保険の見直し方法について

保険の見直しをするメリット

保険には生命保険や医療保険など様々な種類があります。万が一の場合に備えておく保険として、なにかしら保険に加入している方は多いです。

しかし、保険加入者の中には内容を大まかにしか理解していない方がいます。正しい理解の元、本人や家族に合っている保険に加入しなければ、いざという時に望んでいた保障内容は保険の適応外だったと初めて分かることもあります。

ここでは保険の見直しをするメリットについて説明します。

①自分に合った最適な保険を選ぶことができる

今、加入している保険が自分と家族だけで決めて加入した場合は、一度保障内容を再確認することをおすすめします。

全ての保険を1つずつ比較したり、個人で調べたりするのには限度があります。そのような時には、いざという時にどんな保障を確実に受けたいのかなどを相談できる窓口があります。

保険のプロであるファイナンシャルプランナーがいる保険の相談窓口で無料相談やアドバイスを受けられるところもあります。

現在加入している保険が最適な保険かどうか相談してみることをおすすめします。場所によってはショッピングセンターなどにも相談窓口を設けているところもあります。また、近場に相談窓口がない場合、訪問相談を無料で依頼できるところもあります。

②保険料が安くなることがある

現在加入している保険よりもより適した保険があった場合や、加入している保険に必要のない保障がある場合など、保険を見直すことによって保険料が安くなることがあります。

③保険の見直しで現金や商品券をもらえることがある

保険の見直しについて相談したときに、キャンペーンで現金や商品券がもらえることがあります。新たな保険に加入しなくても、無料相談を受けたことやアンケートに答えるだけでもらえることがあります。

④今の保険が最も適している場合は、そのまま継続できる。

相談した結果、現在加入している保険が最も適していると判断した場合は解約などの必要はなく、そのまま継続できます。

保険の見直し相談ができるところ

保険の見直し相談ができるところは保険相談ができる窓口にこちらから出向くか、もしくは訪問相談を依頼し自宅に来てもらうことが多いです。相談は無料の場合が多いです。

近年、インターネットでのメール相談なども普及しておりますが、実際に保険のプロであるファイナンシャルプランナーと対面で相談した方が、より良い保険が見つかることが多いです。

保険を個人で選ぶ際は、一番保障してほしいことを重点に選ぶと思いますが、その他にどんな保障があるかなどは、あまり良く知らないという方が多いです。

日頃、疑問に思っていなかったことなども教えてもらえるのでとても勉強にもなります。

現在、保険相談で人気ランキング1位は「保険マンモス」という会社です。ここでは「保険マンモス」の人気の理由を説明します。

  • 一人一人に合った保険を的確に選んでくれる。
  • ファイナンシャルプランナーのレベルがとても高い。
  • とても相談しやすく、親切に対応してくれる。
  • しつこい勧誘などが一切なく、保険のことを分かりやすく教えてくれる。
  • 保険のメリット、デメリットをきちんと教えてくれる。
  • 訪問相談のみで、自宅に来てくれる。
 

保険の見直し相談を受けるときに、一番大切なのは聞きたいことをきちんと伝えることです。

信頼できるファイナンシャルプランナーに出会うには、積極的に保険相談を活用することが大切です。

分からないことや疑問に思っていることはきちんと伝えましょう。

保険の見直しのタイミング

保険を見直すタイミングはライフステージの変化によって行う方が多いです。
具体的には次の通りです。

①結婚時、もしくは離婚時

結婚前に加入していた保険から、夫婦で加入できる保険に変更する方が多いです。
受取人のことなども重要なので、結婚時もしくは離婚時には正しく確認変更して下さい。

②妊娠、出産後

子供が生まれた時に、万が一のために生命保険に加入する方が多いです。
養育費などの出費も多いので、慎重に保険の加入を検討して下さい。

③就職したとき

自立した時に医療保険などに加入する方が多いです。保障内容は加入する保険によって様々なので、何を保障してほしいのかを考えて加入を検討して下さい。

④家を購入したとき

家を住宅ローンで購入した場合、団体信用生命保険に加入しておくと、万が一の時に残ったローンは保険金で相殺されるため、加入を検討する方が多いです。

⑤保険の満期や更新時期

医療保険では定期型から終身型に変更する方が多いです。また、別の保険に変更することで保険料が安くなる場合もあります。

見直した方が良い保険の種類

●医療保険について

医療保険に加入している方は、入院保障のある保険に加入している方が多いです。
しかし、退院してからすぐに元の生活に戻れるかは病気やケガによって様々です。

そのような場合を考慮して、通院保障もついている医療保険をおすすめします。
通院が長引けば、その分医療費の負担が大きくなってしまい生活が圧迫してしまう原因となります。

