわけですね。

キャッシュレスの有無

クレジットカード付帯の海外旅行保険の中には、キャッシュレス機能が無いものもあります。

通常、日本で入院や手術があった場合、窓口で費用を支払い、後日保険会社に給付金を請求しますよね。しかし、海外で莫大な治療費がかかった場合は、とりあえず全額支払う、ということが難しくなります。

キャッシュレス機能とは、窓口での支払いを不要にして、保険を使って後払いにできる、という機能のことです。キャッシュレス機能が無い場合は自分で全額支払ってから後日保険金をもらうか、もしくは自分で後払いの交渉をしなくてはなりません。

クレジットカードだけでは不安な場合

所有しているクレジットカードが1枚のみという人や、補償内容が十分でない場合は、やはり別途海外旅行保険に加入しておくのがおすすめです。

一般的な海外旅行保険の場合、航空機寄託手荷物遅延の補償なども充実しているものが多いですし、さらにはキャッシュレス機能つき、サポートも充実していて安心度が変わります。

日本国内であればなんとでもなりますが、海外の場合はちょっと病院にかかっただけでも不安がつきまといます。保険料がそこまで高いわけではないので、別途海外旅行保険に加入しておくのがおすすめですよ。

旅行会社でも海外旅行保険の案内はあると思いますが、ネットで探せばいろんな保険がありますし、クレジットカードの保険もあるならそこまで大きな補償もいらないので、クレジットカードの海外旅行保険に上乗せする感覚で少額の保険に加入しておくようにしましょう。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積