定期保険には「更新」があるのがクセモノ

定期保険は、一定期間だけ、保障を厚くするために使う保険です。「子どもが成人するまでのあいだ」や「定年退職するまでのあいだ」など、期間限定で多めの保障を用意したいときに使います。

終身保険や養老保険になると、保険料はかなり高額になりますが、定期保険であれば何千万という大きな保険でも、月々の保険料は数千円と、とても割安です。

家計への負担を抑えつつ大きな保障をもちたい子育て世代にはぴったりの保険ですよね。

ただ、定期保険には「更新」というものがあります。

定期保険の期間は10年、15年、20年などと選べるのですが、その後も保障が必要であれば、更新することができる、というものです。ただ、これがクセモノなんです。

保険料というのは、加入時の年齢によって計算されます。「更新」する場合も、新たに定期保険に入りなおすのと同じなので、更新時の年齢で保険料が決まります。

ということは、更新するたびに保険料は上がっていくということですよね。しかも数百円レベルの話ではなく、数千円レベルで保険料が上がっていくのです。

更新の時期が近付くと保険会社からの案内が届きますが、そこに記載されている「更新後の保険料」の高さにびっくりする方は多いんです。

たとえば、30歳の男性が10年間の3000万円の定期保険に加入した場合、契約当初の保険料は月々4,000円程度ですが、10年後、40歳の時にさらに10年間更新したとき、保険料は月々1万円程度にまで跳ね上がります。

たいていの保険では80歳ぐらいまで更新できるのですが、このまま10年おきに更新していくと、最終的には月々10万円ほどの保険料を支払わなければいけないことになります。

これでは、高すぎますよね。
でも安心してください。80歳まで更新する必要はありません。それはそうですよね。それだけ長期間の保障が欲しいのであれば、はじめから終身保険にしておいたら良い話です。

定期保険というのは「一定期間」だけ保障を厚くするものですから、必要ないと判断した時点で更新しなければ良いのです。

定期保険というのは掛け捨ての保険ですから、必要なときに必要な分だけ確保するのが賢い使い方です。

ですから、子どもが生まれたときに「子どもが大人になるまでは保障を厚くしたい」という場合は20年間だけ定期保険をかければ良いのです。

もしその後、「子どもは独立したけど、妻のためにいくらか残したい」という場合は、「定年退職して退職金が出るまでのあいだ」という感じで、保障金額を抑えた定期保険に入れば良い、ということになります。

その場合は、20年間定期保険に入ったあと、更新時に保障金額を減額して更新すれば、保険料が跳ね上がることはありません。(ただ、年齢が上がると保険料も上がるのは当然なので、長期高額な定期保険に入るのはあまりおすすめできません。)

ただ、よくある失敗としては、大きな保障が必要な期間に対して、契約期間が短すぎる、ということがあります。

本当は20年間の保障期間が必要なのに、10年間しか契約していない、という人が多いんです。子どもが生まれたときに保険に加入したとして、10年後はまだ子どもは10歳ですから、あと10年間は保障がほしいですよね。

そこで更新すると、保険料は跳ね上がり、泣く泣く高い保険料を払い続けるか、保障が必要なのに更新を断念するしかありません。

なぜ、そんなことが起きるのでしょうか?
それは、加入時に、ちょっとでも保険料を安くしようとして、保険期間を短く設定した、ということだと思います。

もしかしたら保険会社の担当者が良かれと思ってしたのかもしれませんし、もしかしたら契約者が「これじゃ高いからもうちょっと安くしてよ」と言ったのかもしれません。

保険というのは年齢や性別によって保険料が決まっていて、値切れるものではありませんから、安くするには保障期間か保障金額を削るしかないのです。

ということで、本当は20年間の保障が必要なのに10年間しか契約せず、結局あとになって保険料が跳ね上がる、ということになるんですね。

ちなみに、はじめから保障期間を20年間にした場合は、やはり10年間の定期保険よりは保険料は高くなります。と言っても、月々6,000円程度で済みます。

生命保険を契約するときには、ライフプランを立てた上で、必要な金額、必要な期間だけ加入することが大切です。

ライフプランがあいまいなままてきとうな保険に入ってしまうと、保障が過剰になっていて保険料を払い過ぎていたり、保障が足りずに万一の時に受け取れる保険金が不足してしまいます。

更新は、基本的にはしない方向で、はじめから必要な分だけの期間を契約することが大切なんですよ。

>>保険のいろは 保険無料見直しサービス<< 保険一括見積