元本割れしないはずの養老保険が元本割れすることもある?

「元本割れ」とは、どのようなものでしょうか?

払ったお金よりも、戻ってくるお金が少ないことを「元本割れ」と言います。

払ったお金の分だけは、きちっと戻しますよ、ということを始めに決めてあるものを「元本保証」と言います。

「払ったお金よりも戻ってくるお金が少ないなんて、そんなひどいことあるの!?」と思われるかもしれませんが、ハイリスクな商品であれば、あるんです。平たく言えば「運用実績がよければめっちゃ儲かりますけど、運用が上手くいかなければ損することもありますよ」というものです。

ただ、基本的に、わたしたちがよく加入している保険に関しては、そんなハイリスクなものはありません。そもそも生命保険はあくまでも万が一のときの保障をするもので、貯蓄をするためのものではありませんから当然ですよね。

ただ、銀行窓口でも販売しているような、資産運用の意味合いが多い保険商品の場合は、そんな「元本割れ」の可能性のある商品もあるんですよ。

ところで、養老保険というのは、元本割れはしない商品です。ただ、「元本割れ」していることもあるんです。

「元本割れ」という言い方は正確ではないのですが、払った保険料よりも、満期保険金の方が少ない場合があります。それは、どんな場合でしょうか?
それは、「特約」をつけている場合です。

養老保険自体は、払った保険料よりも満期保険金の方が多いものです。でも、医療特約などをつけていると、その分保険料は上がりますよね。すると、満期保険金以上のお金を保険料として納めることになるんですね。

それでもちゃんと保障がついているのですから損をしている、というわけではありません。

これは、学資保険など、ほかの貯蓄性の高い保険でも言われることですが、「○○保険会社の養老保険は元本割れするからダメ」とか「△△保険会社の学資保険は元本割れしないからオススメ」なんていうことを言う人もいます。

これは、あまり、意味のないことなんです。

よく、保険会社のパンフレットやホームページの商品案内ページなどには、保険料のモデルが載っていますよね。でも、保険料というのは、期間・年齢・保険金額によって変わるものですし、特約がついているかによっても変わってくるのは当然のことです。

特約をつけた状態の契約をモデルとしていれば元本割れしているように見えますよね。

それだけを見て「この商品は元本割れしている!」と思ってしまうのは早計です。

保険を比較するときには、まったく同じ条件で比較しないと、本当に自分に合っている保険というのは見つけられません。養老保険の場合も、保険金額などだけでなく、特約の有無も含めて比較しないといけませんね。

特約というのは「オプション」ですから、はずすこともできます。最近は、医療保障は、終身タイプの医療保険に入る人も多いですから、その場合は、養老保険につけている医療特約は不要です。

もし、医療保険に入った上で養老保険にも医療特約がついている、別の終身保険にも医療特約がついている、という人は、保障が過剰になっているので、どれを残すか検討した上で、不要な分は解約してしまいましょう。

特約部分だけの解約はできますし、解約すれば、特約分の保険料が浮くので、家計も助かるのではないでしょうか。

「付き合い」や「保険のおばちゃんに頼まれて」という形でいくつも保険に入っている人もいますが、生命保険というのは、月々の保険料は安くても、長年払うものですから、とても大きな出費になります。

無駄な保険を契約することによって貯蓄できる金額を減らしてしまっている人も多いので、特に、二重にも三重にも特約を付けている人は、一度、自分が加入している保険がどうなっているか、点検してみましょう。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積