また、医療保険に加入するときに持病があると加入できない場合があります。
持病があっても加入できる保険はありますが、一般の医療保険より保険料が高くなっています。

医療保険の加入は病気になる前に、加入することをおすすめします。

おすすめの保険の見直し方法

保険の見直す上でのおすすめの保険は、何よりも本人や家族に合っている保険に加入することです。そのうえで、効率的に保険を見直すためのポイントを説明します。

  • ①現在加入している保険の保障内容などを再度確認する。
  • ②保険料の見直し、保障内容の充実など確認事項をまとめ、ファイナンシャルプランナーがいる保険相談の会社で現在加入している保険の相談をする。
  • ③結婚や出産、就職などのライフステージに適した保険の加入を検討する。
  • ④保険を変更する場合、現在加入している保険を解約するかをプロのファイナンシャルプランナーから適切なアドバイスを受けること。
 

保険の見直し相談で人気BEST5

1位、保険マンモス

保険マンモスは訪問型の保険相談。日経BPコンサルティング調べの「保険相談サービス利用に関する調査」主要3部門(FPが信頼できる、FPの対応が丁寧、FPの知識が豊富)で1位を獲得している。保険マンモスはファイナンシャルプランナー(FP)の質が保険相談サービスの品質とし、提携FPの採用は経験やスキルを重視している。取扱い保険会社は平均22社。提携FPの多くはプロフェッショナル基準であるMDRTの基準達成者である。保険の知識がなかったり、初対面が苦手という方もFPがリードして話を進めてくれるので安心して相談ができる。 これまでの訪問型保険相談ではFPをこちらから指名することが出来なかったが、「FPのチカラ」という新しいサービスでは自分の条件や相談内容を指定することによって、自分に合ったFPを検索することができる。こちらも併せて検討したい。

>> 保険マンモス公式サイトはこちら

2位、保険のビュッフェ

保険のビュッフェは訪問型の保険相談。保険のビュッフェが契約しているFP(ファイナンシャルプランナー)が、全国47都道府県、自宅や最寄りのファミレスなど指定の場所に訪問して保険の紹介をしてくれる。相談料や出張費などかかる費用は一切なし。店舗に出向く必要がないので、小さい子供がいる家庭や最寄りに店舗がない方などは非常に便利。個人情報や保険証券などを見て話すケースもあるので、自宅で周りを気にせずゆっくり話ができるという利点もある。 保険のビュッフェが提携するFPは独自の審査基準があり、平均経験年数7.4年、平均相談実績1,127件と生命保険に詳しい専門家が選抜されている。特定の保険会社に属していないので、幅広い選択肢から自分に合ったものを紹介してもらえる。担当者と相性が合わなければ無料で交替もしてもらえる。

>> 保険のビュッフェ公式サイトはこちら

3位、ほけんの窓口

テレビCMでもおなじみのほけんの窓口。全国500店舗以上と来店型保険ショップの中で店舗数がNo.1の規模を誇る。身近なところで店舗が探しやすいのが大きなメリット。 生保損保など約35社から個人にあった保険をアドバイスしてもらえる。何度相談しても相談料は無料。ほけんの窓口は保険代理店であり、保険会社からの手数料で運営しているので一切費用はかからない。保険の基礎から教えてもらえるので、全く知識がない状態でも問題なく相談ができる。「加入中の保険内容が合っているか」「将来のライフプランに合った保険はどんなものがあるか」という気軽な相談もOK。もちろん、相談したからと言って必ず保険に加入する必要はなく、場合によっては現在の保険を継続するよう勧められるケースもある。また、無理な勧誘もないので安心して相談できるのは嬉しい。

>> ほけんの窓口公式サイトはこちら

4位、保険見直し本舗

保険見直し本舗は全国208店舗を構える来店型の保険相談。すべて直営店舗で、契約実績は80万件以上を誇る。引っ越しなどで以前の店舗へ来店が難しくなった場合、他の店舗に引き継ぎ対応をしてもらえるのでアフターフォローや引き続きの相談などもしやすい環境である。 小さい子供がいる家庭や介護中で外出が難しい場合、また自宅近くに店舗がなく来店ができないようなケースでは自宅やファミレスなど指定場所に訪問してもらい保険相談が出来る。来店と訪問のどちらも選べるのは利用者にとって嬉しいサービス。無理な勧誘行為は営業方針で禁止しているので利用者は安心して相談できる。取扱い保険会社も40社と多く、生命保険、医療保険、学資保険など豊富な中からコーディネートしてもらえるため、より自分に合った保険商品が比較できるのは大きな魅力である。

