貯蓄性の高い養老保険とは

養老保険って、どんな保険かご存じでしょうか?

一般的に、あまり加入している人はいないので、どんな保険か知らない人も多いのではないでしょうか?

養老保険というのは、貯蓄性の高い保険です。定期保険と同じように、期間が決まっている保険なのですが、違うのは、保険期間が満了したときに、「満期保険金」が受け取れる、というものです。

たとえば死亡時に500万円受け取れる養老保険なら、満期になったときに死亡していなくても、500万円が受け取れます。必ず保険金が受け取れる保険ですね。

ただ、その分保険料は高いです。
生命保険の死亡保障をしながら、貯蓄もする、というものなので、保険料は貯蓄するのと変わらないぐらいの値段になります。

30歳の男性が20年間、500万円の養老保険に入った場合は、月々の保険料は2万円程度になります。

総払込保険料は480万円程度になるので、普通に貯蓄するのと変わらないぐらいですよね。

でも、普通の貯蓄と違うのは、保険の機能がある、ということです。

普通に500万円を目指して貯蓄をして、別途500万円の定期保険に入るのよりは、シンプルになります。

もし、資産運用が得意な人であれば、いろいろなものに投資したりして、もっと効率的に貯蓄を増やすことはできると思いますが、運用なんてよく分からない、という人は、養老保険を利用して貯蓄するのはおすすめなんですよ。

よく、「保険と貯蓄は分けるべき」と言われますが、それが100%正しいとは言えません。保険を使って貯蓄をするメリットは、確実性が高い、ということです。

貯蓄であれば、途中で引き出してしまったり、挫折してしまったりするものですが、保険の場合は、途中で引き出そうと思えば解約して解約返戻金をもらうしかありませんし、期間中の解約返戻金は、今までに払い込んだ保険料よりも少なくなることもありますから、なんとしてでもがんばって払い続けよう、と思えるものです。

また、生命保険と貯蓄を兼ねることで管理が楽になる、というメリットもあります。

有能なファイナンシャルプランナーがついているのであれば、もっと有意義な貯蓄方法もありますが、安易に投資などに手を出すよりは、保険で手堅く貯める方が向いている、という人もいます。

教育資金であれば学資保険を使えばいいですが、それ以外の貯蓄目的であれば、終身保険か養老保険がおすすめです。

ちなみに終身保険も貯蓄性の高い保険ですが、いつ解約すればお得なのか、ということが分からないとか、「20年後に退職するからそのときにご褒美としてのまとまった貯蓄があればうれしい」というようなことであれば、養老保険の方が、満期がはっきりしているので分かりやすいですね。

満期の時にそのお金をすぐに使わないのであれば、また新たに養老保険や終身保険に預け替えてもいいですし、そのときに、もっと有利な銀行の商品があれば、そちらに預け替えても良いでしょう。

忙しく働いている人は、マメに預け替えたり、投資の勉強をする時間もない、という人が多いと思うので、若いうちは養老保険で手堅く貯めて、ある程度歳をとってから、ゆっくり運用を始める、というのも良いと思います。

ただし、保険も、低金利の影響を受けていますから、それほど「オイシイ」商品ではありません。昔なら、30年の養老保険で、2倍ぐらいに増える、なんて夢のような商品もありましたが、保険料の算出に使われる予定利率も今はかなり低いです。

今後、低金利時代が終わったとしても、保険の場合は契約時の予定利率が続くので、その点は理解しておきましょう。

養老保険はたいていの保険会社で取り扱っている基本的な保険商品ですから、加入する際は、いくつかの保険会社から見積もりをとって、保険料を比較して決めると良いですね。

保険一括見積