定期保険の一般的な使われ方を知っておきましょう

定期保険は、一定期間だけ保障を厚くしたい人にはぴったりの保険です。
一定期間と言うのは、たいていの場合、「子どもが大人になるまでのあいだ」と言えます。

他にも挙げるとしたら、「定年退職して退職金が入るまでのあいだ」ぐらいなもので、他に定期保険に加入する必要のある期間というのはほとんどありません。

終身保険や定期保険などは、死亡した時に保険金が受け取れる保険ですが、死亡保障というのは、いくつかの種類があると思います。

たとえば、よく言われる「お葬式代」として、終身保険に入る、というものですね。

他には、「遺族の生活資金として」「子どもの教育資金として」「残された配偶者の老後資金として」などの種類があります。

教育資金は学資保険で、配偶者の老後資金は個人年金保険で、と分けることもできますが、定期保険で一括してしまう、ということもできます。

実際に保険金を受け取るときには、一括で何千万も受け取らなくても、年金形式で受け取ることもできますし、とりあえず必要な分だけ手元に置いておいて、残りは保険会社に据え置きしておく、といこともできます。

年金形式や据え置きにした場合は、残りの保険金には利子がついていきます。保険会社によっては銀行やコンビニのATMで引き出しができるカードを発行しているところもあるので、銀行に預けるのと同じ感覚で利用できますよ。

生命保険に加入する際、定期保険だけ契約する人は少ないと思います。

たいていは、終身保険とセットで契約するはずです。保険会社によりますが、終身保険と定期保険を一つの保険にまとめて契約することができ、いわゆる「定期保険特約付き終身保険」というものになります。これはかなりメジャーな商品で、よくある契約形態の一つです。

定期保険特約付き終身保険は、一生涯必要な最低限の保障を終身保険で準備し、一定期間だけ厚くした分の保障を定期保険で準備する、というものです。

たとえば、200万円は一生保障してほしいけど、子どもが大人になるまでのあいだは合計5000万円の保障がほしい、という場合には、終身保険200万円と定期保険4800万円の契約をすれば良いわけです。

さらに、医療保障も、セットにすることができます。

定期保険特約付き終身保険に、医療特約も付加する、ということですね。この場合は、入院したら日額1万円、といった医療特約分の保険料をプラスして、ひとつの保険契約にまとめることができます。

たいていの生命保険というのはこのように、死亡保障と医療保障を兼ね備えた形になっていることも多いです。

ただ、それぞれの保障を別々の保険にしておくこともできます。

別々の保険にする、ということは、それぞれに別々の証券番号がつけられる、ということで、たとえば名義変更などの手続きが必要になった場合には、一つひとつ手続する必要があり、少し面倒は増えます。でもその分メリットもあるんですよ。

「定期保険特約付き終身保険」の場合は、終身保険の部分が「主契約」となり、もし、なんらかの事情で終身保険を解約してしまうと、特約である定期保険は消滅してしまいます。

もちろん、他に医療特約やがん特約などを付加していれば、それらの特約もすべて消滅します。

たとえば、終身保険が1000万円ぐらいあるのであれば、支払いが厳しくなったときに200万円の終身保険に減額する、ということができ、減額するだけなら定期保険は残るので問題ありませんが、たいていは終身保険部分は少なく設定されていて、それ以上減額できない、ということも多々あるので、家計にかかる負担が大きすぎる契約は避けた方が良いでしょう。

もし、定期保険と終身保険を分けて契約していれば、終身保険だけ解約しても、定期保険にはなんの影響もありません。

保険を別々にしておくのは、手続き面では面倒ですが、見直しや解約が必要になった時には、他の保障に影響を与えることなく解約したり見直ししたりできる、というメリットがあるんです。

また、別々の保険にする、ということは、それぞれ別の保険会社で契約しても良い、ということになります。

それなら、「終身保険は解約返戻率の高い、A社で、定期保険は保険料の安いB社で」ということができます。

保険会社の担当者ではなく、街角にあるような保険の相談窓口などでは、たくさんの保険会社の商品を扱っているので、そういったところに相談して保険を決めると契約する保険会社がバラバラになることは珍しいことではないんですよ。

定期保険は、安くて万能な保険、というわけではなく、一定期間だけ、保障を厚くしたいときに使う保険です。必要に応じて終身保険や学資保険などと併用していくようしましょう。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積