>> 保険見直し本舗公式サイトはこちら

5位、みつばちほけん

みつばちほけんは来店型の保険ショップ。オリコン日本満足度ランキングの中部・北陸地方で1位を獲得し、特に待ち時間の短さやスタッフ対応の良さ、アフターフォローで高得点を得ている。 特長としてはチームプレーで顧客対応をしてくれること。大体の来店型保険ショップでは1人の担当者がすべてを対応することが多いが、みつばちほけんでは来店者の要望を聞く、プランの提案をする、契約、お茶出し、子供の対応など複数のスタッフが担当をしてくれる。また、高得点を取ったアフターフォローに重きを置いていることで、契約者の満足度が裏付けられる。取扱い保険会社は30社。生保だけでなく損保や取扱少額短期保険も紹介してもらえる。相談料は無料でしつこい営業などは一切ない。担当者と相性が合わない場合は交代も出来るので安心して相談ができる。

>> みつばちほけん公式サイトはこちら

保険の見直し方法についてのまとめ

保険を加入する時期は人生に変化があった時期に多いです。
人生に変化のある時期はとても忙しく、保険も気軽に選んでしまう方も多いです。

しかし、いざという時に保障してほしかった保障内容が含まれていなかったりと、その時になって初めて知るという方も多いです。

現在加入している保険を、一度確認して下さい。
そして、加入している保険が本当にご自身やご家族に適しているのかをプロに相談して下さい。

安心な人生を送るために保険の見直しをおすすめします。


当サイトがオススメする保険選びで失敗しないための3ステップ!

見直し前にみておきたい保険の保障内容まとめ

「そろそろ保険に入ろうと思うけれど、どんな保険に入ったら良いのかイマイチ分からない…」「色んな保険があるけれど一体どう違うの?」と悩んでいる人へ保険の保障について詳しく説明します。

死亡保障は掛け捨て型と終身型どっちがいい?

生命保険には大きく分けて掛け捨て型と終身型の保険があります。まずは、この2種類がどういった保険なのかを説明します。

掛け捨て型

掛け捨て型の保険は、解約時に掛けていたお金が戻らない、または中途解約した場合に僅かなお金が戻ってくるが満了時には保障がなくなりゼロになるといった、満期があり返戻金がないというのが特徴の保険です。

終身型

終身型の保険は、解約時にある程度のお金が戻ってくる保険です。保障と積立を両立させた、満期のない一生涯保障の保険なので保険料が高いです。

上記のように掛け捨て型と終身型にはそれぞれの特徴があります。それでは一体どちらの種類の保険が良いのでしょうか。この結論は非常に難しく、保険に加入する人によってどちらが良いのかは変わってくるので、どういった人がどちらの保険に向いているのかをまとめたので参考にして下さい。

保険の種類 向いているタイプ
掛け捨て型 ・貯蓄や資産運用を自分自身で出来るタイプ
・若い方で一時的だけの保障を望む人
・保険料は安く保障だけを得たいタイプ
終身型 ・一生涯の保障が必要な人
・自分で貯蓄する事が苦手なタイプ
・将来のお金を着実に貯めたいタイプ

死亡保障額は大体いくらぐらいなのか?

保険に加入するにあたって気になるのが保障額ではないでしょうか。死亡保障はどの程度必要なのか、保障額によって保険料も変わってくるのでしっかり検討する必要があります。平均的な死亡保障額は約2,000万円と言われているのですが、必要な保障額は人それぞれなので安易に平均額にしてしまわないように注意が必要です。 では、どのように保障額を算出すれば良いのでしょうか。

ライフステージの変化による大まかな必要保障額

ライフステージ 必要保障額
独身 ・貯蓄があれば死亡保障の必要はなし
・貯蓄がない場合、葬儀関連費用として200万円~300万円
結婚 ・共働きの場合、死亡保障の必要がないことも
・妻(夫)が専業主婦(主夫)の場合は死亡後の生活の事を考慮した死亡保障が必要
・葬儀代や墓代など含めて200万円~1,000万円
子どもが産まれた ・子どもの将来の為にも死亡保障は必要です
・生活費、学費などを含めて3,000万円~8,000万円

必要保障額の具体的な算出方法

保険の保障の計算式イメージ

特約ってどんなのがある?必要なのはあるのか?

保険の加入を検討する時によく耳にする特約。特約とは特別約款の略で、主契約の内容とは異なる保障をオプションとして付ける事です。特約には様々な種類があります。

死亡保障を手厚くする特約
特約 内容
定期保険特約 期間の定められた死亡保障・満期保険金はなし
終身保険特約 終身タイプの死亡保障
家族定期保険特約 主契約者の被保険者を保障する特約
収入保障特約 年金形式で保険金が支払われる・保険期間は一定または終身
特定(三大)疾病保障特約 ガン・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態になった時に保険金が支払われる
災害死亡割増特約 不慮の事故による死亡および所定の高度障害、法定・指定伝染病による死亡および所定の高度障害の時に死亡保険金が上乗せされる
障害特約 不慮の事故による死亡および所定の高度障害、法定・指定伝染病で死亡および所定の高度障害の時に死亡保険金が上乗せされ、障害が残った時はその度合いによって障害給付金が支払われる
ケガ・病気を保障する特約
特約 内容
疾病入院特約 病気で入院した時に入院給付金が受け取れる
災害入院特約 災害によるケガで入院した時に入院給付金が受け取れる
手術特約 手術した時に所定の給付金が受け取れる
通院特約 入院給付金支払い対象になる入院後、退院してからも通院が必要な場合に給付金が受け取れる
先進医療特約 先進医療による治療を受けた時に給付金が受け取れる
生活習慣病入院特約 保険会社が定める生活習慣病で入院した時に給付金が上乗せされる
女性疾病入院特約 保険会社が定める女性疾患で入院した時に給付金が上乗せされる
特定損傷特約 骨折・関節脱臼・腱の断裂をした時に受け取れる
ガン入院特約 ガンで入院した時に給付金が受け取れる
その他の特約
特約 内容
介護特約 寝たきりや認知症によって介護が必要な状態になり、その状態が一定期間継続した時に一時金や年金が受け取れる
リビングニーズ特約 余命6ヶ月以内と宣告された場合に死亡保険金の一部を生前に請求する事が出来る(保険料は無料)
払込免除特約 保険会社の定める所定の障害状態等になった時に以後の保険料の支払いが免除される

このように様々な種類の特約がありますが、これらは果たして必要なのでしょうか。実は、現在は特約を沢山付ける事より内容が充実した主契約の保険に加入する事が主流になりつつあります。特約を付けるのであれば、公的な保険でカバー出来ないものに着目して検討すると良いでしょう。

貯蓄型保険を資産運用として活用するのはアリなのか?

まず結論から申し上げますが、貯蓄型保険を資産運用として活用するのはアリです。しかし、メリット・デメリットがある事を理解しておく必要があります。

貯蓄型保険の種類

貯蓄型保険イメージ

貯蓄型保険で資産運用するメリット

  • 保障と貯蓄が同時に出来る
  • 定期預金より利率が良い
  • 確実に貯蓄にお金を回すことが出来る
  • 様々な種類の貯蓄型保険の中から目的に応じた保険を選ぶ事が出来る

貯蓄型保険で資産運用するデメリット

  • 途中解約すると減ってしまう
  • 保険会社が倒産した場合、保険料がなくなる訳ではないが全額は補償されない
  • インフレリスク

貯蓄型保険はあくまでも保障を主とした商品であり、資産運用目的で利用する場合はメリット・デメリットをよく把握した上で活用するようにしましょう。

生命保険加入前に遺族年金を調べる必要性

自身の死亡後に配偶者や家族が路頭に迷わないようにと生命保険に加入する人は多いですが、日本は公的保険制度が充実しているので、民間の生命保険に加入する前にどういった公的年金が支給されるのか把握しておく必要があります。なぜなら、前述した通り必要保障額を算出する際に遺族年金を含めた収入見込額が必要だからです。どれくらい遺族年金が入ってくるかによって必要保障額が変わり、必要保障額によって保険料が算出されることから、生命保険加入前に遺族年金を調べる必要性はとても高いと言えるでしょう。

最後に

保険の保障内容について色んな角度から説明しましたが、いかがでしたか?保険といっても、保険料の掛け方から特約の種類、保険に加入する目的など様々な内容の保険があることを理解して頂けたのではないでしょうか。保険といえば民間の保険会社が取り扱う生命保険が一般的で、内容を余り理解しないまま契約する人も多いと思います。しかし、公的保険である遺族年金も併せた上で保険内容をしっかり検討する事が重要です。 これから保険に加入する人も既に保険に加入している人も、これを機会に保険の保障内容について熟慮し、無駄のない将来の為のマネープランを立ててみて下さい。


当サイトがオススメする保険選びで失敗しないための3ステップ!

生命保険会社の見直し相談まとめ カテゴリ紹介

保険の選び方

保険の選び方につい詳しく説明したカテゴリになります。「何を基準に保険を選べばいいのかわからない」といった方にどなたでもわ...

保険料の支払い

保険料の支払いについて、支払い方法やお得に保険料を支払う方法などの情報を掲載しました。...

保険金の受け取り

生命保険の受け取りについてまとめたカテゴリです。怪我、事故、病気、死亡時に保険金の受け取りについて掲載したサイトです。...

厚生年金・国民年金

厚生年金と国民年金の保証内容についてまとめたカテゴリになります。年金に関する疑問に答えています。...

各種手続き

生命保険の各種手続きについてついてまとめたカテゴリになります。生命保険の各種手続きってご存知でしょうか?参考になる記事が...

家族構成から見る保険の選び方

家族構成からみる保険の選び方についてのカテゴリになります。家族構成によって保険の選び方が違ってきます。4人家族なら?夫婦...

生命保険と税金

生命保険と税金についてのカテゴリになります。生命保険で受け取った保険金ははたして税金がかかるのか?など情報をまとめたサイ...

生命保険のトラブル

生命保険は加入しておけば安心というわけでもありません。生命保険がトラブルになることもあります。もしものときに保険金トラブ...

生命保険の基礎知識

生命保険に加入するなら最低限知っておきたい基礎知識をまとめました。人によって必要な生命保険は違うので、自分に合った保険を...

生命保険の種類

保険には様々な種類があります。保険人生で2番目に高い買い物とも言われますから慎重に選ぶほうが良いでしょう。ここではいろい...

生命保険会社・担当者

生命保険選びは自分で擦るよりも保険会社の担当者に相談に乗ってもらうのが心強いですが、勧誘が心配だったりしませんか?そんな...

老後資金

老後資金はいったいいくらあれば足りるのか考えたことはありますか?どんな準備をしておけばよいのか、どんな保険に加入するのが...

転換・下取り

生命保険の見直しの際に「転換」や「下取り」という言葉を聞いたことはありませんか?転換・下取りとはどういったものなのか、契...

生命保険会社の見直し相談まとめ更新情報

生命保険の乗り換え、今の保険はすぐに解約しないこと

生命保険の保険料を下げたい、自分に合った保障を持ちたい、というときには、今の保険を解約して別の保険会社で新たに […]

海外旅行に行く前に!海外旅行保険の落とし穴に注意しよう

海外旅行保険というのは、どれでも同じ、ということはありません。モノによっては万が一のときに全然役に立たないこと […]

海外旅行で医療費がかかった!海外療養費支給制度を利用する方法

海外旅行に行く際には海外旅行保険に加入しますが、それ以外にも用意しておきたいものがあります。それは、海外療養費 […]

海外旅行のときに知っておきたい!海外療養費支給制度とは?

海外旅行に行くときには海外旅行保険に加入するものですが、そのときに「本当に海外旅行保険って必要なの?」と疑問に […]

個人年金保険はいくら払えばいくらもらえるの?

老後に対する不安を抱えている人は多いですよね。むしろ、不安が無いという人なんていないのではないでしょうか?老後 […]

終身個人年金の保険料が払っていけるのか知りたい!

老後の生活が不安な人は多いと思います。でも、心配ばかりしていても、政治に期待しても、なにも状況は変わりません。 […]

老後資金の準備方法は個人年金だけじゃない!国民年金基金とは?

生命保険の担当者から、個人年金の勧誘を受けたことがあるという人も多いと思います。また、自分自身でも、老後の備え […]

保険料節約のための保険の見直し、注意すべきポイントとは

生命保険は定期的に見直しが必要なものですが、中には「保険料が家計を圧迫しているから保険料を節約したい」という目 […]

保険料の仕組みが分かれば、保険会社ごとの保険料の違いの意味も分かる

生命保険の保険料は、保険会社によってバラバラです。保険料を節約したいという人は、少しでも安い保険に加入したいと […]

とりあえず加入しておけば後々助かるかも!?誰にでもおすすめしたい終身保険

終身保険は、使い勝手のいい保険です。今回は、終身保険の基本的な機能と、さらに終身保険の便利な使い方についても紹 […]